御燈能「土蜘蛛」周辺のエンタメ

日付指定

日付を指定する
Bf83188e 2ac5 4449 8d53 6b61c349aef3
8cae6078 9ed8 43e3 82ad 904deded956e
485fe59e 0e42 44e9 a40d dac9938e91fc
稲城市と川崎市多摩区の広大な敷地にある「よみうりランド」。東京の西側にある最大級の遊園地で、バリエーション豊かな40種類以上のアトラクションを体験できます。京王線「京王よみうりランド駅」からは、ゴンドラ「スカイシャトル」に乗車。約5〜10分間の空中散歩が気分をさらに高揚してくれて、よみうりランドのテーマ「空から行けちゃう遊園地」の語源にもなっています。 人気No.1のアトラクションは、ジェットコースター「バンデット」。全長1,560mの長距離コースに加え、自然ならではの傾斜を利用した高低差のあるレールを最高時速110kmで駆け抜けます。さらに、期間限定の企画が面白いのも特徴的。夏季にはずぶ濡れ必至の「スプラッシュバンデット」として、冬季にはLEDの美しい照明とコース途中に火柱が立つ「スターライトバンデット」として、季節に合わせたスリルを楽しめます。 絶叫系以外にも、東京の遊園地の中では随一の標高を誇る「大型観覧車」がおすすめ。多摩丘陵約160mの高さから望む絶景は格別で、富士山や高層ビル、レインボーブリッジまでみることができます。多摩方面で自然鑑賞をしたついでに、遊園地での思い出もつくってみませんか。
563e6a15 2fa1 473b 91e0 d80e0ab2f43b
光のトンネル 毎年恒例のよみうりランドのイルミネーション、カラフルに点灯する光のトンネルはいつの間にか冬の寒さを忘れさせます。
4.0
by zawamiki
2016年12月14日
ワークショップ「月面キッズキャンプ」を開催(よみうりランド)
2019年3月25日(月)〜2019年5月31日(金)
2023年には初の民間人月面周回旅行が予定されるなど、近年、宇宙や月がより身近になってきています。こうした“宇宙産業”はこれからますます成長することが見込まれています。 「月面キッズキャンプ」は、“宇宙産業の担い手”になる子どもたちに宇宙の魅力を体感してもらうことで、「宇宙をもっと勉強したい!」「宇宙を仕事にしたい!」という目標や夢を抱くきっかけにしてほしいという思いから生まれた、楽しく学べる月面体感ワークショップです。 VRやプログラミングなどの体験方法で学んでいただける3つのワークショップをご用意しています。 ・感じて知る月面VR体験「ありえなLAB」 ・見て知る宇宙展示 ・プログラミングで月面探査ゲームを開発しよう! 春休みやゴールデンウィーク期間、お子さんはもちろんのこと、ご家族の皆さんで一緒に月や宇宙について遊びながら学んでいただき、未来の宇宙や月について話し合うきっかけにしていただいてはいかがでしょうか。
408a4ec6 6abc 40f5 9e08 8c7cf6599408
よみうりランドプールWAI
2019年6月下旬〜9月中旬(予定)
5つのプールと3種のスライダーが楽しめる都内有数のプール 東京都稲城市にある「よみうりランドプールWAI」は、5つのプールと3種のスライダーが特徴。砂浜をイメージしたビーチ感覚の造波プールに、定番の流水プール、また泳ぎを楽しめるスイミングプールに本格的なダイビングプールもあります。小さな子ども連れ向けには「それいけ!アンパンマンプール」が大人気です。スライダーには、ゴムボートに乗って長さ386mを下るスライダー「ジャイアントスカイリバー」、107mの長さのスラロームスライダー、また直線で最大勾配28度を滑り降りる直線スライダーがあります。そのほかイベントも充実していて、放水しながらダンスする「ダンスプラッシュ!!」ショーや、よみうりランド社員によるシンクロショーなど、内容もりだくさん!東京有数のプールは今年は6月下旬から9月中旬までオープン予定です。
F606565e 5890 47c9 8492 e6b64506ed8d
よみうりランドの桜
3月下旬〜4月上旬
よみうりランドは夏にはプール、冬にはイルミネーションなどが有名ですが、春には多くの桜が咲き誇る人気のお花見スポットとなっています。桜の見頃は例年3月下旬〜4月上旬ごろとなっています。なんといってもジェットコースターや観覧車、ゴンドラから桜を眺める、一風変わったお花見ができるのが魅力です!夜は桜のライトアップもされるため、園内が幻想的な空間に包まれます。ライトアップは3月21日から4月7日の期間、日没後から20時にかけて行われます。
E3a0f3c5 f40d 4ccf 8286 433981791642
関連記事あり
【稲城市 観光】おすすめ5選!よみうりランドに稲城中央公園
9c9e390b 7c61 4c30 bae6 c30bdb085fc2
関連記事あり
【東京 遊園地】おすすめ22選!
9d98746d 9b16 4f55 bc08 8e16010fa40c

93780dea f5d7 45f3 888f 82f5b82a0ed3
6079efc4 e81f 4041 8359 ae46258e8cc1
C5469bd4 08d1 4564 b010 940aba8f30bc
2011年9月3日に開館した藤子・F・不二雄ミュージアムは、川崎市に深いゆかりがある漫画家、藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。開館日(9月3日)は藤子・F・不二雄氏の代表作「ドラえもん」の誕生日であり、施設内の至る所にはドラえもんのキャラクターが隠れています。 3階建てのミュージアムには、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」など様々な作品のカラー原画を常設展示している展示室Ⅰ、期間限定の企画展を開催している展示室Ⅱのほか、実際にまんがが読める「まんがコーナー」などがあり、まるごと藤子・F・不二雄作品の世界を体感できる場所になっています。 3階にあるミュージアムカフェの窓の外には屋上庭園が広がり、開放感たっぷりのカフェとなっています。ドラえもんのハンバーグやロールケーキなど、作品にちなんだオリジナルのメニューが楽しめます。 また、屋上スペースの「はらっぱ」は、キャラクター達に出会える絶好のフォトスポット。森に囲まれたお土産ショップもあり、ドラえもんの大好物「どら焼き」をはじめ様々なミュージアム限定商品が揃っています。1階のミュージアムショップでも来館記念にお土産を購入することができます。
4ef29623 6c8f 4c02 ba09 eb8ed742a511
魔界大冒険。石になったドラえもん
4.0
by airkingBronze名所
2017年10月30日