手作り・雑貨&クラフトフェア周辺

エリア

全国
手作り・雑貨&クラフトフェア 周辺

日付指定

日付を指定する
4bc32d6e 37bc 49ca 9c1c 541c73602372
67634bbc 18fe 4760 87e9 9bad2b94b761
1c787685 dcf7 48dc bfe1 e708c4560cf0
『台湾祭 in 横浜赤レンガ』を、2019年4月11日~14日に開催いたします。日本の人々に台湾の魅力をもっと知ってもらおうと、有名なランタン祭りのランタンを装飾した会場で台湾文化を感じながら、日本ではなかなか味わえない本格グルメや家庭料理が楽しむことができます。 会場で味わえる主な台湾グルメは、台湾グルメでは外せない定番の「小籠包(ショウロンポウ)」をはじめ、味のしみた豚の大腸と柔らかな麺線を、とろみとコクのあるピリ辛スープで食べる「台湾麺線(タイワンメンセン)」、小麦粉の生地にネギの細切りを織り交ぜ、油でジュウジュウと焼いた「葱油餅(ツォンヨゥピン)」、大きく開いた鶏むね肉を地瓜粉で揚げたカリカリの唐揚げ「大鶏排(ダージーパイ)」、醤油煮した細切り豚肉をご飯にかけた台湾の家庭料理「滷肉飯(ルーローファン)」など。またスイーツも、ミルクティーに大粒のタピオカが入った「ゼンズウナイツァー」や芋の団子の九分名物デザート「芋圓(ユーユェン)」などたくさん登場します。

579adde8 adbe 4f6f aa3c a68b56a60d6d
18f6f4d7 4d1a 4701 9f8e dae351b85770
674c8381 c3fd 4219 a2dc 109e8614ddbd
横浜⾚レンガ倉庫は、3⽉29⽇(金)から4⽉21⽇(⽇)までの計24⽇間、約8,000株の草花で港町横浜に春の訪れを演出する『FLOWER GARDEN 2019』を開催します。  今年で13回目となる『FLOWER GARDEN』は、4月に開館17周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、色とりどりの花でお祝いする春の恒例イベントです。毎年テーマを設け、春らしい草花を用いて演出する本イベントは、横浜の春の⾵物詩として多くのお客様から好評を博しています。 ●視覚だけでなく五感を使って春を楽しむ 昨年に引き続き、花を視覚だけでなく五感を使って楽しめるよう、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」を会場内に併設。食べられる花「エディブルフラワー」を用いて見た目も華やかなフード・ドリンクを提供する他、花を用いたワークショップも実施します。 ◇『FLOWER GARDEN 2019』開催概要 ■期  間:2019年3⽉29⽇(金)〜4⽉21⽇(⽇) 計24⽇間       ライトアップ 18:00〜23:00 ※3⽉29⽇(⾦)にはプレスプレビューを実施予定 ■場  所:横浜⾚レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク ■設置面積:約355平⽅メートル ■植  栽:マーガレット、デイジー、ネメシア、ラナンキュラス、ラベンダーなど約8,000株の花木を使用予定 ■入 場 料 :無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途) ■主  催:横浜⾚レンガ倉庫(株式会社横浜⾚レンガ/公益財団法⼈横浜市芸術⽂化振興財団) ■協  力:NPO法人横浜シティガイド協会

E219a74e 7070 49bd bdad a1bd9aef631d
D9bdfc8a 98f6 4d1c b5dd 0bf3967584dc
9dcb2cd4 4cf4 441d aa03 1d4c7fb840b9
マーガレットやデイジー、ネメシア、テナンキュラス、ラベンダーなど約8,000株の花木が会場を彩る「FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)2019」が3月29日(金)から4月21日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催されます。 テーマは「港の見えるフラワーガーデン」 13回目の今年のテーマは「港の見えるフラワーガーデン」。会場エントランスには、春色を基調としたハート型のフラワーアーチが来場者をお出迎え。庭園内には開館17周年にちなみ、動物をモチーフにした17本のトピアリー(樹木の造形物)を設置し、写真映えするフォトスポットがたくさん設けられています。 会場海側には、高さ7mの大きなシンボルツリーとピンクのマーガレット一色で演出した「マーガレットの丘」が出現。港を背景に一面の花畑が広がります。日没後には会場全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気に。昼間とは違った雰囲気を楽しめそうです。 【1】フラワーエントランス 会場の入口にデイジー、ネメシア、ハツユキカズラなどかわいらしいピンクの花で構成したハート型のアーチを設置し、来場者を出迎えます 【2】トピアリーエリア クマやウサギなどの動物をモチーフにした17体のトピアリーで横浜赤レンガ倉庫開館17周年のリニューアルアニバーサリーを表現。会場内にはテントや動物たちのおうちをイメージした建物など写真映えするフォトスポットも。エリア中央の芝生で寝っ転がったり、ベンチに座って草花を眺めたり、思い思いの時を過ごせます。 【3】カフェエリア(HANABAR) 雨風をしのげるガラス張りのテント内では食べられる花「エディブルフラワー」を使ったフード・ドリンクの販売や物販、ワークショップが行われます。 【4】マーガレットの丘エリア ピンクのマーガレット一色で構成された高さ7mの大きなシンボルツリーがそびえる花畑。花畑の周りにはベンチが設置され、憩いの場として利用できます。

D7958fb2 7724 46af 8efb 06c53e1d1e57
PEANUTSにゆかりの深い“アメリカ西海岸"のシーサイドダイナーをイメージした、 オーシャンビューが魅力の広々としたスペースでお食事が楽しめるエフォートレスなレストラン。 スヌーピーやPEANUTSの仲間たちにちなんだ西海岸コンフォートフードやアメリカンダイナーらしいステーキなどの本格的なメイン料理からデザートまでお楽しみいただけます。 ゆったりとしてカジュアルなスタイルで、ファミリーやお子様連れにもぴったりです。 店内で使用の陶器やマグカップ、Tシャツのほか、「PEANUTS DINER」限定グッズも販売。 いつ、だれと訪れても、PEANUTSの世界観を体感できる、居心地の良いシーサイドダイナーです。 (C) 2018 Peanuts Worldwide LLC