お花見バーベキュー! 第3回【循環農場のお肉や国産天然海鮮、但馬鶏~ 有機食材オーガニックBBQ~】周辺

エリア

全国
お花見バーベキュー! 第3回【循環農場のお肉や国産天然海鮮、但馬鶏~ 有機食材オーガニックBBQ~】 周辺

日付指定

日付を指定する
E1e353d3 d791 40b2 b7a9 ccbe024ffb4f
C7017197 4d90 4f56 9a26 9f083c7d9293
09b86b03 2a64 498e 93ea 2c040fffe50c
安土桃山時代に豊臣秀吉により築城され、江戸時代に修築された大阪城。現在の大阪城の天守は築城から三代目のもの。初代は豊臣秀吉が築いた大阪城の天守で五重六階地下二階、黒漆塗りの下見板張り、金箔瓦の望楼型(ぼうろうがた)天守。二代目の徳川秀忠が再建させた大阪城は豊臣時代の城跡に盛土をして建設され、五重五階地下一階、白漆喰塗籠、瓦葺(かわらぶき)の層塔型(そうとうがた)天守。現在の天守は大阪市民の寄付金により昭和6年(1931年)11月7日に竣工したもので五層八階(入口のある一階部分は地下)の造りとなっており、復興天守閣では初層から四層までは徳川時代風の白漆喰壁、五層目は豊臣時代風に黒漆に金箔のものとなっています。 天守の中は「大阪城天守閣」として重要文化財の「大坂夏の陣図屏風」(通称黒田屏風)などの所蔵品を展示しています。 ※望楼型は上下層が一体型ではない構造。層塔型は上下層が一体となっている構造。
0f1f58b7 890d 4427 8fbc 6bfe7ac02c54
大阪城 大阪城公園の桜
5.0
by DAN
2019年4月9日
大阪城公園(大阪城)の紅葉
11月上旬~12月上旬
大阪府大阪市にある「大阪城公園」。13棟の重要文化財をはじめ、多数の史跡や伝承地が点在し、梅林や西の丸庭園が四季折々の表情を見せる都市公園です。天守閣前の推定樹齢約300年の大イチョウ、公園東側の外周園路に約1km続くイチョウ並木、園内各所のケヤキ、モミジ、ハゼなどが例年11月上旬から鮮やかに色づき始めます。
6c03f9c1 d105 4fa3 a09d be5491e89735
大阪城公園の梅
2月上旬~3月中旬
大阪の中央に位置する大阪城公園は、総面積105.6haの広大な公園。天守閣内には貴重な歴史資料、美術品などが展示されている。大阪城二の丸東部分にある約1.7ヘクタールの梅林は、大阪府立北野高校の卒業生(六稜同窓会)が開校100周年事業として、22品種、880本を大阪市に寄付した事で、昭和49年3月に開園。現在では92種1,150本の梅があり、梅林を一望できる城址の高台からは大阪ビジネスパークの高層ビル群を背景に、鮮やかに紅梅、白梅のコントラストが美しい。
4fa557c5 8f80 41f4 bba5 ed9871f8d493
大阪城公園の桜
3月下旬~4月中旬
大阪市内に残る唯一の史跡公園で、広大な敷地に豊かな緑が広がる。天守閣は豊臣秀吉の築城後、戦火や災害で焼失したが、昭和6年に復元された。園内の西側にある外堀と内掘りに囲まれた西の丸公園を中心に、約4,300本の桜が楽しめる。また、西の丸庭園にはソメイヨシノを中心におよそ600本が植えられている。例年、4月上旬の1週間、「観桜ナイター」としてライトアップが行われ、天守閣を背景に美しい夜桜が楽しめる。
F54f68e0 3cd8 40b2 ab32 e96fe96a0c6a
関連記事あり
【大阪 クリスマス】おすすめお出かけスポット27選!
733dcd09 fe29 4673 aaf1 65975d456563
関連記事あり
【大阪 中央区 観光】おすすめ5選!大阪城、なんばグランド花月に道頓堀
3b22bfeb 703b 4f6c 8feb 4c0dc607a240

