Green banner

福島の子どもたち香川へおいで活動報告パネル展周辺

5490fe78 c45f 47c6 a3e9 36f1e1b85c9b
■ 2018年11月9日(金) ■ 出演者:蠣崎未来 -MIKU KAKIZAKI- OA:古さん ■ 公演名:ファーストアルバム「路傍の唄」発売記念ライブ 高松公演 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥1,500/当日¥2,000(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:11/8 (木) 23:59まで。 ※ 出演者募集中 <蠣崎未来 -MIKU KAKIZAKI- プロフィール> 1989年生まれ / 岐阜出身 高校時代まで音楽と無縁の生活を送っていたが、神戸の大学在学中に、フォークやソウルなど様々なジャンルの音楽に触れ感銘を受けフォークソング部に入部。卒業後、2012年よりアコースティックギターによる弾き語りでの演奏活動を開始。当初はカバーのみであったが徐々にオリジナル曲を増やし、現在は全国的なライブ活動を展開中。情感をもって歌われる選ばれた言葉たちはシンプルに心に突き刺ささり、そして蠣崎未来が何者か、を率直に語りかけてくる。はにかんだ笑顔の裏に隠し持つシンガーソングライターとしての覚悟と強さが、その歌声には確かに宿っている。 ■公式サイト http://www.kakizakimiku.com 【特記事項】 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順は、ご予約の方(先着順)が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。
F3536c69 7e60 40a2 918c 377fea3d059e
■ 2018年12月5日(水) ■ 出演者:伊東ミキオ(Piano&Vo) ■ 公演名:伊東ミキオ ソロアルバム『 TRY AGAIN 』発売記念 TOUR 2018 - 2019 高松公演 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:9/1(土)~12/4 (火) 23:59まで。 <伊東ミキオ プロフィール> 唯一無二のロックンロールピアノマン。 1990年、バンド“GROUND NUTS”のメンバーとしてメジャーデビュー。同バンドではキーボードを担当。'92年脱退後、ソロ活動を開始。1993年には自らがヴォーカルを担当するバンド“SAILIN' SHOES”を結成。bounceレーベル(TOWER RECORD)より2枚のアルバムをリ リースする。同時期から積極的に数多くのレコーディング、ライヴに参加。数々のセッションから得た経験を活かして、プロデュース、レコーディング、詞・曲の提供からアレンジまで手掛ける。1999年から2009年まで、ウルフルズのツアー、レコーディグにレギュラーサポートメンバーとして参加。その他、トータス松本、秦 基博、石橋凌、 八代亜紀、藤井フミヤ、加山雄三、佐野元春、仲井戸 麗市、泉谷しげる、家入レオ、KAN、ましまろ、内田勘太郎、THE MODS、ザ・マックショウ、THEイナズマ戦隊、矢井田瞳、ARB、岩川浩二、Bloodest Saxophone、馬場俊英、ゆず、 PUFFY、三宅伸治、ジュウェル・ブラウン、ビッグ・ジェイ・マクニーリー、などのツアーサポートやレコーディングにも参加。ソロライヴ活動も積極的に行っており、持ち味である、熱くハッピーなロックンロールピアノでライブ会場は常にホットに盛り上る。 ■オフィシャルサイト http://www.mikio.net/ 【特記事項】 ※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順はご予約の方が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。
6d7525ba 06f7 481a b960 027cdc428440
