Green banner

【桜・見ごろ】薄川堤防周辺の遊園地

日付指定

日付を指定する
B32fda2d 720b 4310 9159 5b49c336865a
懐古園の紅葉
11月上旬~11月中旬
長野県小諸市にある「懐古園」。小諸城址を公園として整備したもので、400年を超える苔むした石垣の緑と、黄、橙、朱に美しく色づいたモミジ、ケヤキ、イチョウ、カエデの紅葉を見ることができます。また、園内には動物園や児童遊園地などもあり、ファミリーで1日楽しめるスポットとなっています。
5febc0d0 b698 4786 8be9 5841cb8b9a4d
小諸城址 懐古園の桜
4月中旬~4月下旬
島崎藤村の「千曲川旅情の歌」で「小諸なる古城のほとり」と歌われた小諸城。その城址につくられた懐古園は、明治13年(1880年)に本丸跡に懐古神社を祀り、懐古園と呼ぶようになったのがはじまり。園内の桜は、大正15年(1926年)に“公園の父”と呼ばれた本多静六林学博士の設計で植栽された。現在では千曲川を望む馬場を中心にソメイヨシノやヒガンザクラ、シダレサクラなど約450本。周囲の老松の緑との調和が美しく、日本の「さくら名所100選」にも選定されている。桜は多くの種類が時期を少しずつずらして咲き競うため、長い期間にわたり花見が楽しめる。なかでも、小諸発祥で八重咲きの濃い紅色の花を咲かせるコモロヤエベニシダレは見逃せない。市民の保存活動により、園内各所で鑑賞できる。桜まつり期間中はぼんぼり点灯やライトアップが行われる。また、園内には藤村記念館や美術館、動物園、遊園地もあり、楽しみ方もさまざま。
6f5d5c0b cbcb 4530 86d1 c3c842d54fba
関連記事あり
長野県小諸市のおすすめ観光・名所8選!
D905310a c466 4ec3 a94b 89bdc1493ee9
D6e42393 7966 48d2 9359 541a067f751e
秩父市と小鹿野町の約375haもの広大な敷地にまたがる緑豊かな長尾根丘陵にある秩父ミューズパーク。パーク内はスポーツの森ゾーン(テニスコート、プール、F1ゴーカート、フォレストアドベンチャーなど)、音楽の森ゾーン(音楽堂、野外ステージなど)、文化の森ゾーン(百花園、梅園など)に分かれており、それぞれのゾーンは、延長約3kmの「スカイロード」でつながっています。 また、パーク内の展望台からは、秩父市街地やその先に控える外秩父山地や武甲山が一望でき、雲海発生時には秩父盆地一帯に雲海が広がる絶景をみれるスポットとなっています。
秩父ミューズパークです。
by Kazuo Fukusima
2018年5月3日
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。
ぐんまフラワーパークのチューリップ
4月上旬〜4月下旬
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、チューリップフェスタ(毎年4月上旬から4月下旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 毎年4月上旬頃になると、ぐんまフラワーパークのチューリップは早咲きから遅咲きまで約50種19万球のチューリップが楽しめます。フラトピア大花壇を筆頭に園内の様々な場所で色とりどりのチューリップが花を咲かせます。展望台から眼下に広がるチューリップを観賞すると、いつもとは違った圧巻の光景に出会えるので、訪れた際にはぜひ展望台に登りたい。
A797fafb d092 417d a1da 5fa3ce3a3c63
ぐんまフラワーパークのツツジ
4月下旬〜5月中旬
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、チューリップフェスタ(毎年4月上旬から4月下旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 ぐんまフラワパークのツツジは「虹色の小径」と呼ばれる「つつじヶ丘」で約50種約350株、「わんぱく広場」で約20品種224株を観賞できます。ヒラドツツジ、キリシマツツジ、ヤマツツジなど色鮮やかなツツジを十分に満喫したい。
E5a0e577 0b9e 4dad a406 b00ec5a1d7bb
ぐんまフラワーパークのバラ
5月中旬〜6月上旬
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 ぐんまフラワーパークのバラはイギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、日本と世界各国の香りをテーマにした約400品種1,600株。サントリーフラワーズが開発した奇跡の青いバラ「アプローズ」、ベルサイユのバラシリーズなど、様々な種類のバラもぐんまフラワーパークを訪れれば一度に観賞できる点は嬉しい。
415af47e 7575 4351 a1bc 3500863e63d9
関連記事あり
一足早い春!ぐんまフラワーパークの「アザレアフェスタ」を楽しむ!
Be32368e 9342 45fd 8f0f 9fb2c2a527de