鳥越神社 茅の輪くぐり周辺

日付指定

日付を指定する
B5d2a3bc b351 4a6b a6f5 2825699627df
 簡単な電子回路をキットに頼らず自由に組み立てようと思っている方向け。回路図や部品表を読みながら回路を組み立てることで、電子回路に使われている色々な部品の使い方や選定方法の基礎を理解します。 <こんなことを学びます> ・電子回路を図面で表した「回路図」と「部品表」には、どんな事が書かれているのかを 学びます。 ・抵抗、コンデンサ、トランジスタ、LED、タイマIC の機能、使い方を学びます。 ・部品を差し込むだけで配線ができる「ブレッドボード」を使って、配線の引き方を自分で決めて動作テストしてからプリント基板に移植してハンダ付けし完成品に仕上げます。 ・ここで作る回路の動作は以下の通りです。 タイマーIC(555)を使ったLED 点滅回路。ピカピカ発光(はっきりと点滅)とドキドキ発 光(明るさが波のように変化する発光)を切り替えできます。 また、点滅周期をボリュームで調整できます。 <こんなことが出来るようになります> ・簡単な回路図と部品表が読めるようになります。 ・抵抗、コンデンサ、トランジスタ、LED、タイマIC の機能を理解し、目的に合わせて部 品を選ぶことができるようになります。 ・ブレッドボードで電子回路を組み、それをプリント基板へ移植できるようになります。 <こんな風に学びます> 少人数制のグループで丁寧に教えます。 実際の電子部品を手に取って組み立てることにより、電子回路の理解を深めます。 <持ち物> 筆記用具 半田ごてやニッパー等をお持ちの方はご持参ください。 <定員> 基本6名


D56f8326 1c50 4ba8 be94 779ce537cd58
※この講座は初めて参加される方優先、2回目以降(前回の続き)参加される方優先の回がございます。 初めての方優先の回に2回目以降の方が参加される場合、 2回目以降の方優先の回に初めての方が参加される場合 共に可能ですが、講座の進行上お待ちいただく時間が長くなることをご了承ください。 特に、2回目以降の方優先の回に初めての方が参加される場合、 1日で完成しない事が予想されます。 ※時間内に完成しない場合、続きは次回開催日にご参加ください。 ※2回目以降参加の方は、別の物を作ることが出来ます。 過去の様子、講座の内容は以下のページをご覧ください。 http://www.craft-studios.com/?p=2004 ※この講座ではミシンは使用しません。 (上記ページの画像でミシンに似た機械が登場しますが、ミシンではなく革漉き機です) 浅草橋周辺にはレザークラフト用品店が多数存在します。 午前中に革の選び方を解説し、お昼休みに買い物、午後に作成していただきます。 長時間の講座で大変ですが、基礎をしっかり身に着けていただきます。 <こんなことを学びます> 革で手帳カバーやブックカバーを作成します。 覆うタイプのカバーがお好みでない場合、市販の手帳に革を貼り付けオリジナル手帳とすることもできます。 2回目参加の方:パスポートケース+ペンケース(型出しまで)の作成 3回目参加の方:ポーチの作成 <こんなことが出来るようになります> 革製の手帳カバーやブックカバーを一人で作ることができるようになれます。 2回目参加の方:型出し 3回目参加の方:横マチの作成 <こんな風に学びます> 型紙の作成や、縫い穴のあけ方、コバ処理等、基礎をしっかり学習していただきます。 講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、自由に楽しく学んでいただきます。 <持ち物> 加工したい手帳またはカバーを作成したい手帳・本等をご持参ください。 <定員> 基本 6~8名

86661b0c 4972 45fa 8c79 fe1c7e837813
タイマーIC(555)を汎用ICやトランジスタで構成した回路をブレッド・ボードで試作して各ブロックの動作を確認します。 この実験を通して各ブロックで使われている基本的なデジタル回路を理解します。 更に、出力回路については実践的な設計ができるレベルまで学びます。 ・タイマーICの内部回路の機能を理解し、同じ働きを持つ回路を汎用ICとトランジスターで組み立てます。 ・ICやトランジスターの仕様書の読み方も学びます。 ・ブレッドボードに組んだ回路の動作をLEDの点滅で確認する実験を通して基本的なデジタル回路の働きを理解します。   1.発振器として動作させることでタイマーICとして機能することを確認する。   2.アナログ信号をデジタル信号に変換する回路(コンパレーター)の動作原理   3.デジタル信号を記憶するメモリー回路(フリップフロップ)の動作原理 ・タイマーICは2種類の出力回路(オープン・コレクタ型とトーテムポール型)を備えています。この2種類の回路の特長を理解し、モーターや電磁石を動かす回路(ドライバー回路)の基本的な設計ができるレベルを目指します。 <こんなことが出来るようになります> ・マイコンでLED、モーター、電磁石などを動かそうとする場合に必要となるドライバー回路の基本的な設計ができるようになります。 ・ドライバー回路の設計を行うために必要な計算式や、部品の仕様書の読み方を知ることができます。 ・いろいろなデジタル回路を学ぶための基礎を知ることができます。 <こんな風に学びます> 少人数制のグループで丁寧に教えます。 実際の電子部品を手に取って組み立てることにより理解を深めます。 更に、講師が行う実験を観察することで、より深い理解を目指します。 <持ち物> 筆記用具 電卓(スマホ、携帯のアプリでOKです。) <定員> 基本4名

E7331fa3 ceb9 4511 b3f7 29c892f1e4a6
Arduino互換機を教材に、マイコン工作の学習をしてみましょう。 <こんなことを学びます> プリント基板に半田付けする方法を学びます。 電子工作を体験してみます。 Arduinoの構造を学びます。 マイコンの基礎(回路)を学びます。 <こんなことが出来るようになります> 半田付けや工作の方法を学び、市販の初心者向け電子工作キットを組み立てることが出来るようになります。 Arduinoを使った電子工作を始めることが出来るようになります。 <こんな風に実施します> まず半田付けの練習をしていただきます。 うまく半田付けが出来るようになったら、電子部品をプリント基板に取り付けていただきます。(チップ抵抗やチップコンデンサ等の表面実装部品の半田付けも行います。) Arduinoの構造を解説します。 Arduinoの簡単な使用方法を解説します。 Arduino互換機にプログラムを書き込みLEDを点滅やスイッチ入力について学びます。 電子部品の基礎知識について学びます。 ブレッドボードを使用した電子工作について学びます。 <持ち物> 筆記用具 パソコン(Windows7以降) 半田ごてやニッパー等の工具をお持ちの方はご持参ください。 <定員数> 基本8名