企画展示「結び展-むかしのべんりな結び30-」周辺

エリア

全国
企画展示「結び展-むかしのべんりな結び30-」 周辺

日付指定

日付を指定する
29deac08 d5f6 45c8 ad3c 4cfb266a227c
Aca54236 3929 4da8 9637 012c242cc7b9
0245d74b 3747 4e34 afa6 1b0be6ad609d
 川崎市立日本民家園(多摩区)で3月30日(土)と3月31日(日)、桜の開花に合わせたイベント「夜の民家園」が行われます。  普段は開園していない夜間に古民家と桜をライトアップする毎年恒例の催し。当日は開園時間を20時まで延長します(入園は19時45分まで)。宿場エリアと信越の村エリアで、昼とは違った幻想的な園内の様子を楽しむことができます。  17時ごろからは先着100人に提灯の貸出が行われます(雨天中止)。提灯を頼りに夜の民家園を散策するのも、風情があって楽しそうです。 床上公開 30日・31日 15時30分~19時45分頃 宿場・信越の村エリアの古民家 一部古民家の囲炉裏に、ボランティアの方が火を入れてくれます。火の入った囲炉裏は本来の姿を取り戻し、力強く暖かい明りで室内を満たします。床上に上って体感してみてください。 夜なべ仕事の実演 30日・31日 17時~19時45分 旧江向家 民具製作技術保存会による夜なべ仕事の実演が行われます。わら・竹細工の製作実演や、糸紡ぎの実演など、かつて実際に各家庭で行われていた夜なべ仕事を見ることが出来ます。 万華鏡のむかし話 30日のみ 18時~18時30分 旧佐々木家 多摩区ストーリーテリング「おはなし万華鏡」の皆さんによる、むかし話が開催されます。古民家の囲炉裏端で聞く昔ばなしの魅力を感じてみてください。 この他にも、 夜の古民家カフェ 30日・31日 15時~19時30分 旧原家 桜の壺花撮影スポット 30日 17時~/31日 終日 などのイベントも開催されます。むかしの生活に思いを寄せながら、夜桜を堪能してみてはいかがですか?

593719f6 f7a8 49c1 952e 68610b779192
川崎市多摩区の生田緑地内にある「川崎市立日本民家園」、急速に消滅しつつある古民家を永く将来に残すことを目的に、昭和42年(1967年)に開園した古民家の野外博物館です。 日本民家園では、東日本の代表的な民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・高倉・歌舞伎舞台など25件の建物をみることができます。いずれも文化財指定を受けた貴重な建築であり、うち7件は国指定重要文化財にも指定されています。古民家は江戸時代の古民家を中心に北は岩手・南は鹿児島まで25件を移築復原され、地域や年代による建物の構造、工法の違いを比較することもできます。 文化財指定を受けた貴重な古民家のほか、園内では本館の展示室の見学などができます。ぜひ見ておきたいのが、日本民家園の西門も兼ねている「伝統工芸館」。川崎市の紺屋の技術を継ぎ、8基の「藍がめ」を管理して、藍染め体験(有料)やミニ展示、講座などを行っています。中でも無地のハンカチに模様をつけられる、藍染め体験は人気のアクティビティ。団体・講習会などの対応などで藍染め体験の受付ができないこともあるとのことなので、事前予約がおすすめです。

332b7331 22bf 4d01 b563 f81d61d62b2b
8cb10e34 c864 4d1e 91ad 2a4773de2bf5
Spot noimage
生田緑地は昭和16年(1941年)に都市計画決定された都市計画緑地で、約180haの面積を誇る川崎市内最大の都市公園です。多摩丘陵の起伏がある地形にクヌギ・コナラを中心とした雑木林や、谷戸部の湿地、湧水等の貴重な自然資源が残されており、かつての里山環境や、周辺の農地、樹林等と一体となった美しい風景が今に引き継がれています。 生田緑地内では、春には桜、初夏にはハナショウブ、秋には美しい紅葉など、四季折々の自然を感じることができます。見どころの一つは、春と秋に開園するバラ園。春は約530種4700株、秋は約440種4000株のバラが咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませています。また、6月中旬には約2,800株のハナショウブが見ごろを迎える、ショウブ園もおすすめです。 そのほか敷地内には岡本太郎美術館、日本民家園、青少年科学館という個性ある文化施設やゴルフ場など多様な施設があり、見どころ満載です。
User default image
花菖蒲 見頃を狙ってみました。
4.0
by ブルーライオン
2018年6月3日