むらた町家の雛めぐり周辺のネモフィラ

日付指定

日付を指定する
20ee4079 1724 42fd 9cc1 6c05953726fd
Efe4b6cc 2970 4fcc 9e2e 3e62ce3be4d5
0ab66df8 afdb 4391 a6f2 e34682d7eeba
茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜公園。 開園面積約200ha(東京ドーム約40個分)の広大な園内は、春になると約450万本のネモフィラが園内のみはらしの丘一面に広がります。「青の絶景」や「空と繋がる丘」として世界中のメディアでも紹介されている絶景ポイントです。晴れた日には、空の青色と地面いっぱいに広がるネモフィラの青色の境界線もわからなくなるほど、素晴らしい光景を目にすることができます。 「ネモフィラ」という名前で親しまれている花は、和名では瑠璃唐草(るりからくさ)と言います。原産は北アメリカで、英語では赤ちゃんの青い瞳を表して「Baby blue eyes」、日本で親しまれている「ネモフィラ」という呼び方は、ギリシャ語で「ネモス(小森)」と「フィレオ(愛する)」の合わさった名称だそうです。 例年、見頃は約2週間程度でゴールデンウィークの時期に見頃を迎えますが、年によってはそれより前後することもあるため、訪れる際には国営ひたち海浜公園の開花情報を事前に調べることをおすすめします。
User default image
ソライロ 一面のスカイブルー。
4.0
by ムラサキ
2017年5月8日

東武トレジャー ガーデンは、分福茶釜の伝説で有名な茂林寺、県指定天然記念物の茂林寺沼低地湿原、数多くの野鳥が生息する広大な野鳥の森に囲まれています。また、近隣には群馬県立つつじが岡公園もあり、開園期間中は自然の持つ高い癒しの力を求め多くの人が訪れる。約80,000平方mの園内には、ピンク系の芝桜25万株が植栽された「芝桜のガーデン」は色鮮やかなピンクのグラデーションを構成。ガーデン内を歩くたびに変化する景観をこころゆくまで楽しめます。さらにネモフィラ等22万株の花々が咲く「青のガーデン」があり、また、宿根草をメインに季節ごとに移り変わる花々と、歩みを進めるたびに異なる景色が現れるガーデンで、延べ1,000m超で幅3mの「ロングボーダーガーデン」と約750株のバラが7つのシーンに分かれて華やかな庭園の「水辺のRoseガーデン」があり、花と緑があふれる施設として楽しめます。


0c0e728e c738 4114 9f02 e3609ae292fa
C6af4985 3b01 43e2 9542 c6a341a027fd
Db15d4c5 56e7 4ea6 8b5a d7d3d92fb23f
東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園。 日本を代表する国営公園で東京ドーム約40個分の広さを誇ります。園内はドックラン、フットサルコート、レインボープール、バーベキューガーデンなど多くの施設を有しています。 植物も豊富で秋の300mのイチョウ並木は絶景です。その他にもソメイヨシノ(3月下旬から4月上旬)、睡蓮(見頃6月)、紫陽花(6月中旬から7月上旬)、ヒマワリ(7月下旬から8月上旬)など四季を通じて数々の植物の景観を楽しめる公園です。 例年4月下旬から5月中旬、ゴルーデンウィーク頃に見頃を迎えるネモフィラ。空色のネモフィラ約20,000本があたり一面に咲き誇ります。
F3235119 02ec 43ad b209 22f034bfa369
ネモフィラがとても可愛かったです。
4.0
by マッコーBronzeイベント
2018年6月15日

204baef9 7fa9 4c3e b431 0c0ec8b36cc6
房総半島と三浦半島を結ぶ東京湾フェリーの発着地といえば、久里浜。海をはさみ、房総に負けずと懸命に花を咲かせている。花を咲かせている場所は久里浜緑地で、咲いているのは赤と黄色の可憐なポピー。それに、ポピーより早く咲く、ブルーのネモフィラ、ヤグルマギクなど。潮風も爽やかな初夏、100万株ものポピーが緑地すぐ入口にある「ポピー広場」で満開となる。海の波のように、風に揺られて花の波をつくるポピー畑は、見ているだけで何となく幸せな気持ちにしてくれる。また緑地には自然の地形をいかした緑地には、山頂部に久里浜港を見渡すことができる展望台があり、それを囲むようにハーブ園や足湯、芝生広場がゆったりと広がっている。

Ed5677a7 153b 4373 8c34 ad84db9a974e
南仏プロヴァンスの香り漂う美しい街並みに野菜畑が見事に調和した癒しの公園。相模湾を一望できる小高い丘に立ち、約5,000㎡の花畑には四季折々の花が咲き乱れる。入園無料の園内には、地場産食材、園内で収穫された野菜を使った農村バイキングや地元長井漁港で水揚げされた浜焼きバーベキューができるレストランがあり、640席の芝生広場では“手ぶら”で炭火でバーベキューを行うことができる。また、ふれあい動物村に、カビバラ・カンガルーが仲間入り!直接ふれあうことができるほか、エサやり(別途100円)も行える。他にも芝そり・ゴーカートなどの遊戯施設、ピザ作りやキャンドル作りなどの体験教室、相模湾が一望できる温浴施設が利用でき、週末には野菜の収穫体験やステージイベントも開催。 毎年4月中旬頃からゴールデンウィークにかけて、船の遊具「ソレイユ・パイレーツ」前の花畑に約100万本のネモフィラが咲き誇ります。辺り一面ブルーのネモフィラに包まれる光景はまるで海の様です。
Ad4edf76 ad00 42ca 87ec 85071f61b7cb
ネモフィラがたくさん咲いており、綺麗な風景が広がってます。
5.0
by ____0501____
2018年4月29日

B0aa92c7 2557 4caf 9a42 2aac43978e95
河口湖から山中湖へ向かう途中、左側に入ると突然と花畑が広がる。富士山に一番近い湖のほとり、標高1,000mの高原にある花の都公園。園内の約30万平方mにも及ぶ広大な敷地には季節ごとに花の群落が楽しめる。毎年5月中旬頃になると山中湖花の都公園の清流の里では、富士山を背景にネモフィラがあたり一面を鮮やかなブルーの色で覆い尽くし、大変爽快な光景が広がる。また、8月には約30万本のひまわり、7月中旬から10月上旬ごろには約100万本の百日草、9月中旬から10月上旬ごろには約200万本のキバナコスモスと四季折々の花を楽しめるスポット。