料理教室-ひと味違う 雛祭りのごちそう周辺の水族館

A985f18a 0dde 4058 bb2f 5a31b9d88183
19713df5 966f 4ade 8b86 e8ec0fb8638a
0c386551 c0b4 463e bfab 9cf2c9d46764
新潟県上越市の「上越市立水族博物館 うみがたり」。地上3階建ての施設は、青空に映える白を基調としたスタイリッシュな外観が特徴です。施設の中には60もの水槽があり、展示は「日本海が語る」(3階〜2階)・「生きものと語り合りあう」(2階)・「未来へ語りつぐ」(2階〜1階)の3つのゾーンで構成しています。「日本海が語る」ゾーンの「日本海テラス」は上越市の新しい絶景スポット!日本海の波音や水面を彩る陽の光を感じながら雄大な日本海と夕やけの空を一望できます。その他にも、日本初のサケとブリの混泳が見れる「うみがたり大水槽」や360°アクリルガラスの海中トンネルは必見です!「生きものと語り合りあう」ゾーンには、新潟県内初の「シロイルカ」や「ゴマフアザラシ」を鑑賞できる「フレンドプール」があります。他にも、4頭のバンドウイルカが圧巻のパフォーマンスを魅せる「イルカスタジアム」などがあります。「未来へ語りつぐ」ゾーンには、飼育数世界一のマゼランペンギンミュージアムがあり、一大生息地「アルゼンチン共和国」の野生環境を再現しています。エリア内にあるウォークスルーには、ガラスなどの隔たりがなく、圧倒的な近さでマゼランペンギンを鑑賞できます。
52c1aa21 d990 4a2f 966a dac98cc2aa0d
Cb3435a5 e1d9 4796 a64a e6421d3780be
Spot noimage
「海と人、水と人」との新しいつながりをコンセプトに作られたのが、「仙台うみの杜水族館」です。水や自然環境の再生を中心に、力強く未来へ向かう東北を示したいという思いから、「復興を象徴する水族館」として市民に愛されています。 白い外壁や木目調の建物は都会的な雰囲気を演出しているものの、館内は約100基の水槽群を有しているため、豊かな自然を感じさせます。三陸の海をイメージした大水槽や、世界中の個性的な生き物が数多く展示されています。 ペンギンやオタリアなど生き物とのふれあい体験や、イルカやアシカのパフォーマンスなど、イベントも盛りだくさん! また、夏限定でナイトパフォーマンスも開催されます。
85993d65 8371 45f6 bfa4 903691737dbf
2cbfb542 3fa4 481d 812e d4dc69411e98
1d63016f c855 422f 9d5e 7fb0093b6429
福島県いわき市にある水族館「アクアマリンふくしま」のテーマは、「潮目の海」。暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかるのが福島県沖の海にあたることによります。 アクアマリンふくしまの展示では、三角形のトンネルで黒潮と親潮を分けているのが大きな見どころ。それぞれの海の特徴を、トンネルの中で左右を見て比べることができます。また、もう1つのアクアマリンふくしまの特徴は、サンマが展示されていること。実はサンマの飼育は非常に困難で、日本でサンマが展示されているのはアクアマリンふくしまだけになります。
淡水魚を中心とした自然さながらの行動展示や、巨大水槽、シーフードレストラン、浜辺のタッチプールと、広大な敷地には様々な楽しみどころがあります。 釣り堀コーナーでは、釣った魚をそのまま捌き、唐揚げにして食す事ができ、命の大切さを学べますよ。 私たちはマアジを3匹いただきました。
by まほTop user
2018年8月1日
62ca1ed1 ab68 438f bd81 f626f527980d
408bcd4c 66c3 43ca bd15 a4ac3b1fffdc
Ea676a66 cfe6 42cc a821 01a1b8d9b7ff
都心にいることを忘れられる天空のオアシスです。緑満点のマリンガーデンではリゾート気分を味わえ、生き物を近くで見られるように工夫された展示では、ペンギンが泳ぐ姿やイソギンチャク、コツメカワウソなどかわいらしい動物に会えます。また、トレーナーと繰り出すコミカルなアシカパフォーマンスやダイバーと魚たちの共演などイベントも盛りだくさんです。
サンシャイン、一番の見所の大水槽。 ここ、何時間見てても飽きない、大好きなスポット!
by TETSUTop user
2017年9月4日
C5f87fa3 1fdd 4beb 8dad 18f86dbba5a8
Fda0721d 6f74 4814 8685 246b5af4358e
D92e3793 dc76 4329 9255 ae06df98722d
東京都港区の品川プリンスホテル内にあるアクアパーク品川。 音と光と映像が融合して織りなすまさにフォトジェニックなショーが魅力。昼と夜で内容が異なるドルフィンパフォーマンスもあり、数時間前とは違ったイルカの顔を楽しめます。熱帯魚が泳ぐ水槽を眺めながら食事が楽しむことも可能。各アトラクションも充実し、大人も子供も楽しめる水族館です。
水族館全体が花火とコラボしてました🎆 水槽がタッチパネルになっていて、ハイテクでした😳🐟
by じゅんBronze
2018年7月29日