Banner

むらた町家の雛めぐり周辺のネモフィラ

国営ひたち海浜公園のネモフィラ

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605−4 国営ひたち海浜公園
車478分(191.21km)
4月中旬〜5月上旬
茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜公園。 開園面積約200ha(東京ドーム約40個分)の広大な園内は、春になると約450万本のネモフィラが園内のみはらしの丘一面に広がります。「青の絶景」や「空と繋がる丘」として世界中のメディアでも紹介されている絶景ポイントです。晴れた日には、空の青色と地面いっぱいに広がるネモフィラの青色の境界線もわからなくなるほど、素晴らしい光景を目にすることができます。 「ネモフィラ」という名前で親しまれている花は、和名では瑠璃唐草(るりからくさ)と言います。原産は北アメリカで、英語では赤ちゃんの青い瞳を表して「Baby blue eyes」、日本で親しまれている「ネモフィラ」という呼び方は、ギリシャ語で「ネモス(小森)」と「フィレオ(愛する)」の合わさった名称だそうです。 例年、見頃は約2週間程度でゴールデンウィークの時期に見頃を迎えますが、年によってはそれより前後することもあるため、訪れる際には国営ひたち海浜公園の開花情報を事前に調べることをおすすめします。
一面のネモフィラがとても綺麗でした。
by junp_photo
2018年4月30日
4b72e20f a0df 40c7 9dcf 8455ce1c23394eabf112 3938 4448 b07e e79beec9ef0a22d40593 8689 4680 919a f132bee9822bE340da62 8226 421a a746 1cd65914d155

国営昭和記念公園のネモフィラ

東京都立川市緑町3173 国営昭和記念公園
車732分(292.95km)
4月下旬〜5月中旬
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 例年4月下旬から5月中旬、ゴルーデンウィーク頃に見頃を迎えるネモフィラ。空色のネモフィラ約20,000本があたり一面に咲き誇ります。
みんなの原っぱ付近に咲いていたネモフィラ!他の花と混じって咲いていましたがきれいでした!
by みっきーTop user
2018年5月4日
C6af4985 3b01 43e2 9542 c6a341a027fd0c0e728e c738 4114 9f02 e3609ae292faFc0a455e a810 443b 866e 850b37733d4275f89c41 c271 456f 9c72 1dd7c640fa0c

長井海の手公園ソレイユの丘のネモフィラ

〒238-0316 神奈川県横須賀市長井4丁目 ソレイユの丘
車850分(339.96km)
4月中旬〜5月上旬
南仏プロヴァンスの香り漂う美しい街並みに野菜畑が見事に調和した癒しの公園。相模湾を一望できる小高い丘に立ち、約5,000㎡の花畑には四季折々の花が咲き乱れる。入園無料の園内には、地場産食材、園内で収穫された野菜を使った農村バイキングや地元長井漁港で水揚げされた浜焼きバーベキューができるレストランがあり、640席の芝生広場では“手ぶら”で炭火でバーベキューを行うことができる。また、ふれあい動物村に、カビバラ・カンガルーが仲間入り!直接ふれあうことができるほか、エサやり(別途100円)も行える。他にも芝そり・ゴーカートなどの遊戯施設、ピザ作りやキャンドル作りなどの体験教室、相模湾が一望できる温浴施設が利用でき、週末には野菜の収穫体験やステージイベントも開催。 毎年4月中旬頃からゴールデンウィークにかけて、船の遊具「ソレイユ・パイレーツ」前の花畑に約100万本のネモフィラが咲き誇ります。辺り一面ブルーのネモフィラに包まれる光景はまるで海の様です。
ネモフィラがたくさん咲いており、綺麗な風景が広がってます。
by ____0501____
2018年4月29日
Ed5677a7 153b 4373 8c34 ad84db9a974e

浜名湖ガーデンパークのネモフィラ

静岡県浜松市西区村櫛町5475-1 浜名湖ガーデンパーク
車1176分(470.5km)
4月上旬~4月下旬
総面積56ha(東京ドーム約12個分)の広大な敷地に四季の花々が美しく咲く浜名湖ガーデンパーク。地元のボランティアをはじめ、学校や企業などの協力を経て公園を育てていくスタイルで運営されています。浜名湖ガーデンパークは、2004年(平成16年)に開催された「浜名湖花博」の会場となり、以降も地元の人々や観光客が沢山訪れる浜名湖周辺の人気スポット。入場料は無料という点も嬉しい。(展望台や遊覧船クルーズなどは有料)また、園内は「西側エリア」、「街のエリア」、「里のエリア」の3つのゾーンからなっています。西側エリアは駐車場から近くサッカーやフリスビーなどを楽しめる広大な芝生広場があるエリア。街のエリアは、こども向けのアスレチックが設置されているこども広場、遊覧船ガーデンクルーズ、高さ50mから眼下に浜名湖ガーデンパークの花々や美しい浜名湖の風景が一望できる展望台などがあるエリア。「里のエリア」は世界各国の植物が観賞できる国際庭園やバラ、チューリップ、ひまわり、コスモスなど四季折々の花を楽しめる花の美術館などのエリアです。 毎年4月上旬から4月下旬になると爽やかなブルーの約30万本のネモフィラが咲き誇ります。展望塔から見下ろすと「音楽の街 浜松」をイメージした地上絵が浮かび上がりますので、ぜひ確認しましょう。
Decaf0e1 4146 479f 92c3 86d1d6107a87

