Green banner

【桜・見ごろ】薄川堤防周辺の観光・名所・絶景

日付指定

日付を指定する
Ba45eeae da9f 438c 9c49 28b3793bc207
F160de68 972b 40e9 a5c9 a7c10174e81f
D3c98850 4a13 457b 856a be21a2a2d87d
戦国時代の永正年間(1504〜1520年)、信濃守護家小笠原氏が深志城を築城したものが、松本城の土台となっています。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家が関東に入府。当時の徳川家家臣の松本城主小笠原秀政は下総古河(現在の茨城県古河市)3万石を与えられ転封。その後、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守、乾小天守のある石垣造の近世城郭に改築しました。 現在の黒漆塗りの下見板張りの天守は国宝に指定、城跡は国の史跡に指定されています。 本丸正門の復元された黒門は侵入者が直進できないよう桝形門になっており、一の門が櫓門、二の門が高麗門になっています。
カラス城 天気は良く、風は少し吹いてたぐらいだったため、水面反射が綺麗でした
by たいまる
2018年8月18日
松本城の紅葉
11月上旬~11月中旬
長野県松本市にある松本城は、国宝に指定されている城です。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古とされています。秋になると紅葉の鮮やかな色づきが美しく、黒と白の天守のコントラストが映え素晴らしい景観です。例年11月上旬から11月中旬に見頃を迎えます。通年ライトアップも実施しているので、幻想的な城の雰囲気を楽しむこともできます。
松本城の桜
4月中旬
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
98ed8ed6 fbb1 4a1d a312 ab88f64d83ae
上田城は真田昌幸により、1585年、1600年の二度にわたり、徳川軍を退けたお城として有名です。 真田昌幸が当主であった天正11年(1583年)に築城。現存している櫓、堀、石垣などは、仙石忠政によって寛永年間に再建されたものです。 かつては七棟あった本丸の櫓のうち現存するのは西櫓、南櫓、北櫓の三櫓のみです。いずれも下見板張、二重二階で同じ規模ぐらいです。本丸の水堀と土塁は現在は空堀ですが、江戸時代までは水堀でした。 櫓門、南櫓、北櫓見学が可能になっています。
真田丸でお馴染みの真田家の居城上田城。いまは天守は無いですが櫓に登ることはできます。 真田家はこの場所で地の利を活かして二度も徳川軍を撃破しています。本当に戦上手だったんですね。
by ちぇりTop user
2016年12月23日