横浜港 日本郵船氷川丸 ハワイ&タヒチ フェスティバル周辺

41bbd73d f591 4d4d a983 131f6d4e33b4
28e11d75 aefe 4d7e 9c74 c6e95b4a81b5
Fba2e7de 7e31 4f81 9436 c8fe8e3c6aa4
横浜市中区山下町にある山下公園は、昭和5年(1930年)3月、関東大震災のがれきを埋め立てて作られました。当時は、現在の沈床花壇の部分が船溜まりになっており、現在も氷川丸の横にある小さな橋がそのなごりをとどめています。 ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな、デートにもおすすめの公園です。 山下公園は海への眺望はもちろん、記念碑や歌碑など、見どころが多いのが特徴です。代表的なのは、サンディエゴ市から贈られた「水の守護神」、童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子像」、「かもめの水兵さんの歌碑」など。また、公園の西端には在日インド人協会から昭和12年(1937年)に寄贈された「インド水塔」があります。 横浜市の4代目建築課長鷲巣昌氏により設計され、細部まで緻密なデザインのこのモニュメントは、横浜の近代建築として価値の高いものです。 また、山下公園は横浜のバラの名所でもあり、毎年春と秋の時期には、沈床花壇に190種類、約2,500株のバラが咲き誇ります。園内には、水路やベンチ、花壇などが設けられ、ゆったりと散策できます。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
いつか乗りたい外国船 ここが私たち親子の散歩道です
5.0
by コニタンTop userフェス
2016年10月8日