MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958周辺

エリア

全国
MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958 周辺

日付指定

日付を指定する
Ec4a3f5a cb8f 44e2 9138 9a4c48b26261
96594d7b a435 4b75 8b5c eb11e6bfd811
701e6db1 31e6 4df5 8cd0 a887b7e82d9b
川崎市中原区の等々力緑地内にある川崎市市民ミュージアムでは、2018年の11月10日から2019年1月14日まで、「ビッグコミック50周年展」を開催します。『ビッグコミック』は1968年に創刊した小学館のマンガ雑誌で、「大人のコミック誌」という分野の草分け的存在です。 その創刊号には、手塚治虫をはじめ、『サイボーグ009』やテレビドラマの原作にもなった『HOTEL』で知られる石ノ森章太郎、『サスケ』『カムイ伝』で有名な白土三平、現在同じ市民ミュージアムで展覧会が開かれている『ゴルゴ13』のさいとう・たかを、そしてNHKの朝の連ドラのモデルにもなった『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるの5人が作品を載せています。 『ビッグコミック』50年の軌跡 今回の展覧会では、創刊号から現在に至るまでの掲載作品の原画や複製原画が約320点、その他歴代の『ビッグコミック』本誌など資料・雑誌など1,000点以上が展示されています。担当学芸員も「出しすぎたかな」と言うくらい原画・複製原画がびっしり並びます。その漫画に込められた作者の想いや熱さ、勢い、さらにその漫画が掲載された頃の世相や人々の意識なども、感じることが出来るのではないでしょうか。 今も進み続ける『ビッグコミック』 現在では巨匠となった多くの漫画家を輩出した『ビッグコミック』ですが、現在もなお読者を掴む多くの作品が掲載されています。『沈黙の艦隊』のかわぐちかいじが『空母いぶき』を、映画化もされた『岳』で知られる石塚真一が『BLUE GIANT SUPREME』を連載しています。彼ら、現在連載中の作家の原画も展示されます。 11月25日にはトークイベント開催 11月25日(日)の15時から16時まで、市民ミュージアム内1階の映像ホールで、「星野之宣×諸星大二郎 ~ふたつの宇宙、その中心に迫る~」と題したトークイベントが開催されます。司会はマンガコラムニストの夏目房之介さんです。HP内の申込フォームから11月15日までにお申し込みください。なお、当日の展覧会観覧券が必要です。 市民ミュージアムと漫画 川崎市市民ミュージアムは、特定の人しか触れることのできないたった一つの「芸術品」ではなく、市井(しせい)にある、みんなの周りにある「大衆芸術」、漫画やポスター、ビデオや映画など「複製芸術」に着目しているユニークなミュージアムです。 そして、日本の公立館で初めて漫画分野の収集・展示をおこなっていて、6万点に及ぶ資料を収蔵しています。
123eb786 46cd 4818 ba8b afc533402eb1
06a83053 6690 4113 8b19 de1e156f0534
7e9cc769 6400 4eb8 b201 6ba4090efe76
川崎市中原区にある、川崎市市民ミュージアムでは「開館30周年記念・収蔵作品名品集 新藤兼人特集」を10月6日から開催しています。 映画監督、脚本家として知られる新藤兼人は、1950年に日本の独立プロダクションの先駆けの一つである「近代映画協会」を設立し、作家の独立性と自由な創造活動を追求し、社会性の強い作品を精力的に作り続けました。 今回の「新藤兼人特集」ではその系譜に沿った作品が10作品、市民ミュージアムの所蔵フィルムを中心に上映されます。会場は市民ミュージアム内の映像ホールです。 上映作品 原爆の子:1952年/モノクロ 近代映画協会の自主製作作品第一号 どぶ:1954年/モノクロ 高度成長期前の社会の片鱗を鋭く切り取った野心作 狼:1955年/モノクロ 戦後不況の中の市民を描いた社会派ドラマ 人間:1962年/モノクロ 野上彌生子の「海神丸」が原作。西伊豆でのオールロケーション作品 母:1963年/モノクロ 戦後の広島を舞台に女性の人生を描く 裸の十九歳:1970年/モノクロ 連続射殺事件を起こした永山則夫をモデルにした作品 讃歌:1972年/カラー 谷崎潤一郎の「春琴抄」を原作にした作品 心:1973年/カラー 夏目漱石の「こころ」の第3部「先生と遺書」を一つの物語として独立させた作品 三文役者:2000年/カラー 俳優、殿山泰司の人生を映画化。近代映画協会の創立50周年記念作品 一枚のハガキ:2011年/カラー 自身の戦争体験を元に描いた反戦ドラマ。98歳の日本現役映画監督最高齢での作品 スケジュール 会期期間中の土曜日と日曜日のみの上映です(一部休映日あり)。チケットは当日券のみ、10時から15時まで(12時から13時は休止)の販売。各回定員に達し次第、販売終了です。定員は270人。
5bfeb4cd 78b1 4d35 a121 78e6a609185c
0326e4e4 b14f 47b4 a87e 809f6acb9e0d
Fc0582a7 d7d6 4ff8 b2e0 10766cd56fda
「用件を聞こうか・・・・・・」 〝連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか・・・・・・” が9月22日(土)から、川崎市中原区にある川崎市市民ミュージアムで開催されています。 さいとう・たかをさんが描く、孤高の超A級スナイパーを主人公とする劇画「ゴルゴ13」。「ビッグコミック」(小学館)への連載は1968年11月から始まり、総発行部数は2億部を超え、コミック界において連載最長記録を更新中です。 初公開の原画やモデルガンなど 今回の特別展は大阪、盛岡に続き開かれるもので、初公開となる貴重な原画の数々や、さいとう・プロダクションが所有する門外不出のモデルガンなどが展示されています。 また、ゴルゴ愛用の銃「アーマライトM16」体感コーナーや、「ゴルゴ13」が生み出される仕事場の再現コーナーも。 会期は11月30日(金)までです。期間中は、様々な関連プログラムが開催されます。 関連プログラム 劇場版アニメーション「ゴルゴ13」上映会 9月30日(日) 11時~/14時~ 1F映像ホールで各回270人。当日先着順の自由席です。鑑賞券は一般600円、65歳以上・大高生500円、小中学生400円です。当日10時より1F受付で販売開始。 開館30周年記念特別イベント さいとう・たかを サイン会 11月3日(土・祝) 13時~ 当日ミュージアムショップで特別展図録(税込2,000円)を購入した方、先着100人に整理券を配布します。目の前でさいとう・たかをさんが直筆サインを書き入れる貴重な機会です。 レアリア読者5組10人 鑑賞券プレゼント! 鑑賞券ご希望の方は、下記のフォームに必要事項を記入して送信してください。締め切りは10月30日(日)です。 [contact-form-7 id="38701" title="読者プレゼント_ゴルゴ13"]