スーパーマーケット研究家・菅原佳己主催 『ふところ餅を懐で温めつつ、高知おでんをつまむ会』周辺のチューリップ

エリア

全国
スーパーマーケット研究家・菅原佳己主催 『ふところ餅を懐で温めつつ、高知おでんをつまむ会』 周辺

日付指定

日付を指定する
愛知県田原市の農業をテーマにした体験型テーマパーク「サンテパルクたはら」。ウインナー作り、アイスクリーム作り、パン・お菓子作りなどの体験のほか、新鮮な農畜産物の直売所など大人から子供まで楽しめるテーマパークです。また、小動物園、ポニー牧場、ミニアスレチックなど、体験以外にも子供が楽しめる施設が満載です。 サンテガーデンでは春になると、サンテガーデンを中心に約6万本のチューリップが咲き誇ります。毎年3月中旬頃から4月中旬にかけて「チューリップフェア」が開催されており、八重咲きやフリンジ咲きなど、色鮮やかなチューリップを楽しめるスポットです。
D05a969f ec14 4fc8 a81f 76dfab28778c
総面積56ha(東京ドーム約12個分)の広大な敷地に四季の花々が美しく咲く浜名湖ガーデンパーク。地元のボランティアをはじめ、学校や企業などの協力を経て公園を育てていくスタイルで運営されています。浜名湖ガーデンパークは、2004年(平成16年)に開催された「浜名湖花博」の会場となり、以降も地元の人々や観光客が沢山訪れる浜名湖周辺の人気スポット。入場料は無料という点も嬉しい。(展望台や遊覧船クルーズなどは有料)また、園内は「西側エリア」、「街のエリア」、「里のエリア」の3つのゾーンからなっています。西側エリアは駐車場から近くサッカーやフリスビーなどを楽しめる広大な芝生広場があるエリア。街のエリアは、こども向けのアスレチックが設置されているこども広場、遊覧船ガーデンクルーズ、高さ50mから眼下に浜名湖ガーデンパークの花々や美しい浜名湖の風景が一望できる展望台などがあるエリア。「里のエリア」は世界各国の植物が観賞できる国際庭園やバラ、ひまわり、コスモスなど四季折々の花を楽しめる花の美術館などのエリアです。 毎年4月になると、「花の美術館」ではピンクやオレンジなどのカラフルな色のチューリップが約150種、1万本、咲き揃い、大変鮮やかな光景を目にすることができます。
7758f747 9405 47b5 8a39 cf7f4fe1ecd3
954aa390 a463 4024 974b 8403bab31991
7f902d86 a593 4d9a baac f5951d304cfb
馬見丘陵の地形を活かした4つのエリアでチューリップをはじめとした約50万株の花々を楽しめる馬見丘陵公園。なだらかな傾斜を利用した壮観なチューリップとネモフィラの開放的な景観が魅力の「集いの丘エリア」。花見茶屋に隣接する彩りの広場で様々なチューリップをが咲き誇る「花見茶屋エリア」。道の両側にチューリップとムスカリが咲きそろう「花の道エリア」。定時になるとメロディが流れる「カリヨンの丘・春の花畑エリア」など見所が満載です。また、チューリップフェア中には音楽やダンスなどのステージイベントが行われるほか、地域の物産販売、フラワーマーケットなども開催されています。
奈良県、馬見丘陵公園のチューリップ。 風が強くかなり揺れていましたが 曇り空だった天気も青空になって とてもいいタイミングで訪れることができました。
by yumi
2018年4月7日
C36fef7d 5fa7 4357 bdaa b87cfec7498a
平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地にある公園。園内は、約126haという大阪市と守口市にまたがる広大さで、大阪を代表する公園。シンボルの風車前の広場には、春にはチューリップが広がり、鮮やかな彩りを見せてくれる。また、夏はサルビア、秋はコスモスと花が次々と咲く。花の万博の際にパビリオンとして建設された「咲くやこの花館」(大人500円、中学生以下無料)には日本最大の温室があり、植物約2,600種、約15,000株を温室、冷室8つのゾーンにわけて栽培展示する総合植物館で、世界各地の植物が一年中見られる。さらに緑の中でバーベキューやキャンプを楽しむことができる設備が整い、家族や仲間同士で気軽にアウトドア気分を味わうこともできる。
E32c91eb cc7c 4d1b a317 f29fdc7ee744
兵庫県北東部に位置し、県内で面積が一番大きい市が豊岡市。春の風物詩となった「たんとうチューリップまつり」(4月中旬から下旬に開催)は、1991年から毎年、豊岡市但東町畑山のチューリップ畑で開催されているまつりで、100万本の色とりどりのチューリップが観光客を魅了する。まつりでは特産品の販売やバザー、チューリップ狩り、写真コンテストなどを開催しているが目玉は、趣向を凝らした「フラワーアート」。毎年約10万本のチューリップを使って、畑一面にその年のアートを描く。これまでに描かれてきたのは、「日本列島」「オランダ風車」「こうのとり」「明石海峡大橋」「チューリップ」「ドラえもん」「ユメハッチ」「宇宙戦艦ヤマト」「鉄腕アトム」「アンパンマン」「ハローキティ」「のじぎく兵庫国体」の人気マスコット「はばタン」「コウノトリ」「パンダ」「ペコちゃん」などなど。毎年趣向を凝らしたデザインとテーマがみる人に感動を与えている。2008年は北京オリンピックにちなみ、子供達に人気のある「パンダ」だったが2009年のデザインは「ペンギン」。また、300品種のいろいろなチューリップが見られチューリップ狩りも楽しめる。