ラ・スイート エレガントマナーセミナー「魅惑のホームパーティー おもてなし術」周辺の御朱印

日付指定

日付を指定する
2f4a5f24 9d9e 4882 9394 3cb3eaaa1cc5
95c425d7 d9f9 4543 9725 1f8fab9d4b2c
Spot noimage
京都市伏見区深草にある「藤森神社」。5月5日に行われる駈馬神事や菖蒲(しょうぶ)の節句の発祥地として有名な神社です。今から約1800年前に、神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深い神社でもあります。本殿は正徳2年に中御門天皇より賜ったものです。   藤森神社は日本書紀の編者であり、日本最初の学者である舎人親王を御祭神としてお祀りしていることから、勝運・学問の神社として信仰されています。また、5月5日に行われいる藤森祭に奉納される駈馬神事が馬の神事であることで、馬の神社としても有名で、競馬関係者(馬主・騎手等)や競馬ファンの参拝者でもにぎわっています。   さらに藤森神社では6月から7月にかけて境内2箇所にある紫陽花苑が公開され、約3,500株にもおよぶあじさいがとても美しいです。あじさいの種類も多く、たくさんの人でにぎわいます。御朱印もいただける神社ですので、御朱印巡りや参拝に訪れてみてはいかがでしょうか?
藤森神社の駈馬神事 京都市伏見区の藤森(ふじのもり)神社で、毎年5月5日に行われる駈馬(かけうま)神事です。 全力で疾走する馬の上で倒立をしたり、横乗りをしたりする技が披露されます。 藤森神社は菖蒲の節句発祥の地とされ、駈馬神事は古式の戦術を伝えています。
by bamboo
2016年5月5日
Bdc2ae20 f478 403b 919b 71bf246b231d
54b78bb6 a5e7 44f0 a0ae d3ef485aae43
A7ac9b19 9960 4244 ba1d dcc4ea1a1016
1900年の由緒がある「北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)」は、富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)をお祀りする神社です。 杉木立と石灯籠が立ち並ぶ参道に一歩足を踏み入れれば、そこには神聖な空気に包まれた空間が広がります。広い境内には、本殿や拝殿、神楽殿など国の重要文化財に指定された社殿が目白押し。拝殿前には、冨士夫婦桧と冨士太郎杉という2本の御神木などもあり、パワースポットとして人気を集めています。 境内の奥には、富士山の吉田口登山道の起点となる鳥居が建ち、夏には麓から山頂を目指す登山者で賑わいます。 北口本宮冨士浅間神社は、毎年8月26日、27日に「吉田の火祭り・すすき祭り」という富士山の山じまいのお祭りが行われることも有名。26日の夜には、富士吉田市内の沿道に並んだ70本以上の大松明が炊き上げられ、迫力のある光景を見ることができます。
山梨県富士吉田市の北口本宮富士浅間神社。拝殿前にある2本の杉の木が本当に立派で、なかなか見ることのできない太さです。冨士夫婦桧と冨士太郎杉という御神木だそうです。
by ちぇりTop user
2018年10月3日
201eca68 828a 416e 976d 7ae3783c26db
カラフルなマリモのようなツツジたち。 可愛すぎました!
by moss-green-mihoTop user
2018年4月27日
塩船観音寺のつつじ
4月中旬〜5月中旬
1300年あまりの古い歴史を誇る塩船観音寺は、茅葺き切妻造りの仁王門阿弥陀堂、観音堂などはいずれも室町時代の建造物で、国の重要文化財にも指定されている。また「花の寺」としても有名で、とくに本堂裏手の小高い丘一面に咲き乱れるつつじが素晴らしい。見られるのはミツバつつじ、オオムラサキ、クルメつつじ、キリシマつつじ、ヤマつつじなど園芸品種も含めて約10種類、約1万7千株が早咲き、中咲き、遅咲きと順に開く。朱色、紅色、薄ピンクに紫、白色など、グラデーションがかった色とりどりのつつじ山は「美しい」というより「艶やか」が相応しく、じつに壮観な眺めである。このつつじは寺役員会が、1960年代半ば、寺おこしとして「参詣と文化財、さらに観光の要素を」と花を植えることを考え、苗木を植えたのが始まり。 「塩船」の名は、天平年間(729年〜749年)に高僧の行基が諸国を巡る途中に立ち寄り、「周囲が小高い丘に囲まれて船の形に似ている」ところから、「仏があらゆる生き物を救おうとする大きな願いの船である”弘誓の船”」になぞらえて、この地を「塩船」と名付けたいう。つつじの他にも引き続きあじさい、ショウブが楽しめ、秋にはコスモスも咲く。
787ee220 fcfc 4ff5 909f 83714bbd90c4
80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
鎌倉 鶴岡八幡宮。鎌倉幕府を開いた源頼朝ゆかりの神社で、源氏、鎌倉武士の守護神として知られています。
by ちぇりTop user
2018年8月23日
鶴岡八幡宮の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社で、別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれています。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東界隈で知名度が高く、境内は国の史跡に指定されています。本宮に向かって右手にある柳原神池と、鎌倉国宝館前が紅葉の見所で、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
87c65488 8f1a 4022 8fe9 a58e0d98494a
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
関連記事あり
鎌倉のおすすめ観光スポット5選!
B5796478 0450 490b 9f90 b8602c55ab94
関連記事あり
神奈川「鎌倉」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
81ed4145 b975 4e48 8b4d 51a65f3b2b69