933ea33e 4c73 4a5e 9bc4 895e560fc4cb
〈本当の走る力をつけてほしい〉 あなたは、 『走るためには、脚を使って走る』と思っていませんか? であるとするならば、 あなたはケガや故障と隣り合わせで走っていることになります。 私はこれまで60日間で日本縦断3,000kmや320kmのウルトラマラソン、 サハラマラソンなどのアドベンチャーレーにチャレンジし、 走ることについて、毎日研究してきました。 街に出れば、たくさんのランナーに出会います。 いろいろなランナーがいますが、 多くのランナーが楽しそうじゃないことに気づきました。 一生懸命に走ることは悪いことではありません。 でも、それが空回りしていて、前に進まない。 進んでも、本人の頑張りに見合うだけの結果がでない。 そういったランナーがたくさんいます。 楽しそうに走り結果が出る人と、必死の形相でなんとかゴールする人と何が違うのか? 年間5,000km走り、多数の大会を完走し、 多くのランナーにご指導させていただいて、たどり着いたただひとつ大切なことは、 『結果を出すためのランニングフォーム』があるということです。 ランニングフォームとは、走る事の本質であり、基本中の基本です。 ですが、その基本を知らない人があまりにも多すぎる。 というのも、私たちは小さい頃からかけっこのランニングフォーム、 つまり短距離のフォームは習ってきましたが、 マラソンのような長距離のフォームは誰にも教わってきませんでした。 それが、フォームも何も考慮せず、とりあえずジョギングから始められ、 体力さえ付けば完走できると考え、練習をする。 明らかに非効率であり、無理があるフォームなのに。 ですから、レースの後半に足が動かなくなったり、怪我したり、 歩いたりしてしまうのです。 その点において、しっかりと長距離用のランニングフォームを身につけることは、 長くRUNと付き合うための最重要課題と言えるでしょう。 他方では、昨今、ウェアやシューズ、補給食など、 朝令暮改、少し前までいいと言われていたことも二転三転したりします。 ですが、自分の体で走るランニングフォームを身につければ、 一時の情報に惑わされず、ご自身の真の走るチカラとなります。 一旦身につけば、劣化することはなく、 むしろ走れば走れるほど、より走れる身体を醸成してくゆけるので、 一生モノの価値が有ることは間違いありません。 走っていて、楽しいですか? 走ることとは、苦しいことやしんどいことと思い込んでいませんか? タイムばかり気にして、肝心の足元はしっかりしていますか? あなた自身が知らなかったRUNの世界がここにはあります。 ■ この講義を受けると、 ・もっと楽に走れるようになります。 ・筋肉に頼るのではなく、自然な身体の動きにあったフォームになります。 ・余計な力を抜いて、周りの風景や声援を楽しむことができます。 ・しっかりと練習を積めば、レースの後半でも歩いたりせず、最後まで走れます。 ・正しい体の動かし方を身をもって体験し、1の力で5も10もの距離を走れます。 ・RUNの技術が上がります。 ・漠然と走るのではなく、具体的な練習方法を知ることができます。 ■ なぜ赤山なのか? 私もみなさんと同じ、一市民ランナー出身です。 特段優れた能力があったわけではなく、 学生時代は弱小サッカーチームのゴールキーパーでした。 そんな私ですから、最初は6km走っただけで「もう無理」と音を上げて、 ギブアップしました。 でも、そこからイチローや元オリンピック選手の伊東浩司選手の指導経験もある小山裕史先生が書かれた初動負荷理論の書籍を参考に、 来る日来る日も徹底的に自分の身体で研究を重ね、 素人の人間でも最後まで走りきるためのフォームを発見したのです! このフォームのおかげで、フルマラソンを3時間台で走ることはもちろんのこと、 60日間で日本縦断3,000kmや320kmのウルトラマラソン、 サハラマラソンなどのアドベンチャーレースも完走し、 そのうえ、毎日のように走り続けていますが、 ケガなど全くしたことがありません。 これはひとえに、 正しいフォームを身につけたから。 もちろん、 一般的なビルドアップやスピード練習、筋トレに効果がないとは言いません。 ただ、そういった雑誌やネットで取り上げられるような、 わかりやすい練習に取り組む前に、 正しいフォームを身につけることが何よりの近道なのです。 それを身につけず、上記のような練習をすると、 どこかでケガと対面することになります。 そうなる前に、まず基本中の基本である、 「ランニングフォーム」を身につけることなのです。 ■ この講義の特徴 指導者と言われる方は世の中にもたくさんいらっしゃいます。 でも、そういった方のほとんどがすでに第一線から退かれ、 実業団などのプロのランナー向けに教えている方々です。 そういったの今の数年前のタイムは4時間台後半だそうです。 現役のときに2時間台前半で走っていた人が、ですよ。 なぜ2時間以上もタイムが落ちるのでしょうか? それは現役のときにしていたようなハードな練習に体が耐えられなくなったからです。 言わば、このような方が勧める練習方法は、ケガのリスクを抱えた練習方法なのです。 ケガするために走っているのではないですよね? よしんば、そういった指導者に教えてもらったとして、 ごくごく普通のランナーである私達が、 幼少のときから走ってきたプロのランナーと同じ練習ができると思いますか? その練習ができても、その末路はケガに苦しむだけじゃないですか? 手前味噌ながら、私はまだ現役のランナーです。 フルマラソンのタイムも落ちるどころか、毎年向上しています。 ウルトラマラソンでも、その距離はどんどん伸びています。 自分でもまだ伸び代があることに嬉しく思うほどです。 そんなランニングフォーム、体験したいと思いませんか? この講義では、基本的な体の構造をお伝えし、長距離を走ることに特化したランニングフォームの実演をします。 参加者の方にもその場で体験していただけるので、実感しやすくなっています。 ■ 参加者の声 ・自分のフォームで改善すべき点が次々と見つかり、 今後のトレーニングで意識すべきことが本当に明確になりました。(30代男性・会社役員) ・初マラソンから9ヶ月の期間で2時間弱もタイムを縮めることができた。(40代男性・司法書士) ・ほぼ毎日6kmを走る習慣がつき、しかも、膝の痛みが全くなくなりました。 ふくらはぎが少し太くなったのも実感。(50代男性・脳科学者)