南方熊楠生誕150周年企画展「南方熊楠-100年早かった智の人」」から近い

A4e53e71 fd4e 4613 aec9 1d69f3598852

第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo

〒110-0007 東京都台東区上野公園7−20
徒歩0分(0m)
2月24日(土) 10:00〜20:00
【第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo開催概要】 http://pcn.club/kps/ ■時間:10:00~18:00(9:00~受付開始)     ※懇親会19:00~20:00 ■会場:国立科学博物館(http://www.kahaku.go.jp/userguide/access/index.html) ■後援:未来の学びコンソーシアム、福井新聞社、各所申請中 ■主催:こどもプログラミング・サミット実行委員会 ■参加費: ①シンポジウム ¥1,000 ②シンポジウム+ワークショップ ¥2,500 ③シンポジウム+懇親会 ¥5,000 ④シンポジウム+ワークショップ+懇親会 ¥6,500 ■募集人数:150名 ※申し込み先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。 ■申込方法 下記サイトにてお申し込みください。 < http://ptix.at/voZI6L > ※上記利用不可の場合、下記情報をご明記のうえFAX(0776-58-2155)にてお申し込みください。 <記載内容> ①件名 【第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo 参加希望】 ②申込者氏名 ③申込内容  例) ④シンポジウム+ワークショップ+懇親会 ¥6,500 1名 ④メールアドレス 以下、差し支え無ければご記載ください。 ⑥都道府県 ⑦勤務先 ■協力 株式会社jig.jp,株式会社ナチュラルスタイル,株式会社ict4e,株式会社アフレル ■タイムスケジュール 10:00 ~ 12:00 ワークショップ(2回) 13:30 ~ 18:00 シンポジウム「社会で生み出す日本の未来」   -パネルディスカッション① -グループディスカッション -パネルディスカッション② -クロージング 19:00 ~ 20:00 懇親会 ●Message さて、来る2月24日(土)に国立科学博物館@上野にて、第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyoを開催させていただくこととなりました。 【目的】 本イベントは、教える立場の人、教育に興味がある人、子供たちの将来を考える人たちが広く集まり、プログラミング教育のアイデア・意見を交換する場をもうけ、これからの日本の教育に必要なアクションにつなげていくのを目的としたイベントです。 【開催実績】 一昨年、昨年に第1回、第2回を福井にて全国各地から参加者を募り開催、プログラミング教育において、国内外で先進的に活動しているゲストを招き、パネルディスカッションやグループディスカッション、対談を行ってまいりました。 <http://pcn.club/kps_tmp/2016_kps01/report.html > ●Contents1 産学官の各業界から、多数ゲストをお招きし、「社会で生み出す日本の未来」と題して【パネルディスカッション】、【<全員参加型>のグループディスカッション】を行います。 --ゲストスピーカー-- 小金井市立前原小学校 松田孝 氏 リクルート次世代教育研究院 小宮山理恵子 氏 武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 上松恵理子 氏 株式会社アイ・オー・データ機器  CoderDojo Kashiwa 他 ■Contents2 同会場にて、実際の教育現場で使われている教材や最先端の教材を使って【ワークショップ】や【展示】も行っています。そちらも併せてご体験ください。 --ワークショップ一覧-- ・IchigoJam ・教育版レゴ®マインドストーム® 他 --出展企業-- Comming soon 充実したプログラミング教育を発信し、一人でも多くの子供たちがプログラミング教育から学んだことを糧に、自身の力で未来を切り開くことができるよう、是非ご参加くださいませ。 ※おまけ情報※ 本イベントにご参加の方は、当日【国立科学博物館常設展】を自由に見学いただけます。

