伊豆月ヶ瀬梅林梅まつり周辺

日付指定

日付を指定する
初春を真っ先に感じさせる花と言えば、やはり梅です。梅の花の開花を合図に、やがて桃の花が咲き、桜が咲き…。梅は春の訪れをいち早く知らせてくれる花なのです。昔から人々は、「梅が咲けば春はすぐそこ」と、すぐそこまで迫った春 の兆しに胸を躍らせました。ここ月ヶ瀬梅林は、1969年生産梅林として開園。伊豆市の月ヶ瀬地区の高台にある梅園です。伊豆半島で一番を誇る広さ約6.2ヘクタールの広大な敷地に 約1,500本の梅の木が植わっており毎年初春にはきれいな花で目を、収穫の時期 には梅の実で舌を楽しませてくれます。この梅園は梅の実を生産するための梅園 のため大部分が白梅です。品種は「南高」「白加賀」ほか10種類ほど。そんな白 梅の混じり所々にある紅梅が良いアクセントとなり、天気が良い時には梅園から 天城連山を眺めることができます。 ここでは毎年2月下旬に梅まつりが行われており、真冬の空に梅の花が雪景色のように美しく咲き誇り、早春の風を呼んでい ます。また毎年6月中旬には約10日間、観光梅の実狩りを開催しています。入場 無料とあって、天城連山を眺めながらピクニック気分で楽しめます。もぎ取った 梅の実は、1kgあたり400円で持ち帰ることができます。