御燈能「土蜘蛛」周辺の百選

日付指定

日付を指定する
310c6cad f8ab 4ffa ba4e cd847390a4b9
小金井公園内にはサトザクラ、ソメイヨシノなど多種の桜が約1,700本植えられていて、お花見シーズンにはたくさんのお花見客で賑わいを見せます。中でも「桜の園」では、430本もの桜が3月下旬から4月下旬にかけて咲き誇ります。3月31日、4月1日には「小金井桜まつり」が開催され、30店以上の露店が立ち並びます。
小金井公園
東京都小金井市関野町1−13−1 小金井公園
東京都小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市にまたがる、都立小金井公園。敷地面積は約80haと都立公園の中でも最大規模で、日比谷公園の4.9倍、上野公園の1.5倍にあたります。公園内には6箇所の広い芝生広場、コナラ、クヌギ、アカマツなどで構成された16haの雑木林、桜の園、子どもの広場、SL(C57)展示、16面のテニスコートなどがあり、誰もが楽しめるお出かけスポットになっています。 小金井公園は「日本さくら名所100選」にも選ばれた、お花見の名所としても有名です。園内には、ヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなどのサクラが約1,700本植えられ、そのうち「桜の園」(2.9ha)では430本が一か月にわたり春を彩ります。また、隣接する玉川上水の堤のサクラ並木はヤマザクラが中心で、当初は元文~寛保年間(1736~1744年)八代将軍徳川吉宗の時代に植えられました。大正13年(1924年)、小金井の桜は国の名勝に指定されています。 その他、園内には広々としたバーベキュー広場やドッグラン、弓道場などもあり、また雑木林を中心に、四季を通じ多くの野鳥が飛来するためバードウォッチングにも最適です。四季折々の草花を鑑賞したり、スポーツで体を動かしたり、バーベキューを楽しんだりと様々な楽しみ方ができます。
A92c7218 e6ab 4942 9c5f a397eca06dc6
関連記事あり
東京「吉祥寺」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
Cfffcfb4 e800 46b8 866e 8d07bc7fd265