Green banner
素敵に、よりみち

メディカルアートセミナーⅡ 自律神経へのアプローチⅠ周辺

日付指定

日付を指定する
89442c91 b606 47ce 9d72 2dfd706a22cf
東急世田谷線は下高井戸と三軒茶屋の約5キロを結ぶ路線です。 都電荒川線や江ノ島電鉄と同様に路面電車風の可愛らしい電車がゴトゴトと世田谷の街を走っていて、生活路線でありながら観光路線の役目も担っています。 世田谷線の宮の坂電停を降りると徳川家の譜代大名(譜代とは家来の事)筆頭の井伊家の菩提寺である豪徳寺があります。 この豪徳寺は井伊家の2代目藩主だった井伊直孝が寺の前を通りかかったところ猫に招かれた(ような気がした)ので猫好きだった直孝は寺に入ったそうである、そうしたところたちまち雷雨となり雷が落ちて寺に入った直孝は難を逃れた。 それが縁で井伊直孝はこの豪徳寺を井伊家の菩提寺とした、 それ以来井伊家では猫を井伊家の守り神としたそうである。 この豪徳寺は招き猫の発祥の地としており(所説あり)境内には大小様々な招き猫が奉納されている。 松陰神社は幕末の思想家で29歳の若さで幕府により処刑された吉田松陰をお祀りする神社です。 山口県の萩に現存する松下村塾(しょうかそんじゅく)を模した建物もあり土日などには内部も一般公開されています。 松陰神社の境内には吉田松陰と所縁の方々の墓所があり参拝する方が絶えません。 撮影のポイント シャッタースピードを調整して走る電車を撮ろう! ぶらさずに撮影してみましょう。 わざとぶらして撮るのも もちろんありです。 光を捉えて被写体を見つけて見よう。 主役、脇役を配置して構図を工夫してみましょう。 ホワイトバランスを変えると同じ被写体でも色合いが変わり雰囲気が変わります。 露出補正で好みの明るさにしてみましょう。 絞りを調整して好みのボケ加減を表現してみましょう。 カメラを始めたばかりの方は一度にたくさん覚えるのは難しいですから、まずは 「カメラってこんな事が出来るんだ。」 という事を知って貰えればいいと思います。 カメラを続けていけば自然に技術的な事や設定などは覚えてきます。 慌てないでじっくりと取り組みましょう。 カメラライフを楽しんでお過ごし下さい。 カメラ初心者の方へ モードダイヤルにあるA、AV、S、TV、P、M、とかありますけどこれなんですか? よく質問されますのでお答えします。 P、プログラムオート 絞りとシャッタースピードの両方をカメラにお任せします。 ほぼオートですが、ホワイトバランスや露出補正はこちらで調整できたりします。 AもしくはAV、絞り優先モード 絞りはこちらで決めます。 絞りを調整することによってぼかし加減を調整できたりします。 シャッタースピードはカメラにお任せとなります。 SもしくはTV、シャッタースピード優先モード シャッタースピードをこちらで決めます。 シャッタースピードを調整することによって、ぶらすぶらさないなどを調整します。 絞りはカメラにお任せとなります。 M、マニュアルモード 絞りとシャッタースピードの両方をこちらで決めます。 全てのモードにおいてホワイトバランスとISO感度はオートにすることもできますし、こちらでも調整できます。 マニュアルモードで撮影したい方にはもちろん教えますが慣れていないと設定が難しいかもしれません。 初心者の方は絞り優先モードから初めてみるといいと思います。 絞り優先モードとシャッタースピード優先モードを自由に使いこなせるようになるとマニュアルモードも自然に使えるようになりますので、最初からマニュアルモードの設定が上手くできなくても気にすることはありませんので安心して下さい。 <持ち物> カメラ レンズ フィルターなど(お持ちであれば) バッテリー電池(予備もあると安心です) メモリーカード(予備もあると安心です) バッテリー電池は充分に充電を済ませたものをご用意下さい。