Green banner

伊豆月ヶ瀬梅林梅まつり周辺

1e7878f1 9026 4916 8c5d 011b8719d43f
伊豆半島の中央部を横断するように広がる「天城山」。 万三郎岳、万二郎岳、遠笠山といった山々で構成された連山で、日本百名山のひとつにも数えられています。自然豊かな深緑の中にあるのが「旧天城トンネル」です。 明治38年(1905)に造られた、歴史的価値の高いトンネルとして有名です。手作業で石を積み上げる「切り石巻き工法」で築かれ、明治時代の職人技が随所に光ります。1986年には日本の道100選、1998年には登録有形文化財、2001年には国の重要文化財に指定。川端康成の短編小説「伊豆踊り子」の舞台としても登場しています。 もともと、周辺地域に住む人々にとってのライフラインとして活用されていた旧天城トンネル。1970年に「新天城トンネル」が完成したあとはお役御免となったものの、現在も一般公開されており、トンネル内を歩くことができます(暗いので懐中電灯は必携、山の奥深くにあるので夜間に訪れるのはおすすめしません)。 また、深緑に包まれているため真夏でも涼しく、晩秋には紅葉のスポットとしても有名です。毎年11月上旬〜下旬にかけて「天城越え紅葉まつり」が開催され、トンネル内に提灯なども飾られます。