0歳からの音楽で気軽に楽しく本物体験!親子で楽しむ本格コンサート!(岡本好文園ホール)周辺の花・自然

日付指定

日付を指定する
224b437d 4587 4208 8f7f 9191e3643d2d
兵庫県神戸市にある六甲高山植物園は、六甲山の山頂付近、海抜865mに位置する。北海道南部に相当する気候を利用して、高山植物を中心に、世界の寒冷地植物など約1500種が栽培されている。イロハモミジ、オオモミジをはじめとするカエデ類や、ブナ、カラマツ、シロモジ、ツツジ類が、例年10月中旬頃から色づき始める。園内を錦絵のように鮮やかに染め上げ、11月中旬頃まで見頃が続く。例年、園内の紅葉をライトアップイベントも開催しており、今年は紅葉のライトアップイベント「夜の紅葉散策」を、神戸・六甲高山植物園で2018年10月19日(金)から11月11日(日)まで開催。夜のモミジ散策を楽しめる。
12fef4d8 d8da 41bb b1ae 3a32bdf54a2c
56456f1e db32 43b6 823b 260e456200e6
Cb4f898a a5be 4a8f afe1 1787c8a3fb1b
ジャイアントパンダとコアラを同じ園内で見ることができる唯一の動物園で、世界各地の約130種800点の動物が飼育されている。キリンと同じ目線で見られる「きりんテラス」や、トラやライオンなどのいる「円形猛獣舎」も人気だが、桜の名所としても有名で、約480本のソメイヨシノが一斉に花を咲かせると、多くの花見客でにぎわう。なかでも園内にある国指定重要文化財の異人館「旧ハンター住宅」周辺に咲く桜が見事。神戸の開花情報に使われる標準木もあり、開花の時期が近づくと、市民の“なんちゃって開花予想士”が、熱心に観察する姿も見られる。また、4月上旬の3日間、「夜桜通り抜け」が閉園後の園内で開催される。この「夜桜通り抜け」は1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災で被災された方々を励ますために、1998年(平成10年)から始まった。昼間の可憐な薄ピンク色と異なり、ライトアップされた夜の妖艶な桜の表情も魅力いっぱいだ。
神戸の王子動物園には動物の顔を模した可愛いゴンドラの観覧車があるのですが、それを満開の桜越しに撮ってみました。
by Tsutomu Kawaguchi
2018年4月30日
Ce06137c d8f7 42f5 a277 878763ddf84e
C97e1624 363f 4fa3 a899 4fc31a26e610
Af82d2b1 98ff 4d66 a1e4 be8334b7270e
六甲山系は明治中期までは、大部分がはげ山だったが、それが先人の努力により、現在の緑豊かな森林に育ってきた。昭和15年から整備がすすめられてきた森林植物園は、六甲山の緑化をすすめるためのシンボルとして建設されたもので甲子園球場の35倍以上という国内最大級の植物園。園内には六甲山をはじめ日本の代表的な樹木や世界各地の樹木を、原産地別に約1,200種が植栽されている。また、六甲山系にはたくさんのあじさいが自生していることもあり、園内にある「あじさい園」は名所としても有名でヤマあじさい、エゾあじさいなど20種類以上、約5万株のあじさいを栽培。西日本では、もっとも人気のあるあじさいスポットでもある。
カラフルな紫陽花が咲き乱れます。 ちょっと遠いけど・・
by へなちょこTop user
2018年6月26日