Green banner

【桜・見ごろ】城山公園周辺

日付指定

日付を指定する
Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
6db68407 bf71 4d07 af7f 04870d471dbc
Spot noimage
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
この季節の松本城と桜はライトアップされ、昼間見る桜とは 違った雰囲気を醸し出してくれています。
by 小俣じじ
2018年3月20日