スーパーマーケット研究家・菅原佳己主催 『ふところ餅を懐で温めつつ、高知おでんをつまむ会』周辺のポピー

エリア

全国
スーパーマーケット研究家・菅原佳己主催 『ふところ餅を懐で温めつつ、高知おでんをつまむ会』 周辺

日付指定

日付を指定する
07352cf3 fe54 4390 94ca ea04b346d415
C57e3986 e5d7 4fbd a384 ba9aa5d2308d
4c833cc6 3c8a 423e b0bd 2ecfa635a15b
テレビドラマ「北の国から」で知られるのが富良野のラベンダー畑。60年代から北海道のラベンダーは、一時は富良野地に適した花として次々と農家が生計の為に植えていた。だが、時代と共に値段の安い化学香料に押され、ほとんどの農家が作物栽培へと転換して姿を消してしまう。そんな中で、今では富良野の代表的な花畑として知られる『ファ−ム富田』の富田忠雄氏は、こんな状況の中でも孤軍奮闘して栽培を続けていた。だが、「もう来年はラベンダー畑をやめて整地しよう」と、思ったが、妻の助言もあり、1年だけ延期した。そして翌年の75年6月、ラベンダー畑がたまたま当時の国鉄のカレンダーに載り、その光景の美しさは魅せられ全国の人々が訪れ始めた。 そんな人たちが感動する姿に、富田氏は励まされて再度、栽培に打ち込んだ。そして何とかラベンダーを生かそうと家族総出で作ったラベンダーの匂い袋や香水が富良野のお土産として評判になり、植物性香料の優秀性が見直された。一度は、あきらめようと思ったラベンダー畑には、遠くアジアなど海外からも含めて年間100万人以上の人々が訪れている。ラベンダーに打ち込んだ富田氏の熱意が生んだ、美しい花畑の風景に多くの人々は魅了されている。また、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に「ラベンダーイースト」がオープン。ファーム富田より東へ約4キロメートルの場所にある。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめる。
B83682a9 16c6 420e 852e 492016ed1941
花園 多くの花がいっぱいに咲きほこる花園はまるでパラダイス。 写真で見慣れた風景の中にも新たな発見に出会う。
3.0
by なかよし
2017年7月16日