ファミリーコンサート 神戸公演周辺の水族館

2e16df51 308a 4e4d 8c21 829053ba7539
神戸市須磨区にある「神戸市立須磨海浜水族園」。「スマスイ」の愛称で地元の人に親しまれ、須磨の海も近いため、多くのファミリーやカップルに人気のある観光スポットです。1957年5月10日に神戸市立須磨水族館として開園し、1987年には現在の建物施設が開業、同時に現在の「須磨海浜水族園」という名称になりました。 須磨海浜水族園には、人気のイルカショーをはじめ、アシカやラッコのお食事ライブも人気があります。実はラッコを関西で初めて展示したのがここ須磨海浜水族園なんです。さらに、有料イベントにはなりますが、プールの中でイルカに餌やりやタッチもできます。お子様と参加するのも思い出になるのでおすすめです。 また、夏休み期間は22時まで開演しており、幻想的な光の演出とともに、プロジェクションマッピングと融合したパフォーマンスイベントの開催なども行なっています。夏は夜遅くまでやっているので、暑い昼間を避けて仕事帰りに癒されに訪れてみるのもおすすめです!

7db09db3 7f86 42b4 a2bf 86e6afb6f7df
E123c1ff 3466 4eda 8fbf 7f53c3bba464
5e86056b efd5 47ca bf24 ffab63ae7472
梅小路公園の中にある京都水族館は、人工海水を利用した国内最大級の内陸型水族館です。ペンギンやオットセイなど海の人気者に出会えるほか、開放的な空間が広がる「イルカスタジアム」では、古都の景色とイルカショーと同時に楽しめます。海の生き物はもちろんですが、京都水族館の一押しは、国の特別記念物に指定されている「オオサンショウウオ」。鴨川の上流を再現した「京の川」というエリアでは、オサンショウウオの生態を学べる大型展示コーナーが設けられています。ほかにも京都特有の希少生物を展示した「山紫水明」エリアや、マイワシの群れが泳ぐ大水槽がある「京の海」エリアなど、京都の海や川にすむ生き物を間近で観察できるような工夫が凝らされています。棚田や小川が整備された「京の里山」エリアでは、田植えや稲刈りの体験プログラムも開催されています。京都水族館は、生き物を通して京都を学べる貴重なスポット。ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

Aa39ae95 bb8b 4c15 a6f6 25310b099293
42ad7e7a 5f4d 4e57 a7a2 04c0105237b1
Spot noimage
「アドベンチャーワールド」は、関西を代表するテーマパークの一つ。アシカやイルカといった海の動物たちのパフォーマンスを楽しめる「マリンワールド」、コツメカワウソやウサギ等と触れ合える「ふれあい広場」などのエリアに分かれ、可愛い動物を間近で見ることができます。 ゾウやライオンが野生に近い状態で暮らす「サファリワールド」では、ケニア号という列車タイプの専用車に乗車したり、草食動物ゾーンをゆっくり散歩したりと色々な方法で動物たちの世界を巡れます。 ジャイアントパンダの繁育研究基地としての一面もあるアドベンチャーワールド。本場中国を除けば繁殖に成功したパンダは世界最多で、国内の飼育頭数は日本一を誇ります。可愛いパンダを間近で見られるほか、パンダに餌やりを体験できる「パンダラブツアー」という有料のツアーなども開催されています。
44c082a8 ba6c 4d76 9484 59b38ffc93f8
撮影地は和歌山県の白浜アドベンチャーワールドです。鳥のエリアで紫陽花を見つけました。アジサイとは縁のない鳥とのコラボを狙ったのですが…。
5.0
by ナガウニ君
2018年6月22日