Banner

万葉癒やし空間19~万文コンサート~トリオ~周辺

手仕事iroha*~絵本であそぼう&クラフトマーケット~

奈良県高市郡明日香村立部745 明日香村健康福祉センターたちばな
徒歩16分(1.27km)
2018年5月27日(日) 10:00〜16:00
毎年2回のペースで開催させていただいている『手仕事iroha*』、今回も春の開催が決定いたしました♡ 午前中は楽しい親子あそび( ´∀`)ベビーサインを取り入れた手遊びやお歌、絵本の読み聞かせなどの楽しい企画です🎵 毎回大好評の手形スタンプ、今回もやります(≧▽≦) 午後は手仕事iroha*のクラフトマーケット♡ 決まっている出店予定は下記の通りです wsはワークショップあり ✳hobby space(ハーバリウム)ws ✳アートなお花aomoku(レジンアクセサリー)ws ✳Off Beat(レザークラフト)ws ✳perhe(麻かごバッグ、フエルト小物、雑貨) ✳サンドマニア(サンドイッチ) ✳norikoboxx(けしごむはんこ)ws ✳すまいる(おひるねアート) ✳iroha*(アイシングクッキー)ws 午前の部の参加者には午後のおひるねアート参加チケットプレゼント♪ お好きな体験レッスンを受けたり、好みにあった体験や雑貨に出会えるかも☆ 午前のみ、午後のみの参加もOK♡ (午前の部のみ下記より事前お申し込みをお願いします。 https://ws.formzu.net/fgen/S20587572/ 午後のマーケットに出展したい方も募集中です(*´∇`*) 興味がある方はお問い合わせください☆ 手仕事iroha*~絵本であそぼう/クラフトマーケット~ 1018年5月27日(日) 明日香村健康福祉センターたちばな 二階 ☆午前の部 10時~11時半 ごろ 参加費2500円(午後の部で使える500円券、おひるねアートつき) ☆午後の部 12時~16時ごろ ワークショップやクラフト出店 (体験料は各ブースによります) 午前の部のみ下記より事前お申し込みをお願いします。 https://ws.formzu.net/fgen/S20587572/ 午後の部は出入り自由でお好きなマーケットやワークショップをお楽しみください。 ※駐車場ございますが限られておりますのでなるべく乗り合わせてお越しください ※会場のお部屋は飲食禁止ですが、1階に休憩できるスペースがあります。 ベビーちゃんやお子さんと、お友だちと、お一人様でも…みなさまぜひぜひご参加くださいね(≧∇≦)
F1f4aa89 0df2 48b7 a115 bcd950afa954

藤原京跡の桜と菜の花

奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
車8分(3.12km)
4月上旬〜4月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
334ccefc 33b1 48b3 b6eb dd3f7045a046

藤原京跡のキバナコスモス

奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
車8分(3.12km)
7月下旬~8月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。

藤原京跡の蓮

奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
車8分(3.12km)
7月下旬~8月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。