むらた町家の雛めぐり周辺のハス

日付指定

日付を指定する
Ade3d669 364a 4053 966e 159f67e9b26f
栽培している蓮の品種は約300種で日本一 千葉県香取市の「水郷佐原あやめパーク」は、水郷筑波国定公園内に位置し、約8haのパークには、島や橋・水面などが配置され、昔懐かしい水郷の情緒を味わえる名所となっています。「水郷佐原あやめパーク」で栽培している蓮の品種は約300種。日本一はもちろんですが、はすの本家中国でも300種という品種を保有している施設はありません。また、見頃の時期の7月からは「はす祭り」が開催され、象鼻杯の体験やはす茶のおもてなしなど催し物もたくさんありおすすめです。
Cd01154b 1502 4d54 9f05 8af96b96c8cf
6e1aa19d efcc 4322 8245 82723d1a5f25
019625e4 2e78 447d b015 d96caaf2a99d
南蔵院のすぐ裏手にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。 水元公園は桜や花菖蒲の名所としても有名です。3月下旬から4月上旬にかけては美しい遊歩道の桜を、6月上旬から下旬には約100品種20万本の花菖蒲を楽しむことができます。また、花菖蒲の季節には菖蒲祭りも開催されます。 桜や花菖蒲の咲く季節はもちろんですが、水元公園では一年を通して美しい景観が楽しめます。釣り場、ポプラ並木、「生きた化石」メタセコイヤの森、中央広場、フィールドアスレチックス、バードサンクチュアリーがあり、都の天然記念物「オニバス」や絶滅危惧種「アサザ」の自生地としても知られています。
葛飾区の水元公園。東京23区内で最大規模の水郷公園です。初めて訪れましたが、素晴らしい公園ですね。本当におすすめの公園です。何度でもきたいです。 水元公園は広大な敷地に沢山の木々や植物が植えられています。桜、花菖蒲、ハスやポプラ、メタセコイアなど自然と触れあえます。しかも、これだけ広大な公園にもかかわらず、手入れも行き届いています。 また、対岸は埼玉県のみさと公園です。水元公園は子供が遊べるような遊具は充実していないですが、みさと公園は遊具が充実しているようです。
by ちぇりTop user
2018年8月6日
Bebacd57 5e14 4275 93a6 87e5ccb501de
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。津軽統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603年)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611年)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811年)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内の桜は、正徳5年(1715年)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在の桜は、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2,600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。 また弘前公園は、毎年7月中旬から8月下旬にかけて蓮の名所になる。「蓮池濠」や「石橋」付近で古代蓮、弘前公園西側の工業高校口近くの蓮池では蓮の群生が咲き誇り、暑い夏に涼しさをもたらす。
69f3bd44 932d 4a92 bcd3 861f1f506b24
園内の北端部にはハス田が設けられ、大賀ハスが咲き誇る。池の水を覆い隠す緑色の大きな葉の群れから、ひょっこりと顔を出す鮮やかなピンク色の花は、阿弥陀如来や観音菩薩像の台座の形そのままである。ハスの花は明け方からゆっくりと開花し、お昼を過ぎると閉じてしまう。そのため早朝からの見学者が絶えない。さらに園内にはハス以外にも季節ごとに250本のウメ、340本のサクラと2,200株の花菖蒲が咲き誇り、四季折々に花々が楽しめる公園として親しまれている。