Banner

むらた町家の雛めぐり周辺のコキア

国営ひたち海浜公園のコキア

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605−4 国営ひたち海浜公園
車478分(191.21km)
7月上旬~10月下旬
茨城県ひたちなか市に、国が設置した四季の彩り鮮やかな花々が堪能できる国営公園。公園は大きく4つのエリアに分かれ、その中に個々のアトラクションが設置されている。ナノハナは、西口エリアの「スイセンの丘」の北東側には、早咲きで耐寒性が強く、厳寒期に咲くナノハナの品種“伏見寒咲(ふしみかんざき)” 7万5,000本が植えられて2月いっぱい楽しめる。また、春には大草原フラワーガーデンのナノハナは、50万本と圧巻。4月上旬~下旬頃まで草丈60~80cm 程の高さに咲き揃った黄色い絨毯を、サイクリングをしながら眺められる。また、みはらしの里からは4月上旬頃に丘の上から里のナノハナ畑を見下ろすと、ひたちなか市に縁の深い農作物をデザインした地上絵が浮かび上がる仕掛けがされており、楽しみのひとつ。園内はサイクリングコース(自転車持ち込み可、レンタサイクルの利用は有料)が整備され、広大な敷地を自由に行き来することができる。
Aacc29ac d9b6 4ffd a49f 176aacb19da7

東京ドイツ村のコキア

千葉県袖ケ浦市永吉419 東京ドイツ村
車769分(307.5km)
9月上旬~10月下旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデン、約25万株の芝桜、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 9月上旬から10月下旬にかけて「コキアの谷」の約2万株のコキアが見頃を迎えます。場所は、東京ドイツ村のパターゴルフ場の裏の斜面。9月中は緑色の爽やかなコキア、10月中旬頃になると真っ赤な色に染まった美しいコキアを目にすることができます。

海の中道海浜公園のコキア

福岡県福岡市東区西戸崎18−25
車2643分(1057.24km)
10月中旬~11月上旬
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。秋になると「虹・彩りの花壇」では約約2,000平方メートルの敷地に800本のコキアが登場し、まんまるの姿のコキアが緑色から紅葉の真っ赤になるまでを楽しめます。同時期には毎年「うみなか*はなまつり」が開催されているため、園内では福岡県内の農産物や海産物の販売、各種ステージイベントが開催されて、多くのひとで賑わいます。