Banner

庭園ヨガから近い

テーマ

未指定

清澄庭園

東京都江東区清澄3丁目3−9
徒歩0分(8m)
大泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」の清澄庭園。江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716年~1736年)に下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、庭園の原型が造られました。その後、明治11年(1878年)、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎が、この邸地を含む約3万坪の敷地を取得し、明治13年に「深川親睦園」として開園。社員の慰安や貴賓を招待する場所として利用されました。「深川親睦園」として開園後も造園の工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ筑山や、全国から取り寄せた名石を庭園内に配置して、「回遊式林泉庭園」の清澄庭園が完成しました。 岩崎家は関東大震災の翌年の大正13年(1924年)に清澄庭園の東側半分を公園用地として東京に寄付し、現在に至ります。 また、清澄庭園は昭和54年(1979年)3月31日に東京都の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 大泉水 清澄庭園の中央に備わる大泉水。中の島、鶴島、松島の三つの中島を配した広い池です。水面に島や数寄屋造りの涼亭が備わっています。以前は隅田川から水を引いていたため、潮の干満によって池の水量が変わっていたようです。現在の大泉水は雨水を貯めて造られています。 名石 伊豆磯石、伊予青石、紀州青石、生駒石、伊豆式根島石、佐渡赤玉石、備中御影石、讃岐御影石などの庭石が清澄庭園内に据えられています。このほか、敷石や橋、磯渡り、枯滝の石を含め、園内には無数の石が配置され、さながら「石庭」の観を呈しています。 富士山 清澄庭園で最も高い築山。(登ることは禁止)ツツジとサツキが植えられているので毎年5月頃には大変綺麗な色に染まります。 涼亭 池に突き出るようにして建てられた数寄屋造りの建物。明治42年(1909年)に国賓として来日した英国のキッチナー元帥を迎えるために岩崎家が建てたものです。現在では集会所としての利用が可能になっています。 大正記念館 大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したものです。大正記念館も集会所としての利用が可能になっています。