平成三十年三月地方公演 人形浄瑠璃 文楽周辺

エリア

全国
平成三十年三月地方公演 人形浄瑠璃 文楽 周辺

日付指定

日付を指定する
F5f8d058 94f5 4abc 9eca 8de0be956302
7f64ac9c c237 4275 b4c4 91cd48679286
Spot noimage
 小田原出身の農政家・二宮尊徳(金次郎)の生涯を描く映画『二宮金次郎』。来年の全国公開に先駆け、小田原市で先行上映会が開催される。会場は小田原市民会館大ホールで2019年1月6日(日)。第1回/午前10時〜、第2回/午後2時〜、開場は各30分前。  第1回上映後と第2回上映前に舞台挨拶が予定されている。登壇者は五十嵐匠監督、おだわら観光ふるさと大使で主役金次郎を演じた合田雅吏さん、榎木孝明さん、田中美里さん、柳沢慎吾さん、小宮孝泰さんほか。  同作品では、貧しさゆえに兄弟と離れ離れになった幼少期、そして大人になり独自の「報徳仕法」を用いて荒廃した農村の復興に献身的に取り組む姿を描く。小田原市内でもロケ撮影が行われ、市民のエキストラや子役も出演している。 チケット発売  チケットは11月10日(土)発売。大人1500円、こども(中学生以下)700円、シルバー(60歳以上)1000円。販売先はハルネ小田原、小田原お堀端万葉の湯、はだの湯河原温泉万葉の湯、伊勢治書店ダイナシティ店、ブックプラザ伊勢治、伊勢治文具、尊徳記念館。ローソンとミニストップ店頭の「Loppi」からも購入できる。問い合わせは映画『二宮金次郎』製作委員会【電話】03・6455・5850へ。
16dd413e d85e 469d b6a8 0f6a0bae7a87
神奈川県小田原市城内に位置する小田原城址公園。小田原城の本丸や1960年に復興された天守閣を中心として公園が整備されています。現在の小田原城公園への入り口は正規登城ルート(正面入口)、学橋・二の丸経由ルート、北入口・御用米曲輪経由ルート、南入口・御茶壺曲輪経由ルートの4つ。小田原城の正規登城ルートは正規登城ルート(正面入口)となっており、お堀端通りには歴史ある飲食店や商店が軒を並べ、春には桜が見事なルートです。なお、城址公園の大部分は国の指定史跡の区域となっています。 天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所ですが、城址公園の「御感の藤」も大変見事です。大正天皇が皇太子の頃「見事な花に心なきことよ」と、しばらく馬を止めて感嘆されたことからその名がついたそうです。小田原市指定天然記念物、かながわの名木100選にも選定されており、満開時期には藤棚から垂れる花房が1メートルにもなり、見応えがあります。