シネ・オペラ「蝶々夫人」上映会から近い

2170e68c 9c7f 4cc2 b1ae 118333e5ec5e

木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界

〒461-0004 愛知県名古屋市 国道153号線
徒歩2分(184m)
2017年11月25日(土)〜2018年2月25日(日) 10:00〜17:00
木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界  2017年11月24日(金)~2018年2月25日(日)   はしもとみおは、動物の彫刻を木彫で制作する彫刻家です。中学生だった1995年1月、兵庫県尼崎市の自宅で阪神・淡路大震災を体験した彼女は「私のおうちはぼろぼろになり、近所の通学途中好きだった犬や猫も姿を消し、大好きだった景色や、大好きだった動物たちが、ある日ふっと、なくなる」経験をしました。そして、「どれほど美しかっただろう、どんな手触りだっただろう、失ってしまった命を、医学で取り戻す事は不可能だけれど、彫刻という力を借りて、その姿を残す事はできる」と考え、彫刻の道を志すようになります。    東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻領域で学んだ後、愛知県立芸術大学大学院美術研究科美術専攻彫刻領域に進んで研鑽を積んだはしもとは、現在、三重県いなべ市の自宅兼アトリエで充実した制作活動を行っています。「自分の仕事は、木の中にある命を探して、ほりおこすこと」と語るはしもと。クスノキを削り、彩色を施して生まれた動物たちは、それぞれの身体的特徴が巧みに表現されているばかりか、彼らの性格や飼い主の愛情まで反映し、生き生きとした魅力を放っています。    この展覧会では、2018年の干支である犬をはじめ、現在ブームとなっている猫や、羊・山羊・ラクダなどの家畜、チンパンジー・オランウータン・シロマユテナガザルなどの類人猿といった様々な動物彫刻を一堂に展示。彫刻の下絵となったドローイングや、一匹一匹の動物についての心あたたまるエピソードと共にご紹介します。個人蔵の作品など、これまで未公開だった作品10点が初出品され、はしもとの愛犬「月くん」(2002-2017)の幼年期から14歳までの「犬生」をたどる肖像彫刻5点が勢ぞろいします。    アール・ヌーヴォー様式のフランスの家具が並ぶヤマザキマザック美術館の展示室に、いつもより少しおすまし顔で集まってきた動物たち。生命が存在した証を刻み続けるはしもとの真摯な創作の世界をご堪能ください。

Silent Screams ~ HI no HO 名古屋公演 一般参加者ワークショップ

〒461-0002 愛知県名古屋市東区代官町26−20
徒歩7分(557m)
1月25日(木)〜2月25日(日) 19:30〜16:00
*本番 2018年7月7,8日 名古屋市内 野外公演(3回公演)      7日 15時〜      8日 11時〜/15時〜(予定) *詳細 アフガニスタン出身ノルウェー在住のファリダ・アマディという女性活動家、社会人類学者、そして作家である彼女の'Silent Screams'という本を基にして国を超えて創作する、主に身体を使った舞台作品。 'Silent Screams'(サイレント スクリーム)は、300人以上ものノルウェー在住の難民、移民女性らにインタビューし、母国を逃れてもなお続く、女性らの心身問題、それに関わる社会問題を明るみにし、その解決方法を考察した書。 2018年にこの作品をノルウェー、オスロにあるNordic Black Theatreとアマディ氏との共同制作で取り組み、2018年7月7、8日、名古屋にて、2018年9月22、23日、オスロにて、それぞれ野外公演を行ないます。 この作品は、ダンサー(Production hanのMIHO & Megumi、Cakra Dance Company等、13名)と地域からの一般参加者の皆さんと共に創作活動し、皆さんの思いや考えも取り入れながら作品を作り、共に舞台へと向かいます。 *参加条件 - 週に1回のワークショップに参加できる(以下に詳細あり) - 2日間ある本番に参加できる (ワークショップとは、実際に考え、動く時間) *ワークショップ日程 2018年1月11日(木)スタート 以降、毎週 (木) 19:30 ~ 22:00 (土) 18:00 ~ 20:30 (日) 13:30 ~ 16:00 *ワークショップ参加費 1回 500円 *場所 Theatre aoi (名古屋市東区代官町代官町26-20 日陶連原料ビル1階) または、その近隣の公園 興味のある方、参加希望、質問等 Production han まで。 productionhan2017@gmail.com または、こちらへメッセージを。 主に日常の動きなどから広げていったり、思っていること、考えていることを言葉にして紡いでいきます。 「ちょっと興味あるけど。。。踊れない。。。」 「題材に興味ある!」 「なんとなく、いつもと違うことしたい!」 何歳でも、なんの経験がなくても、どなたでも参加できます! なお、日本公演には、本の著者ファリダ・アマディ氏が日本を訪れ、彼女の経験した真実を語ります。