サンマルクカフェ京都河原町三条店周辺

B5320aea ff10 4852 87bb d954afa613bf
Cda514a6 2fc6 4eb5 a314 1842b512e041
Spot noimage
幕末、長州藩の定宿だった旅籠「池田屋」の跡地。元治元年(1864年)6月に新撰組が長州藩、土佐藩などの尊王攘夷派志士を襲撃した所謂「池田屋事件」の跡地です。長州藩、土佐藩などの尊王攘夷派志士達は「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ連れ去る」ことを計画。これを察知した、京都守護職配下の新撰組、近藤勇・沖田総司・永倉新八・藤堂平助らの4名が、池田屋で会合を持っていた尊王攘夷派志士達を襲撃しました。その結果、久坂玄瑞、高杉晋作とともに吉田松陰門下の三秀と言われていた吉田稔麿のほか、北添佶摩、宮部鼎蔵、大高又次郎、石川潤次郎、杉山松助、松田重助ら、尊王攘夷派の逸材が一度に戦死してしまいます。同じ会合には、維新の三傑と言われた桂小五郎(木戸孝允)も参加予定だったそうですが、会合への到着が早すぎたので、一旦池田屋を出て対馬藩邸を訪れていたため難を逃れたと言われています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
新選組を一躍有名にした池田屋事件の跡地。長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派の志士を襲撃した池田屋のは居酒屋はなの舞になっていました。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年9月23日