■ 2018年11月25日(日) ■ 出演者:トミタショウゴ OA:斉藤省悟 ■ 公演名:「タイムマシンセッション」高松公演 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥3,000/当日¥3,500(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:11/24 (土) 23:59まで。 <トミタショウゴ - プロフィール> 「弱さは強さにもなる」ハスキーでありながら 突き抜けるような高音。声で唸らすブルースポップ。30歳で一大奮起したオールドルーキー。 ■公式サイト http://tomitashogo.web.fc2.com/ <斉藤省悟 - プロフィール> 埼玉県さいたま市大宮出身のシンガーソングライター。2010年始動し、2013年渋谷La.mamaで初のワンマンライブを開催。2016年ミニアルバム『大宮パークライフ』でインディーズデビュー。地元・大宮での活動にも精力的に行っており、自身が応援している大宮アルディージャの公式戦イベントで2015年から演奏している。 ■公式サイト https://saitoushogo.jimdo.com/ 【特記事項】 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順は、ご予約の方が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。
24c6f2c1 eb8f 461c b174 436aba2649ce
■ 2018年11月14日(水) ■ 出演者:ちむぐくる ■ 公演名:ちむぐくる 47都道府県〜真心の旅〜 in 香川 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥1,500/当日¥2,000(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:11/13 (火) 23:59まで。 ※ 出演者募集中 <プロフィール> 出逢いの中で曲を生み、人々の心に愛を届ける『ちむぐくる』 『ちむぐくる』とは、ウチナーグチ(沖繩の方言)で「真心」という意味の言葉。 「肝=ちむ」「心=くくる」 日本語の古語辞典には、「きもごころ」という読み方の「肝心」という日本語があります。 誰にでも優しく分け隔てなく接する、相手を思いやる深い想い。沖繩で、今も大切にされている「助け合いの精神」は、日本古来からある考え方でした。 嘘、偽りのない真っ直ぐな心で、 自分達だから歌える唄を届けたい、 あなたの心深くに、響くように。 2013年 〈ボーカル〉千花(チカ)、〈ギター〉ナオヤを中心として ちむぐくるの原型となる「チークカラー」を結成。精力的にライブ活動を始める。 2016年 10月17日より 「日本一周ぐるぐるの旅」を敢行。北は青森、南は沖縄まで、ストリートライブやインストアライブ、飲食店でのライブなど、場所を選ばず多くの人々へ音楽を届けた。 2017年 6月24日、ミュージックタウン音市場にて開催された「ランチキナイト28 ACKEROO’S 17th Anniversary-SPARK- in沖縄」に出演。旅で出逢った人達のもとへ、全国各地へツアーを遂行。 12月10日、チークカラーワンマンライブ 言葉~あなたの心に花開く~、昼夜の2ステージ公演を五反田・さくらテラスEL TRESにて開催。 2018年 7月1日 ユニット名を【ちむぐくる】に改め、再始動!! ■公式サイト http://chimugukuru.jp/ 【特記事項】 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順は、ご予約の方(先着順)が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。
6579a587 17cc 49f8 9e33 828b174f8ee0
■ 2018年10月27日(土) ■ 出演者:我孫子神音會 SEXX GEORGE (from LADIES ROOM) ■ 公演名:ハロウィンなんかブッ飛ばせ!ZOMBIEにはならん! ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:2018年10月26日 (金) 23:59まで。 ※アーティスト参加のアフターパーティーあり! 終演15分後くらいから始まる予定です。(60分程度を考えてます) 料金 ¥1,500 (1ドリンク + オードブル) LUNA SEA主宰のロックフェスLUNATIC FESTにX JAPANやDEAD ENDと共に出演を果たしたLADIES ROOMのSEXX GEORGE、待望のソロライブが決定! ■オフィシャルサイト https://ameblo.jp/abikoshinonkai/ 【特記事項】 ※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順はご予約の方が優先となっております(18:30から並ばれた順)。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。 ※ 定員数になり次第、予約打ち切りとなりますのでご了承ください。 ※ キャンセルが出た場合、自動的に予約受付になります。
