風景画の世界-万葉文化館コレクションより-周辺の花・自然

日付指定

日付を指定する
334ccefc 33b1 48b3 b6eb dd3f7045a046
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原宮跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
2ad7c4f1 c3c0 45e6 a79f d0b2fdb0bcff
関連記事あり
【関西 菜の花】おすすめスポット4選!
E7144218 0160 4c5c b8d8 9ba8f27193f3

藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原宮跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
2ad7c4f1 c3c0 45e6 a79f d0b2fdb0bcff

藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原宮跡
奈良県橿原市醍醐町 藤原宮跡
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
2ad7c4f1 c3c0 45e6 a79f d0b2fdb0bcff

47790f10 9f88 48de b2af dacfc0ad22aa
談山神社というネーミングの由来は、藤原鎌足が中大兄皇子と蘇我入鹿を滅ぼすための謀を談じた山にあることからといわれている。現代風にいえば、“大化の改新談合の地”ということになろうか。木造としては現存する唯一の十三重塔をはじめ、三間社春日造りの本殿ほか、朱塗りの華やかな社殿が立ち並ぶ。境内は桜と紅葉の名所として知られ、春は約500本のヤマザクラやソメイヨシノが咲き誇る。神社のある多武峰は、近世から吉野・長谷につづく桜の名所として知られ、境内に点在する社殿と桜との調和の美しさは多くの人が認めるところ。また、桜井市指定の天然記念物で樹齢600年の名木・ウスズミザクラも一見の価値がある。桜が見ごろとなる4月第2日曜に春の大祭とも呼ばれる神幸祭が行われ、4月29日には優雅な蹴鞠会も披露される。