カフェ・ド・クリエ 札幌道新ビル周辺

エリア

全国
札幌市中央区
カフェ・ド・クリエ 札幌道新ビル 周辺

日付指定

日付を指定する
D03f75a6 e33d 46f7 ab80 0e8b50f2d0d7
明治時代に建てられた「札幌時計台」は、木造2階建ての時計台です。ビルの谷間に立つ歴史的な建物は、札幌市の有名観光地として知られています。 札幌市時計台は、札幌農学校(現北海道大学)の演武場として、「少年よ、大志を抱け」で有名なクラーク博士の構想により1878年に建設されました。アメリカ中・西部で流行した「風船構造」と呼ばれる建築様式で造られており、当時は農学校の兵式訓練や、入学式・卒業式を行う中央講堂として使われていました。 建物内は札幌時計台や札幌農学校の歴史を紹介する展示室となっており、1階と2階を見学することができます。2017年には2階ホールにクラーク博士像も設置され、札幌の二大シンボルを一度に見ることが出来るようになりました。ぜひ、ベンチに腰掛けた博士と一緒に写真を撮ってみてくださいね。 ワイヤーや欠けた歯車などの部品以外は、当時の機械そのままで動いている札幌市時計台。守り続けている人がいるからこそ、建設から130年以上経った現在も、毎正時に鐘の音で街に時間を伝えています。