Bb1c6c77 5a01 46d8 b467 6d941a579cc0
■ 2018年11月8日(木) ■ 出演者:山口洋(HEATWAVE) ■ 公演名:solo tour『YOUR SOUNGS 2018』高松公演 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:11/7 (水) 23:59まで。 <山口洋 プロフィール> 1979年ヒートウェイヴ結成。ヒートウェイヴではヴォーカル、ギターを担当し、大半の作詞作曲を手掛ける。バンドの活動と並行して、ソロ活動も活発に行っている。矢井田瞳や浜田亜紀子(GO!GO!7188)等のプロデュース、ギタリストとして多数のミュージシャンのアルバム、ライヴへの参加。また、リアム・オ・メンリィ(ホットハウス・フラワーズ)やドーナル・ラニー、キーラなどの海外ミュージシャンとの共演や、アニメーションのサウンドトラック制作など、世代や国境、ジャンルを越える多彩な活動を行っている。 ■オフィシャルサイト http://no-regrets.jp/ 【特記事項】 ※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順はご予約の方が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ キャンセルが出ますと自動的に予約受付状態になります。
A2f37782 7263 41ef a6a7 b6d8e29a2f81
■ 2018年10月17日(水) ■ 出演者:酒井 俊 ■ 公演名:Sakai・Eto・Ippei @ 高松RUFFHOUSE ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥4,000/当日¥4,500(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:10/16 (火) 23:59まで。 <プロフィール> ■ボーカル 酒井 俊 1976年、伝説のJAZZ CLUB「ミスティー」で歌い始める。翌年には初めてのアルバム「SHUN」がリリースされ、センセーショナルな反響を呼ぶ。リーダーアルバムを続けて計3枚、また手元にあるなしを含めた多くのレコーディングに参加、と同時に殆ど休まずに歌う約2年半を過ごしたが、突然渡米する。2年間のマンハッタンでの生活、そして帰国。約8年間の子育てを主にする家庭生活に入る。その後、日本語の歌を積極的に取り入れた方向で渋谷毅と再会、復帰する。現在は日本語の歌をライブハウスで歌う、CD化するという事は日常化しているが、当時は大変な困難を伴った。が、様々な国の様々な唄を歌い続け、阪神淡路大震災の後に生まれた「満月の夕」と運命的な出会いを果たす。 「満月の夕」を歌うにあたっての賛否両論の中、何年にも渡って毎夜歌い続け、2003年には「第45回日本レコード大賞企画賞」を受賞、数回に渡るNHKTVへの出演や連続ドラマへの挿入歌の提供等、活動範囲を拡げる。2004年辺りからそれまでの活動を見直し、新たな音とうたの可能性を模索中。従来の音・うたのあり方から大幅に変化すべく、即興演奏・民族音楽の影響・トラディショナルへの傾倒を反映しつつ、セッションではない継続を、演奏家たちとの終わりのない共同作業へとその時間は積み重ねられており、09年には8年振りの2枚組「Night At The Circus vol,1」を、10年には「PLAYS STANDARD vol,1」「a few little things」を制作。ジャケットは、絵本作家荒井良二氏の描き下ろしイラスト24作品.....という豪華盤を2枚同時発売する。そして12年には「螺旋階段な日常」をリリース、現在に至る。また、10、11、12年とヴェトナムにて歌うなど海外にても活動の幅は拡がっている。 オフィシャルサイト http://shunsakai.net/ ■ドラム 江藤良人 1973年4月14日、三重県鈴鹿市生まれ。10歳からドラムを始める。 '94年 土岐英史(as)セッションでデビュー。'96年から辛島文雄(p)トリオへの参加、本格的にプロ活動を開始。以後、池田芳夫(b)DADA、中本マリ(vo)グループ等に参加。 '98年、渡辺貞夫(as)バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。'