太陽の沈まぬ国のベラスケス~プラド美術館展ナビゲートツアー

〒110-0007 東京都台東区上野公園7−47
徒歩2分(125m)
3月3日(土) 09:30〜12:00
スペインはマドリードにある『プラド美術館』 世界屈指と云われるコレクションを持つこの美術館から 西洋美術において史上最大の画家の1人と云われる 「ディエゴ・ベラスケス」の作品を含む 17世紀の絵画など70点の作品が日本で観られます! 16世紀中頃から17世紀前半はスペインは 「太陽の沈まぬ国」として 最も栄えた時期。 スペインは文化・藝術の面でもこの頃、 非常に多くの画家を輩出しています。 その背景には 歴代のスペイン国王たちがみな、絵画を愛し収集し 芸術家を庇護したから、という事実があるのです。 特に、今回の目玉となる画家「ディエゴ・ベラスケス」は 宮廷画家として大成し、繁栄するスペイン帝国において 芸術家として”究極の栄光”を手にした存在でした。 そんな巨匠・ベラスケスの絵が今回7点も来るのは 日本ではかつて無いことらしく この美術展は「ベラスケス展」と言っても過言ではない! と云われているほど。 ベラスケスの描く人物像は どれも”美しい”のとはほど遠く? むしろ、人物の持つ”真の姿”を キャンバスの中に冷徹なほどの目を持って描き出されています。 比類の無い肖像画家として名を馳せた 「ディエゴ・ベラスケス」 そしてスペインの黄金時代の名画の数々 アートナビゲーターの 土岐 綾子 (Ayako Toki)さんの 2018年前半”イチ押し!”の美術展 是非、ご一緒しましょう! 『大人のギャザリング』主宰 田村由香理 【アートナビゲートツアー詳細】 ************************ ◆開催日時:3月3日(土) 9:30 ※最初にレジュメで綾子さんによるレクチャーを近くのカフェで行います。 ◆開催場所:国立西洋美術館 @上野公園 ◆参加費:¥8,000 (チケット代・ガイド料・レジュメ資料代込) ◆募集人数:6名 ◆お申込方法:必ず下記のリンクのフォームよりお申込ください。 https://resast.jp/events/245385  ※キャンセルポリシー 参加費は事前振込となります。 実施日5日前から前日までのキャンセルに関しましては参加費の50%をご返金いたします。 当日のキャンセルにつきましてはご返金は致しかねますので 何卒ご理解の程お願い申し上げます。 ************************

台湾フェスティバル® TOKYO 2018

〒110-0007 東京都台東区上野公園8−22
徒歩2分(161m)
6月21日(木)〜6月24日(日) 10:00〜19:00
当イベントの恒例コンテンツ「台湾ライチを食べて≪第5回台湾ライチ種飛ばし大会≫」のほか、「台湾食文化を堪能!台湾ビアガーデン!」や「台湾の果物がやってくる≪台湾フルーツフェア≫」などで更なる文化交流イベントとして開催いたします。 ◆開催日時◆ 2018年6月21日(木)~24日(日)10時~21時(最終日19時まで) 台湾ライチ種とばし大会:10時~16時(受付9時~15時) ◆開催場所◆ 東京都・台東区上野恩賜公園噴水広場 詳細は公式HPにて http://taiwanfes.org/ ※イベントの主催である一般社団法人台湾を愛する会(愛台灣會)は、台湾の食文化を通して、日本と台湾の交流促進を目的としている非営利団体です。 2011年6月に横浜赤レンガ倉庫で『台湾フェスティバル®』を計画しておりましたが、あの未曾有の被災者を出した東日本大震災により同年4月に中止をしました。 しかし、年月が経てども台湾を愛する気持ちは変わる事がなく、そこで2014年に100%ボランティアで開催しようと再度有志による実行委員会が立ち上がりました。 そして、2015年上野恩賜公園(2日間4万人)、2016年錦糸公園(2日間5万人)と開催し、2017年上野恩賜公園(4日間21万人)大変多くの方々にご来場頂くことが出来ました。 *「台湾フェスティバル®」は、当会の商標商標です。