桜花祭周辺

学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社。境内は、豊臣秀吉が北野大茶会を催した所としても知られる。約2万坪の境内には約50種1,500本の梅があり、早咲きの梅は正月明けに冬至梅、照水梅、寒紅梅等が寒さの中、初春を告げるかのように咲き始め、2月上旬から3月下旬まで「梅苑」が開苑する。さらに2月25日は菅公の命日にあたり「梅花祭」が斎行され、当日は上七軒歌舞会協賛の野点茶会が三光門前西広場にて催される。また、毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿も公開されている。