くのわき・花桃の宴~地域住民とお花見しませんか?~周辺の名勝

69394b79 f363 4cb4 a870 d2930deddfb4
Ab689584 0149 46f4 b246 2e70569c22df
0f0b6fc4 7cf6 49c8 a55a 238b1d7c819f
武蔵野段丘の南緑の国分寺崖線と呼ぶ段丘崖と豊富な湧水を利用して造られた回遊式林泉庭園の殿ヶ谷戸庭園。昭和4年(1929年)に三菱財閥創業家で三菱合資会社の取締役であった岩崎彦彌太が江口家から別邸として買い取り、津田鑿の設計で洋風邸宅、数奇屋風の茶室(紅葉亭)などを新築し「国分寺の家」として親しむようになりました。庭園の段丘上には芝生地が広がる洋風庭園があり、崖線の傾斜面はアカマツ・モミジ・竹林・クマザサで覆われ、崖線下には湧水の次郎弁天地を中心とした和風庭園が備わっています。 現在では、平成23年(2011年)に殿ヶ谷戸庭園(随冝園)として国の名勝に指定されています。 ※随冝園は岩崎家の前所有者の江口家がつけた別荘の名前です。 【庭園内の見所】 次郎弁天池 地下水が湧出す崖線が敷地内にあり、涌水を利用して造られたものが次郎弁天池。殿ヶ谷戸庭園唯一の池です。周囲にはモミジをはじめとした植物が植えられており、紅葉の時期の池とモミジのシンクロが大変な絶景です。 紅葉亭 数奇屋造り風の高台にある茶室。次郎弁天池周辺の約190本のモミジの紅葉が見下ろせる場所に備えられています。現在では、茶会・句会にも利用できます。 藤棚 5月上旬に見頃を迎える藤の花。岩崎家が当地を保有していた時代から庭園に備わっている藤は大変見事な花を咲かせます。 萩のトンネル 竹で編んだトンネルに萩を沿わせて仕立てたトンネルです。9月中旬頃から見頃を迎えます。 本館 岩崎彦彌太の別邸として昭和9年(1934年)に建てられた洋館です。日本間と洋間が融和した和洋折衷の貴重な建物です。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
国分寺殿ヶ谷戸庭園 国分寺駅南口、マルイなどが駅ビルが並ぶなか、徒歩1,2分で庭園の別世界に入れます。 昨年、ちょうど紅葉の見頃に訪れる事が出来ました。すでに日本庭園が紅葉の赤色に染まっていて、素晴らしかったです。特に見上げてみると赤いもみじに囲まれている感じがよかったです。また、国分寺崖線という崖地を利用してあり、紅葉亭から見下ろすと、庭園の池ともみじが絵のように美しかったです。
5.0
by 平岩蘭Top user写真・映像
2017年11月24日

63ba4789 d8a5 4d49 8427 f769b8fc9cc2
95b6e122 754d 4f5b a7e6 d709a6ccc1e5
83441206 b947 46f0 9bd1 3fb2299e053b
辺り一帯岩畳となって荒川沿いに広がる長瀞岩畳。国指定名勝・天然記念物で、長瀞を代表する観光スポットです。秩父盆地を流れる荒川が、長い時間をかけて、長瀞の結晶片岩地帯を侵食することにより、奇岩に富んだ断層谷や岩石段丘を作りだしました。長瀞岩畳は地質学的に見ても非常に珍しく「日本地質学発祥の地」とも言われているそう。 船頭さんが船を漕いでくれる長瀞の人気アクティビティ「長瀞ラインくだり」では、ゆるやかな荒川を下る最中に、岩畳を船から見上げることができ、地上から見るのとは違った絶景が待ち受けます。
35392fb6 0992 49b3 80b8 169745c0e8d9
石畳 周辺の山が紅葉していて綺麗でした🍁
5.0
by さかもと⊿Top user相撲部屋
2018年12月2日