Green banner

三熊野神社大祭周辺

日付指定

日付を指定する
Fced0e62 fa65 4824 aee8 df6d0e3a7c58
D6843044 e922 4065 ad45 8554b66d833e
Spot noimage
奈良時代に行基によって双剣された「法多山尊永寺(はったさんそんえいじ)」。地元の人々からは「はったさん」の愛称で親しまれています。 歴史は古く、創建されたのは奈良時代。神亀2年(725)に聖武天皇の命を受けた行基上人が手掛けたと記録されています。本尊の「正観世音菩薩」は厄除観音として有名。「厄除け団子」や「厄除け御守り」なども販売されており、全国各地から厄を祓いのために参拝客が訪れています。境内には歴史価値の高い建造物が点在。門前町の間を抜けた先に見える「仁王門」は、寛永17年(1640)に建造された国指定重要文化財。また、桧皮葺(ひわだぶき)の「黒門」は市指定文化財に指定されています。 季節ごとの表情を楽しめるのも魅力のひとつです。例えば、7月10日は1年で最もご利益がある日と伝えられており、1,500基の灯籠が飾られる「万灯祭」が開催されます。その日に参拝すれば46,000日分のご利益があるといわれ、幻想的な雰囲気のなかで心安らかに祈りを捧げてみてはいかがでしょう。 また、法多山尊永寺は、「油山寺」と「可睡斎」に並ぶ「遠州三山」のひとつ。夏場に開催される「遠州三山 風鈴まつり」では、回廊いっぱいに風鈴の音色が響きます。願い事を記した短冊と共に奉納できるので、旅の思い出を残すのにも最適です。
万灯祭 本堂前には参詣社の手によって何千基もの灯籠が奉納され、法多山の夏の夜は幻想的な雰囲気に包まれます。
by なべ一号Top user
2018年7月9日
97f37da2 b371 4444 a060 6b4be57cd7a6
2001年に完成した「静岡県小笠山総合運動公園 エコパ」は、広大な敷地内に公園・スタジアム・グランド・ビオトープなどが併設されている観光スポットです。 常連客から「エコパ」の愛称で親しまれている、静岡県小笠山総合運動公園エコパ。シンボルともいえるのが、5万人を収容できる「エコパスタジアム」です。2002年のFIFAワールドカップの会場にはじまり、ジャパンラグビートップリーグの試合、有名アーティストによるコンサートなど、数々の感動が生まれています。 施設内にある「エコパスポーツミュージアム」には、サッカーを中心とした記念品が展示。エコパ開演10周年を記念して併設され、ワールドカップの公式試合球や1968年のメキシコ五輪で獲得した銅メダルなども飾られています。スポーツ好きの方は必見です。 そのほか、公園全体の6割を占める「ふれあいの森」もおすすめ。自然豊かなビオトープには、約650種類の植物を確認することができます。3つのウォーキングコースがあり、季節の草花や野鳥を観察しながらゆっくりと散策できます。