三峰山霧氷まつり周辺の動物園

兵庫県神戸市灘区ある「神戸市立王子動物園」。ジャイアントパンダとコアラを同じ園内で見ることができる唯一の動物園で、世界各地の約130種800点の動物が飼育されています。キリンと同じ目線で見られる「きりんテラス」や、トラやライオンなどのいる「円形猛獣舎」が人気です。
178c36b2 725a 4dc0 a983 323954df1473
愛知県田原市の農業をテーマにした体験型テーマパーク「サンテパルクたはら」。ウインナー作り、アイスクリーム作り、パン・お菓子作りなどの体験のほか、新鮮な農畜産物の直売所など大人から子供まで楽しめるテーマパークです。また、小動物園、ポニー牧場、ミニアスレチックなど、体験以外にも子供が楽しめる施設が満載です。そのほか、サンテガーデンでは春はチューリップ、夏はひまわりなど、いつ訪れても四季の花々が大変綺麗に咲き揃っています。
サンテパルクたはらのチューリップ
3月中旬〜4月中旬
愛知県田原市の農業をテーマにした体験型テーマパーク「サンテパルクたはら」。ウインナー作り、アイスクリーム作り、パン・お菓子作りなどの体験のほか、新鮮な農畜産物の直売所など大人から子供まで楽しめるテーマパークです。また、小動物園、ポニー牧場、ミニアスレチックなど、体験以外にも子供が楽しめる施設が満載です。 サンテガーデンでは春になると、サンテガーデンを中心に約6万本のチューリップが咲き誇ります。毎年3月中旬頃から4月中旬にかけて「チューリップフェア」が開催されており、八重咲きやフリンジ咲きなど、色鮮やかなチューリップを楽しめるスポットです。
サンテパルクたはらのひまわり
7月中旬〜8月中旬
愛知県田原市の農業をテーマにした体験型テーマパーク「サンテパルクたはら」。ウインナー作り、アイスクリーム作り、パン・お菓子作りなどの体験のほか、新鮮な農畜産物の直売所など大人から子供まで楽しめるテーマパークです。また、小動物園、ポニー牧場、ミニアスレチックなど、体験以外にも子供が楽しめる施設が満載です。 夏になるとサンテパルクたはらのサンテガーデンでは、夏の花を代表するひまわりが青い空のもと咲き誇ります。数種類のひまわりが咲いているので、種類ごとの見比べも楽しい。
1283b731 502a 4e3b 9a17 fe88ce9e7ec4
Fe55e7fa 76b9 4eca be5d 2b6e340e8d14
82dce5db b3c6 4860 a499 2fe03d4b4403
東山動植物園は動物園と植物園、そして遊園地からなる名古屋屈指の観光スポットです。 動物園エリアでは、キリンやゾウなど約500種の動物に出会えます。展示動物の種類数は日本一、入園者数は東京の上野動物園についで2番目に多く、日本を代表する動物園です。世界のメダカを集めた「世界のメダカ館」、可愛いコアラがいる「コアラ舎」などたくさんの見どころがあります。   動物園エリアの人気者といえば、イケメンゴリラとして有名な「シャバーニ」。シャバーニをはじめとするニシローランドゴリラとチンパンジーは、2018年9月から新しく公開されるゴリラ・チンパンジー舎に引っ越し、オープンに備えているため現在展示休止中。「アフリカの森エリア」につくられたゴリラ・チンパンジー舎では、高さ日本一のゴリラタワーなどが設置され、ゴリラの樹上生活の様子を観察できるようになるそうです。 植物園エリアには約7,000種もの植物が展示され、温室や季節ごとに様々な花を楽しめるお花畑などがあります。植物以外にも昭和 31 年に岐阜県白川村から移築された「合掌造りの家」や、旧尾張藩の武家屋敷から移された門など、趣ある古建築なども見ることができます。 2006年に制定された「東山動植物園再生プラン」に基づき、リニューアル工事が進められている東山動植物園。新しい見どころも増え、ますます楽しみなスポットです。
名古屋市千種区にある東山動植物園は、動物園、植物園、遊園地がある名古屋市営のレジャー施設ですが、四季折々の花が楽しめます。
by GAYOSHITop user
2018年7月24日
852d1c84 3982 42fa bb10 4d56d72712c2
9e1014b8 cd43 44b9 b91c 165ac922d587
3c5e8371 ecf9 46ba 99d6 e5ced1849f20
静岡県富士宮市のまかいの牧場。 富士山のふもとの広大な敷地で動物とのふれあい体験、農業体験が行えます。 乗馬などの動物とのふれあい、乳搾り、バター作り、アイスクリーム作りなどの食の体験のほか、ネイチャークラフト、陶芸教室、ウールを使った体験など、体験の種類は様々です。また、貸し農園の設置や芋や野菜などの収穫体験もできるので親子で農業体験を味わいましょう!ちなみに、まかいの牧場の「まかいの」はオーナーの苗字だそうです!
四季折々の季節の対象物と富士山で撮れる! いつも何かステキな事がある!
by Takashi Shinkai
2018年7月6日
8327fa65 1582 4470 a352 3929fe6c1973
裾野市の観光スポットの定番「富士サファリパーク」。テレビで放映されるCMを目にした方も多いのではないでしょうか。標高850mに位置する富士サファリパークは、通常とはテイストが違う動物園として人気を集めています。東名高速道路「裾野IC」から約15分。入り口で料金を支払い、そのまま自分の車に乗ったままサファリゾーンへ。通常は歩きながら檻越しに観察しますが、富士サファリパークでは自分の車からのびのびと暮らす動物たちの姿を観ることができるのです。もちろん、マイカーがない場合は専用バスに乗ることもできるのでご心配なく!東京ドーム約16個分の広大な敷地面積を誇るサファリゾーン。クマゾーン、ライオンゾーン、トラゾーンなど、7つのエリアに分けられており、世界中から集まった約30種類の動物たちが自由に暮らしています。マイカーで気軽に移動するのも良いですが、よりスリル感を味わいたいなら専用バスに乗る「サファリツアー」の利用がオススメ。ライオンやクマなどに網越しに餌をあげることもでき、スリル満点です。そのほか、ふれあいゾーンでは、カンガルー、カピバラ、ハムスターなど、たくさんの動物たちと直接触れ合えます。ちなみに、富士サファリパークは夜間も営業。夜行性のライオンやトラが活発に動き回る姿を観ることもできますよ。