Green banner

風景画の世界-万葉文化館コレクションより-周辺の花・自然

日付指定

日付を指定する
334ccefc 33b1 48b3 b6eb dd3f7045a046
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
E7a4698a 1024 4d5d ae1a fce5fc5e6ed7
奈良県の北東部に位置し、宇蛇川の上流にある大宇蛇町にある巨木は、NHKの大河ドラマ「葵・徳川三代」のオープニングに登場し、一躍有名になった桜。樹齢約三百年、樹高十三メートル、幹回り約三メートルほどのシダレザクラで、地元では「瀧桜」とも呼ばれている。この桜の名前の由来になった戦国時代の武将、後藤又兵衛は、地元の言い伝えでは大阪夏の陣で豊臣方についたが、敗退し再挙兵の希望を持ちながら城中より逃げ落ち、紀州を廻って知人を頼り、当地の大宇蛇へたどり着いたという。傷を癒し豊臣家の再興を待ったが、後に僧侶になり晩年を過ごした。地元の後藤家の屋敷跡に桜が生えていることから現在の名が付いたという。だが、歴史的には大阪夏の陣の初日に、道明寺河原で銃弾に倒れ、その生涯を閉じている。では、実際にこの地へと来た又兵衛とは誰なのか、地元では言い伝えなので確証は取れないが、近くにある薬師寺には又兵衛の墓までも存在する。それは源義経伝説のように、死なせたくないという民衆の願いがそのまま彼を生き返らせ、この地に根づかせたのかもしれない。そんな過去も忘れさせるように桜はライトアップされ、滝のような垂れが妖艶に浮かび上がる。