滋賀農業公園ブルーメの丘のネモフィラ

滋賀県蒲生郡日野町西大路843
車1315分(526.07km)
4月下旬〜5月中旬
ドイツ・バイエルン地方の農村を再現した観光施設。門・遊・花・街・村・牧の6つのエリアには自然や動物に親しめる施設があり、羊、馬、ヤギ、ウサギ、カンガルー、カピバラなどと触れ合ったり、クラフト体験などの各種体験、石窯パンや地ビールに舌鼓を打ったり楽しい遊具で遊んだりと、家族で楽しめる農業のテーマパークでもある。春は桜や20万本の菜の花、123種13万球のチューリップ、ネモフィラ、バラ園のバラ、夏は10万本のひまわりなど、9月下旬~11月上旬の秋にかけては30万本のコスモスと秋の風情を感じながら咲きほこる。また、バラ園、ハーブガーデン、温室などもあり、季節ごとに咲き誇る様々な花にが楽しめる。他にも、足漕ぎボート、変形自転車、アーチェリー、ゴーカート、木製アスレチックなど体を動かして遊べる施設もある。

花博記念公園鶴見緑地のネモフィラ

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2 花博記念公園鶴見緑地
車1492分(596.75km)
4月中旬〜5月上旬
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはネモフィラ、チューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
大阪の鶴見緑地公園のネモフィラ畑です! 一面ネモフィラブルーが広がり、異世界に来たようでした!
by おにしむ
2018年4月28日
Ed900f61 7f54 446a 9ee8 3ba848a67cce93e15a5f b414 4c72 8067 e45fcca611a719ed588d a910 49f7 bc57 c3a9b17bb0c948b2dfbc 39f9 4688 a80a eac47aa24139

国営明石海峡公園のネモフィラ

兵庫県淡路市夢舞台8−10
車1616分(646.27km)
4月中旬~5月中旬
平成12年に開催された淡路島での「淡路花博ジャパンフローラ」の会場の跡地を利用し、チューリップ、ネモフィラ、ユリ、あじさい、コスモスなど、年間を通して四季折々多くの花々を楽しめる国営公園。園内からは紀淡海峡や大阪湾が見渡せ、巨大人工池「花の中海」をスワンの貸ボートでのんびりと巡ることもできます。また花、水、風をテーマとした150もの遊具がつながる大型遊具「夢っこランド」は、子供たちに大人気。大人も子供も一緒に、思いっきり楽しめる公園。春には300種、60万本のチューリップ大花壇が見事に咲き誇ります。また園内「月のテラス」では空と地面に咲く爽やかなネモフィラの青のコントラストが美しく一見の価値があります。
B49e2eed b3bf 47be 9aa6 03d609fc126d

国営讃岐まんのう公園のネモフィラ

香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12
車1888分(755.22km)
4月下旬〜5月中旬
香川県中西部のまんのう町にある日本最大の灌漑用ため池、満濃池のすぐ東隣に位置しているのが、国営讃岐まんのう公園です。園内は竜頭の丘ゾーン、竜頭の森ゾーン、竜頭の里ゾーン、湖畔の森ゾーンなどに区分けされ、各ゾーンで様々な楽しみ方ができます。なかでも竜頭の里ゾーンでは、風花の庭や飛竜の花道、花竜の道、満濃池展望遊歩道、湖畔の里、自然生態園などで植物を楽しむことができます。また、園内では年間を通して、早春フェスタやスイセンコレクション、あじさいまつり、ハーブフェスタ、コスモスフェスタ、まんのう町かりんまつり、まんのう公園クリスマスなどのイベントも開催されます。その他、アスレチックやふわふわドームなどの子供用の遊具や芝生広場やサイクリングコースもあり子供から大人まで楽しめるスポットです。毎年4月下旬から5月上旬頃になると、園内の「青竜の谷」と「花竜の道」でネモフィラが見頃になり、爽やかなブルーの絨毯を目にすることができます。「青竜の谷」ではインシグニスブルー、「花竜の道」ではマクラータが咲き誇ります。
Bf2b60b8 a3b8 469d 9932 5d30ded27d89

くじゅう花公園のネモフィラ

大分県竹田市久住町大字久住4050
車2565分(1026.08km)
4月下旬〜5月下旬
阿蘇・くじゅう国立公園内の標高850mの久住高原に位置し、目前に雄大なくじゅう連山、遠くに阿蘇五岳を背景にした美しい花の公園。敷地の面積約20haもある園内では、標高1700m級のくじゅうの山々を背景に広がる斜面のお花畑が見物。一つの花畑を過ぎると次の斜面の花畑と次々に現れてきます。春はチューリップ、シバザクラ、ポピーが、初夏から夏にかけてはラベンダーやケイトウ、秋にはサルビアやコスモスが園内を埋め尽くします。園内の「そよ風の丘」では、毎年4月下旬頃から、くじゅう連山をバックに約10万株のネモフィラが咲き誇り、あたり一面がブルーの絨毯に。ネモフィラの大変爽快な景色を観賞できる九州では貴重な公園です。
1866b02b 4f96 4efc 8ab9 e980753d8247

海の中道海浜公園のネモフィラ

福岡県福岡市東区西戸崎18−25
車2643分(1057.24km)
4月中旬~5月上旬
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。春になると「花の丘」の約15,000平方メートルの敷地内では、約150万本のネモフィラを楽しむことできます。同時期には毎年「海の中道フラワーピクニック」が開催されているため、園内では福岡県内の農産物や海産物の販売、各種ステージイベントが開催されて、多くのひとで賑わいます。