星乃珈琲店 葛飾南水元店周辺

日付指定

日付を指定する
Ad90e8df d4f2 481b 950b 57672aa442d7
824e2749 a1a3 4718 a349 43798394e2a5
C8bfb954 aae7 4007 a1d6 cdef98ce2740
東京都葛飾区にある天台宗の寺院、南蔵院は、伊勢物語で知られる平安時代の歌人・在原業平氏ゆかりの寺院です。業平が隅田川で舟遊びをした時、船が転覆して多くの人が亡くなり、業平はその人々を弔い、像を刻み村人に与え、法華経を写経して塚に納めました(業平塚)。その傍らに創建されたのが、南蔵院です。また、そこに架けられた橋は業平橋と名付けられ、南蔵院の境内はその隅田川の様子を表しています。白御影の砂利は隅田川、参道は業平橋、右手の石は業平の舟石です。南蔵院の最大の見どころは、縄でぐるぐるに縛られた、「しばられ地蔵」と呼ばれる高さ1メートルほどの石の地蔵尊です。元禄14年(西暦1701年)の造立と伝えられ、「文政寺社書上」によると、この地蔵尊は諸願成就、殊に難病平癒に霊験があり、信心の者が祈願するときは地蔵尊を縄で縛り、成就したときには縄を解くことから、しばられ地蔵と称したと記されています。また、年に一度、大晦日の夜には、南蔵院住職による「願かけしばられ地蔵尊」の縄解き供養が行われ、新年の訪れと共に地蔵尊に新年の一番縄が結ばれます。この時を狙って、縄のまかれていない貴重な姿を拝みに行くのもおすすめです。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
葛飾区のしばられ地蔵で有名な南蔵院。水元公園の近くにあります。南蔵院のしばられ地蔵は、大岡政談で語られているそうで、そこから、今でも、南蔵院の地蔵様を縄でしばると、盗まれたものがでてくると言われているそうです。なお、しばられ地蔵の願掛け縄は、地蔵の横にあり、1本100円です。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月6日

Fb1f369f 7347 494f afb8 798b142abbb5
水元公園は東京23区内で最大規模の水郷公園です。園内には桜が約740本、公園沿いにある「さくら堤」では約600本の桜が約3.5kmに渡って咲き誇ります。広大な敷地の中に桜が点在しているため、ゆっくりお散歩しながら桜を楽しむこともできます。都内とは思えない豊かな自然の中で、お花見を楽しむことができるおすすめのスポットです。
水元公園
東京都葛飾区水元公園3−9 都立水元公園
南蔵院のすぐ裏手にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。昭和50年まで、このあたりは都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観を作りだしています。園内にはポプラ並木やメタセコイアの森、ハンノキなど水辺に強い樹木が生育し、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物を多く見ることができます。 水元公園は桜や花菖蒲の名所としても有名です。3月下旬から4月上旬にかけては美しい遊歩道の桜を、6月上旬から下旬には約100品種20万本の花菖蒲を楽しむことができます。また、花菖蒲の季節には菖蒲祭りも開催されます。 桜や花菖蒲の咲く季節はもちろんですが、水元公園では一年を通して美しい景観が楽しめます。釣り場、ポプラ並木、「生きた化石」メタセコイヤの森、中央広場、フィールドアスレチックス、バードサンクチュアリーがあり、都の天然記念物「オニバス」や絶滅危惧種「アサザ」の自生地としても知られています。
Cd01154b 1502 4d54 9f05 8af96b96c8cf
関連記事あり
【2019年 東京】桜・お花見 おすすめ30選!名所と穴場をまとめて紹介!
9f2b0922 03da 4e99 8493 c58de1e0256c
関連記事あり
【足立区・葛飾区・荒川区】桜・お花見 おすすめ6選!開花情報に見頃を紹介
F9ec62a0 5eca 4e09 aa1a ce2f23b9ff60

東京都葛飾区にある水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一の水郷の景観をもつ自然豊かな公園です。四季折々の姿を楽しむことができる水元公園ですが、秋に見るメタセコイアの森の紅葉は特に美しく必見です。例年、11月上旬から12月中旬に見頃を迎え、他にも、モミジバフウ、イチョウ、ポプラなど様々な木々が赤や黄色に染まる姿を見ることができます。水辺で眺める景観に心癒され、ゆっくりと過ごすのに人気のスポットです。