Green banner

北野天満宮 京菓子コレクション周辺

学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社。境内は、豊臣秀吉が北野大茶会を催した所としても知られる。約2万坪の境内には約50種1,500本の梅があり、早咲きの梅は正月明けに冬至梅、照水梅、寒紅梅等が寒さの中、初春を告げるかのように咲き始め、2月上旬から3月下旬まで「梅苑」が開苑する。さらに2月25日は菅公の命日にあたり「梅花祭」が斎行され、当日は上七軒歌舞会協賛の野点茶会が三光門前西広場にて催される。また、毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿も公開されている。
0f25b21f 2828 4ebe b785 26b65574c8f6
京都府京都市にある北野天満宮は、天神信仰発祥の地であり、日本中に約12,000社もあるといわれる全国天満宮・天神社の総本社です。梅とともにモミジが有名で、境内西側のもみじ苑には史跡「御土居」があり、モミジが約300本、中には樹齢350年から400年のものも現存しています。もみじ苑北側には鶯橋があり、その下を流れる清流紙屋川の水面に映える紅葉は、訪れた人々を魅了します。また、11月中旬〜12月上旬にはライトアップが実施され、昼間とは違った風景を楽しむことができます。