03年、自己のグループ『a.t.m.』を結成。従来のジャンルにとらわれない方向性を追求。また、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)、大西順子(p)、佐藤竹善(vo)、Lee Konitz(as)、Barry Harris(p)、Eddie Gomez(b)等と共演。現在は自己のグループの他、井上陽介(b)カルテット、石井彰(p)トリオ、岡淳(ts)punch!、the EROS、NewYork=Tokyo Connection等に参加。柔らかくしなやかで、繊細さと力強さを兼ね備えたドラミングが人々を魅了する。そこから生まれる心地良さ。聞き手はもとより、共演者にも絶大な信頼感をもたらす。 オフィシャルサイト http://eto.mockhillrecords.com ■ギター 加藤一平  1982年東京生まれ。20歳のときに独学でギターを始め、23歳の時、NYに半年滞在。ジャムセッション、ライブにて腕を磨く。帰国後、鈴木勲(b)、日野皓正(tp)、Han Bennink(ds)、梅津和時(as、cl)、dj honda(DJ)、coba(accordion)、是安則克(b)、などと共演。自分のバンド『 鳴らした場合 』の他『日野皓正クインテット』『渋さ知らズ』など多数のライブ・レコーディング・サポートメンバーとして関東近郊を中心に活動中。 オフィシャルサイト https://ippeih3.exblog.jp/ 【特記事項】 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順はご予約の方が優先(先着順)となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。
097d9be2 ce6a 45b7 99f0 6571a32122ae
■ 2018年10月10日(水) ■ 出演者:スギタヒロキ×YOSSEY×酒井ヒロキ ■ 公演名:高松公演 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥2,000/当日¥2,500(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:10/9 (火) 23:59まで。 <スギタヒロキ プロフィール> 1992年2月27日生まれ宮崎県生まれ静岡育ち。小中高とプロサッカー選手を目指していたが大学進学してすぐ怪我をして、路頭に迷っていたところで家にあった父のギターを弾き始め音楽人生が始まる。金髪の容姿からは想像もできないフォーク感、それを紡ぎ出すのはまっすぐな性格と生活感。それはどこかノスタルジックな気持ちにさせる。 <YOSSEY(ヨッシー) プロフィール> ロックの聖地、北九州出身。現在、栃木県の山中で田舎暮らしをしながら、東京を中心に全国でライブ活動をしている。 1986年 上京メジャーデビュー(テイチク) 1991年 XERXESで再デビュー(BMGビクター) 1999年 田中一郎(元ARB,甲斐バンド)とYossey & Chipsを結成。 2000年 インディーズでの活動に移行 2018年3月23日 新譜”水星note”発売記念ツアースタート! 音楽性は影響を受けたUKオルタナティブを軸とするが、長い活動によりその幅は広い。■オフィシャルサイト http://yossey.jimdo.com <酒井ヒロキ プロフィール> 大阪は十三が生んだ、関西音楽界のリーサルウエポン。歌ものギタリストとしての評価も高く、数々のアーティストとのセッションをはじめアレンジ・楽曲提供なども行う変り種。「高木まひことシェキナベイベーズ」のギタリストでもある。体温が感じられるような、人間くささを大切にした歌は、今日も聴くひとの背中をそっと支えている。■ オフィシャルサイト http://www.sakaihiroki.com 【特記事項】 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順は、全公演ご予約の方が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。
B8f9691c 576e 47b9 9f9d 3e61c3ea4410
