第18回小さな町の小さなカーフェスタ周辺のバラ

日付指定

日付を指定する
220a2808 0db3 48b2 b21c 391d4e5bf127
65c40538 5156 4c67 bd97 bd161a253881
D48d3cfe 3b67 454e 946c a22ea27a088c
北陸地方では唯一の国営公園で越後の豊かな自然に恵まれた園内には、雪割草、カタクリ、チューリップ、ばら、コスモス、そしてさまざまな山野草が四季を通じて咲き誇る。毎年、6月になると574品種2,200株のバラが咲き誇る。園内の「香りのばら園」は各テーマに沿った7エリアに分かれている。モダンローズを主に植栽している「香りのエリア」、「色彩のエリア」、「殿堂入りしたばらのエリア」と、古代ばらの栽培品種の系統がご覧いただける「原種・オールドローズのエリア」、日本の野生ばらのみを植栽している「日本の野生ばらのエリア」、「ばらと草花のエリア」、国際香りのばら新品種コンクールの「試作場のエリア」で構成されている。
早朝のバラ園は香りが違う。
by リゲル
2018年6月2日
園内は約30ヘクタールの広大な花と緑の公園です。88品種2,670株のボタン園、5,000㎡、100万株が自生しているシャガ園、3,500株あじさい園など四季を通じてダイナミックに魅力を楽しむことができます。そのほかにも、やまゆり園、ダリア園、福寿草園など見どころ満載です。また、フラワードームにリニューアル改装中の大温室や展示栽培温室といった施設や、花のすべり台やアスレチックもあり、ご家族みなさんで楽しめます。請約書にご記入いただければ、ペット連れでの入園も可能。花と緑の相談や定例園芸教室なども来園者に人気です。 茨城県フラワーパークのバラは、世界中のバラを集めた約800品種30,000株。バラは茨城県の県花でもあり、毎年5月中旬から6月中旬にかけて行われる「バラまつり」は大変盛り上がります。1年に春と秋の2度あるバラのシーズン。春バラは一斉に花が咲き始めるため、園内の雰囲気も一斉に明るくなります。
415af47e 7575 4351 a1bc 3500863e63d9
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 ぐんまフラワーパークのバラはイギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、日本と世界各国の香りをテーマにした約400品種1,600株。サントリーフラワーズが開発した奇跡の青いバラ「アプローズ」、ベルサイユのバラシリーズなど、様々な種類のバラもぐんまフラワーパークを訪れれば一度に観賞できる点は嬉しい。
ぐんまフラワーパーク
群馬県前橋市柏倉町2471−7 ぐんまフラワーパーク
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。
東武トレジャーガーデンのネモフィラ
4月上旬〜5月上旬
東武トレジャー ガーデンは、分福茶釜の伝説で有名な茂林寺、県指定天然記念物の茂林寺沼低地湿原、数多くの野鳥が生息する広大な野鳥の森に囲まれています。また、近隣には群馬県立つつじが岡公園もあり、開園期間中は自然の持つ高い癒しの力を求め多くの人が訪れる。約80,000平方mの園内には、ピンク系の芝桜25万株が植栽された「芝桜のガーデン」は色鮮やかなピンクのグラデーションを構成。ガーデン内を歩くたびに変化する景観をこころゆくまで楽しめます。さらにネモフィラ等22万株の花々が咲く「青のガーデン」があり、また、宿根草をメインに季節ごとに移り変わる花々と、歩みを進めるたびに異なる景色が現れるガーデンで、延べ1,000m超で幅3mの「ロングボーダーガーデン」と約750株のバラが7つのシーンに分かれて華やかな庭園の「水辺のRoseガーデン」があり、花と緑があふれる施設として楽しめます。
東武トレジャーガーデンの芝桜
4月上旬〜5月上旬
東武トレジャー ガーデンは、分福茶釜の伝説で有名な茂林寺、県指定天然記念物の茂林寺沼低地湿原、数多くの野鳥が生息する広大な野鳥の森に囲まれています。また、近隣には群馬県立つつじが岡公園もあり、開園期間中は自然の持つ高い癒しの力を求め多くの人が訪れる。約80,000平方mの園内には、ピンク系の芝桜25万株が植栽された「芝桜のガーデン」は色鮮やかなピンクのグラデーションを構成。ガーデン内を歩くたびに変化する景観をこころゆくまで楽しめます。さらにネモフィラ等22万株の花々が咲く「青のガーデン」があり、また、宿根草をメインに季節ごとに移り変わる花々と、歩みを進めるたびに異なる景色が現れるガーデンで、延べ1,000m超で幅3mの「ロングボーダーガーデン」と約750株のバラが7つのシーンに分かれて華やかな庭園の「水辺のRoseガーデン」があり、花と緑があふれる施設として楽しめます。
6c2cf2e9 134f 4077 877e 6d58544c8a64
東武トレジャーガーデンのバラ
5月上旬~6月下旬
東武トレジャー ガーデンは、分福茶釜の伝説で有名な茂林寺、県指定天然記念物の茂林寺沼低地湿原、数多くの野鳥が生息する広大な野鳥の森に囲まれています。また、近隣には群馬県立つつじが岡公園もあり、開園期間中は自然の持つ高い癒しの力を求め多くの人が訪れる。約80,000平方mの園内には、ピンク系の芝桜25万株が植栽された「芝桜のガーデン」は色鮮やかなピンクのグラデーションを構成。ガーデン内を歩くたびに変化する景観をこころゆくまで楽しめます。さらにネモフィラ等22万株の花々が咲く「青のガーデン」があり、また、宿根草をメインに季節ごとに移り変わる花々と、歩みを進めるたびに異なる景色が現れるガーデンで、延べ1,000m超で幅3mの「ロングボーダーガーデン」と約750株のバラが7つのシーンに分かれて華やかな庭園の「水辺のRoseガーデン」があり、花と緑があふれる施設として楽しめます。