Green banner

桜花祭周辺

0f25b21f 2828 4ebe b785 26b65574c8f6
京都府京都市にある北野天満宮は、天神信仰発祥の地であり、日本中に約12,000社もあるといわれる全国天満宮・天神社の総本社です。梅とともにモミジが有名で、境内西側のもみじ苑には史跡「御土居」があり、モミジが約300本、中には樹齢350年から400年のものも現存しています。もみじ苑北側には鶯橋があり、その下を流れる清流紙屋川の水面に映える紅葉は、訪れた人々を魅了します。また、11月中旬〜12月上旬にはライトアップが実施され、昼間とは違った風景を楽しむことができます。
学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社。境内は、豊臣秀吉が北野大茶会を催した所としても知られる。約2万坪の境内には約50種1,500本の梅があり、早咲きの梅は正月明けに冬至梅、照水梅、寒紅梅等が寒さの中、初春を告げるかのように咲き始め、2月上旬から3月下旬まで「梅苑」が開苑する。さらに2月25日は菅公の命日にあたり「梅花祭」が斎行され、当日は上七軒歌舞会協賛の野点茶会が三光門前西広場にて催される。また、毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿も公開されている。
12568305 3dd0 462c bd8a 36245f35ac3e
E53636e6 f9f4 4531 8352 79dae3897852
C68ef3a8 0e3e 4366 bfeb 4a4555fb7987
金閣寺は京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺院です。一般的に金閣寺の名称で有名ですが、正式名称は鹿苑寺です。金閣寺の名称の由来は、舎利殿「金閣」が特に有名なためそう呼ばれるようになりました。平成6年にはユネスコの世界遺産に登録されています。それをきっかけに海外でも有名になり、外国人観光客が多く訪れています。   金閣寺の歴史は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。応仁の乱などで焼失した建物もありましたが、江戸時代に入ると舎利殿も含めて修復が行われました。1950年には放火により焼失してしまったこともありましたが、寄付などの支援もあり5年後には再建され今に至ります。   そして、金閣寺の最大の魅力はその素晴らしい景観です。金閣寺の目の前には鏡湖池と呼ばれる池があり、そこに美しい金閣の姿がまるで鏡のように映ります。また、四季折々色々な表情を見ることができるのも魅力のひとつです。冬には雪景色、秋には紅葉とともに美しい金閣をみることができますよ。夕日の時間帯には茜色に輝く金閣を見ることもできるのでおすすめです!
初めて訪れた金閣寺。 天気も良く青い空に金色に光る金閣寺が印象に残りました。
by Mei
2018年6月27日