■ 2018年9月30日(日) ■ 出演者:リクオ&大柴広己 ■ 公演名:「点と線の縁」 高松公演 ■ 開場 17:30/開演 18:00 ■ 前売¥3,500/当日¥4,000(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:9/29 (土) 23:59まで。 <リクオ プロフィール> 京都出身。'90年11月、MMGからミニアルバム「本当のこと」でメジャーデビュー。ソウルフルなヴォーカルと幅広いソングライティング、ニューオリンズピアノ、R&R、ブルース等に影響を受けたグルーヴィーなピアノスタイルで、注目を集める。'92年、忌野清志郎プロデュースによるシングル「胸が痛いよ」リリース。 '90年代は、シンガーソングライターとしてだけでなく、セッションマンとしても活躍し、忌野清志郎、オリジナル・ラブ、ブルーハーツ、真心ブラザーズ等のツアーやレコーディングに参加。'90年代後半より、インディーズに活動を移行。年間120本を越えるツアーで鍛えられたファンキーなライブパフォーマンスは、世代・ジャンルを越えて熱狂的な支持を集め、いつしかローリングピアノマンと呼ばれるように。ソロ活動以外にも、'04年にはキーボード奏者のDr.kyOn(ex.ボ・ガンボス)らと5人のピアノマンからなる世界で一番やんちゃなピアノアンサブル、CRAZY FINGERS、'12年にはウルフルケイスケ等とロックバンド、MAGICAL CHAIN CLUB BANDを結成。'12年から、コラボ・イベント「HOBO CONNECTION」を主催し、奇妙礼太郎、仲井戸“CHABO”麗市、高野寛、Caravan、カーネーション、七尾旅人、中川 敬(ソウル.フラワー.ユニオン )等多くのミュージシャンとのコラボ・ライブを繰り広げる。 ■オフィシャルサイト http://www.rikuo.net <大柴広己 プロフィール> 印象的な天然パーマ、 ハット、あごひげが特徴。ニックネームは「もじゃ」。2006年アルバム「ミニスカート」でデビュー。ギターと旅行鞄を携え、一年のうちの1/3を旅の中で過ごす「旅するシンガーソングライター」卓越したギター、誰にも似ていない歌声。 思わずドキッとさせられるセンセーショナルな歌詞。ニコニコ動画においても「もじゃ」という名前で活動しており、代表曲「さよならミッドナイト」「ドナーソング」「彼の彼女」「聖槍爆裂ボーイ」などの楽曲再生回数は500万回をゆうに超え、中でも「聖槍爆裂ボーイ」はオリコンウィークリーチャートで最高位2位を記録。現在までにアルバムは7枚発表されており、2013年に発売された5thアルバム「BANK」は自身で最高の売り上げを記録。近年では、ミュージシャンによるレーベル「ZOOLOGICAL」を主宰し、多数の作品を発表するなど自身の活動に平行して、マルチな活動を行っている。 ■オフィシャルサイト http://oshibab.wixsite.com/oshibahiroki 【特記事項】 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順はご予約の方が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。
C0867f77 8daf 461c a0d0 cd818257952f
■ 2018年10月6日(土) ■ 出演者:勝詩/市川セカイ ■ 公演名:勝詩とセカイの出ずっぱり絡み倒し2マンLIVE!! 高松公演 ■ 開場 19:00/開演 19:30 ■ 前売¥2,500/当日¥3,000(1オーダー別途) ■ 会場:高松RUFFHOUSE (http://www.barruffhouse.com) ※ 前売受付期間:2018年10月5日 (金) 23:59まで。 <勝詩 プロフィール> 瀬戸内海に浮かぶオリーブの島「小豆島」出身のミュージシャン、勝詩-Katsushi- 。島の情景や海や空、人との関わり、島への想いを唄に乗せ、関東、関西を中心に活動中。清涼感あふれる歌声とともに、島の風を感じてください。 ■オフィシャルサイト https://oliveislandmusic.jimdo.com <市川セカイ プロフィール> 透き通った声、耳に残るグッドメロディ。 ルーツを感じる音楽性に、短編小説のような作風も持ち 聴いた人からは「美しい音楽」と形容されるシンガーソングライターである。 ■オフィシャルサイト https://www.ichikawasekai.com 【特記事項】 ※ チケット代金とは別にお飲み物1オーダーが必要になります。 ※ 満席の場合は入場制限させて頂く場合がございますのでご了承願います。 ※ 入場順はご予約の方が優先となっております。 ※ 金額は税込となっています。 ※ チケット代金は当日受付支払いになります。 ※ 定員数になり次第、予約打ち切りとなりますのでご了承ください。 ※ キャンセルが出た場合、自動的に予約受付になります。