バンバン・バザール New Album Release Tour in 高崎周辺の藤

日付指定

日付を指定する
4394bc90 c75f 4a98 a18a def94dab3a58
341abbad f30a 4a9e 9b4b c2e595316d52
7af2f988 0a64 4673 93ce e734b0aae8ac
栃木県南西部、足利市にある四季折々にさまざまな花を楽しむことができる花のテーマパーク。園内にある名物が中央にある栃木県指定天然記念物になっている樹齢約150年の「野田9尺藤」の大藤。枝の広がりは517平方メートル(500畳の広さ)に及びます。また、庭木仕立てのフジ、80mにも渡って続く白藤の花のトンネル、そしてスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤達と、工夫を凝らした藤は、訪れた人を飽きさせない演出。メディアに出る事が多いのは紫の大藤ですが、例年4月中旬から薄紅色の藤、紫の藤、白藤、黄色と少しずつ時期をずらして咲いていきます。夜はライトアップされた大藤のトンネルの中を通ることもでき、昼間とはひと味違う藤の魅了が存分に楽しめます。足利フラワーパークの藤はアメリカCNNが選定した「2014 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選定された世界も認める絶景スポットです。 そのほか、園内散策で疲れた時に嬉しい、あしかがフワラーパーク限定のオリジナルソフトクリーム「藤ソフト」(400円)もおすすめ。
あしかがフラワーパーク❁ 藤まつり期間は9時まで営業してます! 藤の匂いが強かったけどすごく良い匂いでした♩◦. ツツジも色とりどりで綺麗でしたしライトアップされている藤が幻想的でした!
by るる
2018年4月29日
Ab689584 0149 46f4 b246 2e70569c22df
0f0b6fc4 7cf6 49c8 a55a 238b1d7c819f
88812527 8bae 4250 af21 5d86589ad9bf
武蔵野段丘の南緑の国分寺崖線と呼ぶ段丘崖と豊富な湧水を利用して造られた回遊式林泉庭園の殿ヶ谷戸庭園。昭和4年(1929年)に三菱財閥創業家で三菱合資会社の取締役であった岩崎彦彌太が江口家から別邸として買い取り、津田鑿の設計で洋風邸宅、数奇屋風の茶室(紅葉亭)などを新築し「国分寺の家」として親しむようになりました。庭園の段丘上には芝生地が広がる洋風庭園があり、崖線の傾斜面はアカマツ・モミジ・竹林・クマザサで覆われ、崖線下には湧水の次郎弁天地を中心とした和風庭園が備わっています。 現在では、平成23年(2011年)に殿ヶ谷戸庭園(随冝園)として国の名勝に指定されています。 ※随冝園は岩崎家の前所有者の江口家がつけた別荘の名前です。 【庭園内の見所】 次郎弁天池 地下水が湧出す崖線が敷地内にあり、涌水を利用して造られたものが次郎弁天池。殿ヶ谷戸庭園唯一の池です。周囲にはモミジをはじめとした植物が植えられており、紅葉の時期の池とモミジのシンクロが大変な絶景です。 紅葉亭 数奇屋造り風の高台にある茶室。次郎弁天池周辺の約190本のモミジの紅葉が見下ろせる場所に備えられています。現在では、茶会・句会にも利用できます。 藤棚 5月上旬に見頃を迎える藤の花。岩崎家が当地を保有していた時代から庭園に備わっている藤は大変見事な花を咲かせます。 萩のトンネル 竹で編んだトンネルに萩を沿わせて仕立てたトンネルです。9月中旬頃から見頃を迎えます。 本館 岩崎彦彌太の別邸として昭和9年(1934年)に建てられた洋館です。日本間と洋間が融和した和洋折衷の貴重な建物です。
久しぶりに殿ヶ谷庭園に行ってみました。 こちらは東京都で障害者手帳持って無料に使って入りました。 流れる川とか今回七夕の日にたまたま入ったら、飾っていました。 またいこうかな
by WSM4=auⓂ︎z
2018年7月8日
Cc5bd108 eda9 4eca a1a3 a282a1d70975
千葉県野田市の清水公園は、たくさんの自然と触れ合える入園無料の公園です。日本さくら名所100選に選ばれる「桜」は、全国でも有数の名所です。そのほか、ツツジも関東有数の名所として知られています。 園内にある「清水公園フィールドアスレチック」は国内最大級の本格的なアスレチック施設。3コース、100個のポイントを攻略していきます。人気の水上アスレチックは、大人もついつい真剣になってしまうスリル満点のエリアです。シャワールームやコインランドリー、場内ショップの軽食メニューなど施設も充実。休日はご家族や、グループで賑わう人気の公園です。
526944b7 eb0a 493a 82fc 68afc19500a5
花の咲く草木観賞の花園として江戸時代から続く向島百花園。現存する唯一の江戸時代の花園です。文化・文政期(1804年〜1830年)に仙台出身の骨董商を営んでいた佐原鞠塢(さはらきくう)が江戸の文人墨客の協力を得て開園させました。「四季百花の乱れ咲く園」という意味から百花園と名付けれらたと言われています。 開園当初は360本もの梅の木を植えたことから浅草の呉服商伊勢屋彦右衛門の別邸・清香庵の庭「梅屋敷」に倣って「新梅屋敷」と呼ばれていたそうです。その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。 現在では、昭和53年(1978年)に文化財保護法により国の名勝・史跡に指定されている名園です。 【庭園内の見所】 梅 例年2月上旬〜3月上旬には梅まつりが開催される向島百花園。かつて「新梅屋敷」と呼ばれていましたが、現在でも影(つきかげ)・初雁(はつかり)・白加賀(しらかが)・道知辺(みちしるべ)・鹿児島紅(かごしまべに)など約20種類近くの梅を楽しめます。 花の棚 藤の花は5月上旬頃に棚全体に花房が下がり見頃を迎えます。向島百花園には4月上旬頃に黒紫色の花をつけ、10月上旬頃になると、淡紫色に色づいた実も楽しめる「ミツバアケビ」や8月下旬頃に見頃を迎える紫紅色のクズの棚など珍しい品種も沢山植えられています。 ハギのトンネル ハギを竹で編んだトンネルに沿わせて仕立てた百花園の名物。9月下旬頃に約30メートルのトンネルがお目見えします。
Ae8cd576 347b 43ec a64b 3edbbe8acdd3
580126c3 02f3 4079 883b 4bf3f08ba63e
8be23e94 05c3 45c7 a6b2 247edd39ac13
江戸時代には江戸城の出城としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園、浜離宮恩賜庭園。海水を引き入れ、潮の干満によって池の趣を変える様式で、都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池(潮入の池)があります。 浜離宮恩賜庭園は徳川三代将軍の徳川家光の三男であり、甲斐甲府藩主の松平綱重が海を埋め立て甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てたことがはじまりです。その後、綱重の子、松平綱豊(後の徳川六代将軍 徳川 家宣)が将軍になったのを機に、甲府浜屋敷は徳川将軍家の別邸となり「浜御殿」と呼ばれるようになりました。明治維新によって徳川政権が崩壊すると、皇室の離宮となり「浜離宮」と名称を変更し、現在に至ります。昭和27年(1952年)には旧浜離宮庭園として国の特別名称、特別史跡に指定されてています。 【庭園内の見所】 中島の御茶屋 宝永4年(1707年)に造られて以来、徳川将軍、奥方、公家たちが利用した休憩所。昭和58年(1983年)に再建。現在でも中島の御茶屋では、抹茶、和菓子セットなどを供していて、浜離宮恩賜庭園を訪れた人の休憩所となっています。 松の御茶屋・燕の御茶屋 徳川11代将軍 徳川家斉の時代に造られましたが、戦災で焼失。その後平成22年(2010年)に松の御茶屋が、平成27年(2015年)に燕の御茶屋が復元されました。 お伝い橋 汐入の池の岸から小の字島と中島を結ぶ延長118メートルの総ヒノキ造りの橋。平成24年(2012年)に改修されました。 新樋の口山 浜離宮恩賜庭園の大手門入口を入り左手の東京湾に面した水門近くの山。レンボーブリッジやお台場などを一望できるスポットです。 水上バス発着場 浅草、両国、お台場海浜公園、葛西臨海公園などへの水上バス発着場。浅草方面に上って行くと、隅田川に架かる沢山の橋を水上から見上げることができます。
今日浜離宮恩賜庭園に初めて寄りました。 けっこう松の木が300年の松の木のようでした その他お伝い橋とか昔江戸時代に暮らしていた故郷などがありました ものすごく広いため。 またみにいってみたいです。 こちらはお土産やさんです。
by ささらぎ 梅子
2018年8月11日
浜離宮恩賜庭園の紅葉
11月中旬~12月上旬
国の特別名勝及び特別史跡に指定されている浜離宮恩賜庭園では、毎年11月中旬頃から12月上旬にかけて紅葉した園内を見ることができます。潮入の池や園内各所ではサクラやトウカエデ、ハゼノキ、モミジなどが鮮やかに色づいた景観を楽しむことができ、池の水面に映る光景も見事です。
浜離宮恩賜庭園の菜の花
3月下旬〜4月上旬
江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。園内の大手門近くにはお花畑があり、内堀広場前のお花畑3,000㎡には、春のおとずれとともに約30万本の菜の花が咲き乱れ、周辺は黄色い絨毯で彩られ、高層ビルを背景に美しく咲き誇る。
10e2d575 7dcb 4b1a ad50 7e8bd14ecf6a
浜離宮恩賜庭園の桜
3月下旬〜4月中旬
浜離宮恩賜庭園は徳川将軍家ゆかりの庭園です。4月初旬はソメイヨシノが、中旬はヤエザクラが満開になるほか、ウコンザクラやギョイコウ等のめずらしい品種の桜が堪能できます。また、美しい桜の見ごろとなるこの時期には、開園時間を1時間延長して18時まで開園します。伝統ある浜離宮恩賜庭園と美しい桜を夕暮れまでお楽しみください。
1b5154ac 7cee 4a26 aa82 c4113520c4f9
関連記事あり
ただの移動でもプチ旅行気分に!都内の船での移動ルート5選
Ed538de9 8706 4bfa a9da 170d9e210939
関連記事あり
【東京 中央区】おすすめ観光・名所5選!浜離宮に水天宮、コレド室町
303c5910 1265 4b5d 8057 61d6abfd75ed
関連記事あり
都立9庭園〜春の開園時間延長のお知らせ〜
533cea7f 8463 4f91 b639 306b77ec1a23
関連記事あり
東京「芝・浜松町」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
D9ce6036 781f 4066 8e08 8773bdb2e651
関連記事あり
「浜松町発、今日はゆっくり街散歩」空路と海路をつなぐ街の魅力再発見。
D2b4155a 788a 4acf 9f13 f4bf688495a3
E18f5b74 d094 4d65 ac91 4cbfea84f42e
763c0e0d 8fe0 4f39 b317 9729de389f53
8628f8cb f7b8 4218 bb17 25e568f29657
東京に残る江戸初期の大名庭園の一つ旧芝離宮恩賜庭園。池泉を中心に庭園の区画や石がバランスよく配置された回遊式泉水の庭園です。 江戸時代の大名・老中「大久保忠朝」(肥前唐津藩第2代藩主)の上屋敷の庭園「楽寿園」が旧芝離宮恩賜庭園の始まりとされています。この地はかつて海面であったそうですが、明暦(1655年〜1658年)の頃に埋め立てられ、延宝6年(1678年)に大久保忠朝が邸地を建てたとされています。 幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となり、明治4年(1871年)に有栖川宮家の所有になりました。その後、明治8年(1875年)に宮内省がこれを買い上げ、大正13年(1924年)に昭和天皇のご成婚記念として東京に下賜されました。また、昭和54年(1979年)には文化財指定名勝として国の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 西湖の堤 中国の杭州にある西湖の堤を模した石造りの堤。堤の先にある中島の石組みは大久保忠朝の上屋敷があるころからのものだそうです。小石川後楽園の西湖の堤も中国の杭州の西湖を模したものですので両庭園でそれぞれ見比べるのも楽しみのひとつです。 中島 旧芝離宮恩賜庭園の要となる箇所。池の中央にある中島です。中国で仙人が住み不老不死の池と言われる霊山を模した蓬莱石組となっています。 枯滝 豪快かつ繊細な石組みで造られている枯滝。滝の河床が園路になっており、景観の変化を楽しめます。 大山 庭園内の最も高い築山。頂上から観賞する大泉水は大変綺麗な光景です。 大泉水 庭園の要となる約9,000㎡の池。以前は海水を引き入れた潮入の池でしたが、現在は淡水の池となっています。
庭園で散歩最高です。春の訪れも感じました🌸
by さかもと⊿Top user
2018年3月10日
Eb00c80a 7e8a 41f0 91ca 6ee89a500d1e
269bf434 4790 473a a8fc 8888b39726ab
Spot noimage
亀戸天神の藤棚は、江戸の藤として知られ「名所江戸百景」をはじめとする多くの浮世絵、錦絵に、その繁昌ぶりが描き残されている。江戸時代、亀戸は湿地で初代宮司が水を好む藤を社前に植えられ江戸の名所として五代将軍綱吉公、八代吉宗公が訪れた記録もある。だが、過去には戦争により焼失してしまったが、昭和25年頃から歳月をかけ、地元の風致保存会が見ごとに甦らせた。赤い大きな鳥居をくぐって境内に入ると、太鼓橋が曲がりくねった心字池に大小の弧を丸く描いて架かる。藤の季節にはこの橋の上か ら見渡す景色が素晴らしい。普通は藤棚といえば下から見上げて見るものだが、橋の上から眺めると境内全体に薄い紫色の雲がたなびいているかのような特別の風情が楽しめる。境内は100株以上ある藤が蔓を巻きながら紫色の花房を垂れさげ、夜間もライトアップされて美しさを咲き誇っている。
亀戸天神 東京一と言われる藤の花が見事です!亀戸天神はスカイツリーも見えるので、藤の花とスカイツリーの2ショットというほかには無い景色が観賞出来ますね!
by 平岩蘭Top user
2017年4月29日
16dd413e d85e 469d b6a8 0f6a0bae7a87
神奈川県小田原市城内に位置する小田原城址公園。小田原城の本丸や1960年に復興された天守閣を中心として公園が整備されています。現在の小田原城公園への入り口は正規登城ルート(正面入口)、学橋・二の丸経由ルート、北入口・御用米曲輪経由ルート、南入口・御茶壺曲輪経由ルートの4つ。小田原城の正規登城ルートは正規登城ルート(正面入口)となっており、お堀端通りには歴史ある飲食店や商店が軒を並べ、春には桜が見事なルートです。なお、城址公園の大部分は国の指定史跡の区域となっています。 天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所ですが、城址公園の「御感の藤」も大変見事です。大正天皇が皇太子の頃「見事な花に心なきことよ」と、しばらく馬を止めて感嘆されたことからその名がついたそうです。小田原市指定天然記念物、かながわの名木100選にも選定されており、満開時期には藤棚から垂れる花房が1メートルにもなり、見応えがあります。
6a62345b 03bf 4088 8d01 f221aafe8484
藤枝市のほぼ中央に位置し、花と鳥と水がテーマの蓮華寺池公園。四季を通じて咲く花々が植えられているほか、園内には、ジャンボすべり台、子供広場、日本庭園、古墳の広場、野外音楽堂などの施設があり、一年を通じて多くの人が訪れます。さらに、公園内には「スターバックスコーヒー藤枝蓮華寺池公園店」、スポーツと健康づくりに特化した子育て支援施設「れんげじスマイルホール」(蓮華寺池公園第2駐車場内)など、デートやファミリーで訪れても楽しめるような施設が備わっていることも嬉しい。 また、春には池の周囲約1.5キロメートルの園路沿いに桜(約1,300本)や藤(20種類250本以上)が、夏には蓮の花、冬には梅(約380本)が大変綺麗な花を咲かせます。毎年、藤の開花時期に行われる「藤まつり」は、蓮華寺池公園内でご当地特産品の販売なども行われ、藤枝市を代表する花祭りです。