防府天満宮梅まつり周辺のサルビア

日付指定

日付を指定する
C6d8d4d5 af56 4af3 8b36 54492e2cbbe1
121d450a 2612 4ae6 b04b fc101c97fd16
9b6cd491 8c78 4bc5 822a 53c227cec53a
鳥取県の西部に位置する「とっとり花回廊」は、東京ドーム約11個分に相当する総面積50haの広大な敷地に400種類、200万本の花を咲かせ、国内でも有数のフラワーランド。園内には、雨の日でも傘を持たずに散策できる日本初の屋根付き展望回廊やフラワードームなどの魅力あふれる施設があり、四季折々の美しい草花を満喫できる。なかでも日本原産のユリ全15種をはじめ、国内外の原種ユリ約20種が楽しめ、総合計9万球のゆりが順次開花。スカシユリ、オーレリアン、ハイブリッド、テッポウユリ、ダブル、オリエンタルの6つの種類ごとに森をつくり、それぞれの魅力を伝える。国内では同園でしか見られない原種ユリを一堂に集めた「原種ゆり展」もゆりの館で開催される。土日祝日を中心に実施しているムーンライトフラワーガーデンでは、ユリ園の開園期間中は日本を代表する照明デザイナー石井幹子さんのデザインによる月明かりをイメージした柔らかい照明で、園内の木々や花の色を美しく引き立たせ、昼間とはひと味違うライトアップされた幻想的な世界を魅せてくれる。
見る方向から姿を変える大山と、青い空。木陰でしばらく休んでいました。都会では目にすることができない、味わえない一時でした。
by リフトマンの休日写真Top user
2018年6月21日
7c939eaf 3445 4a75 8b7c 6fbae1af2505
明石海峡大橋開通と同じ1998年4月に開園したあわじ花さじき。兵庫県外郭団体の県園芸・公園協会が運営し、四季に咲く花と明石海峡と大阪湾を望む絶景が無料で楽しめる近畿地方屈指の花の公園です。あわじ花さじきは、淡路島北部の丘陵地域にあり、海に向かってなだらかに広がる高原には色鮮やかな花のジュータンが広がり、年間数十万人の来園者が訪れます。また、園内には地上から約10mの高さに展望台も設置されています。展望台からは大阪湾の大パノラマを一望できるので、訪れた際には忘れずに登りたい。 あわじ花さじきのブルーサルビアは毎年9月上旬~10月下旬頃、夏の終わりから秋にかけて青色から紫色の涼しさを感じさせてくれる花を咲かせます。ブルーサルビアは、アメリカの南西部、テキサス州からニューメキシコ州、メキシコに分布する花です。日本には昭和の初め頃に輸入されました。一般的にサルビアと言うと、赤色の花のイメージが強いですが、あわじ花さじきでは、ブルーサルビアの美しさを堪能できます。
C43d14e7 1c22 413b 9731 34565778c667
明石海峡大橋開通と同じ1998年4月に開園したあわじ花さじき。兵庫県外郭団体の県園芸・公園協会が運営し、四季に咲く花と明石海峡と大阪湾を望む絶景が無料で楽しめる近畿地方屈指の花の公園です。あわじ花さじきは、淡路島北部の丘陵地域にあり、海に向かってなだらかに広がる高原には色鮮やかな花のジュータンが広がり、年間数十万人の来園者が訪れます。また、園内には地上から約10mの高さに展望台も設置されています。展望台からは大阪湾の大パノラマを一望できるので、訪れた際には忘れずに登りたい。 毎年8月中旬~11月上旬頃になると、あわじ花さじきのサルビアでは、約7万本が咲き誇ります。一般的な赤色のサルビアをはじめ、白や濃い紫色の品種のサルビアも栽培されています。また9月になると、サルビアより少し遅い時期に咲くブルーサルビア(9月上旬~10月下旬) とのコラボレーションも観賞でき、色鮮やかな光景を堪能できます。
000b59b8 2615 40d1 9230 3cb48483d9ef
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあり、豊かな自然とふれあうことができる国内有数の観光牧場施設。季節の花々も楽しめ「花の大斜面・西」と「東」に真っ赤なじゅうたんのように咲くサルビアは、まさに牧場の秋の風物詩。1970年代からサルビアを栽培し、毎年いろいろな品種の組み合わせを試しているというサルビアは、現在では約30万本にもなりました。
35b57826 e883 44e9 b208 4a317341bf34
テレビドラマ「北の国から」で知られるのが富良野のラベンダー畑。60年代から北海道のラベンダーは、一時は富良野地に適した花として次々と農家が生計の為に植えていた。だが、時代と共に値段の安い化学香料に押され、ほとんどの農家が作物栽培へと転換して姿を消してしまう。そんな中で、今では富良野の代表的な花畑として知られる『ファ−ム富田』の富田忠雄氏は、こんな状況の中でも孤軍奮闘して栽培を続けていた。だが、「もう来年はラベンダー畑をやめて整地しよう」と、思ったが、妻の助言もあり、1年だけ延期した。そして翌年の75年6月、ラベンダー畑がたまたま当時の国鉄のカレンダーに載り、その光景の美しさは魅せられ全国の人々が訪れ始めた。 そんな人たちが感動する姿に、富田氏は励まされて再度、栽培に打ち込んだ。そして何とかラベンダーを生かそうと家族総出で作ったラベンダーの匂い袋や香水が富良野のお土産として評判になり、植物性香料の優秀性が見直された。一度は、あきらめようと思ったラベンダー畑には、遠くアジアなど海外からも含めて年間100万人以上の人々が訪れている。ラベンダーに打ち込んだ富田氏の熱意が生んだ、美しい花畑の風景に多くの人々は魅了されている。また、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に「ラベンダーイースト」がオープン。ファーム富田より東へ約4キロメートルの場所にある。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめる。