Green banner
素敵に、よりみち

春のアトリエ展2018周辺

エリア

日付指定

日付を指定する
Fe11f0a6 ca24 4439 ac86 403a87840d71
1b9145fd 765c 4770 be5c 8d6647491f0e
5b6e5e4a e739 4518 8e23 4284f6415db6
長らく人間のパートナーとして重宝されてきた馬。視野は350度におよび、30キロヘルツの音も聞き取れる聴覚を持つなど、非常にハイスペックな生き物です。 さて、根岸競馬記念公苑 馬の博物館では7月21日(土)から8月26日(日)まで、夏休みの自由研究にも役立つ馬の講座やワークショップなどを開催します。 図工が好きなら「馬にちなんだ立版古を作ろう」がおすすめ。立版古は絵を切り抜いて組み立てるもので、江戸時代から明治時代に流行しました。現代でいうペーパークラフトです。8月4日(土)は「馬車」製作で14時~16時頃(中学生以上20人)、5日(日)は「桃太郎」製作で13時半~14時20分頃と14時半~15時20分頃(各回小学生以下15人)の全3回開催。事前申込制で募集期間は7月20日(金)まで。 漫画で楽しく馬を学ぶ「学芸員と一緒にワークブックで馬について調べよう」は8月11日(土)、18日(土)、25日(土)の14時から14時40分頃まで実施。対象は小学1年生から4年生で定員20人です。こちらも事前申込制で募集期間は7月27日(金)まで。 8月12日(日)には「懐かしい紙芝居&折り紙の馬作りを体験しよう」を実施。13時半から15時半頃。相模原市立博物館の市民学芸員による紙芝居観賞と、指ではじくと1回転する馬の折り紙作りです。 乗馬デーは8月19日(日)です。13時半から14時45分頃。馬車の試乗会は0歳以上、ポニーの試乗会は3歳から小学生未満、馬の試乗会は小学生以上となります。また、毎週土曜の13時半から13時45分頃は「にんじんタイム」。自分の手で馬ににんじんをあげて、触れ合うことができます。