街撮りツアー「神田・日本橋彷徨」(神田カルチェラタン)周辺の花火

日付指定

日付を指定する
20fc6c05 e37b 4a33 98b0 43abf25d52b7
7e72ee77 4ae4 411d 92f1 4a5f40c31b58
Bfbdcc90 49a1 4dcf 9319 11209f3c2ca9
「映画のまち」ならでは!映画×花火のコラボレーション 調布花火大会は、東京都調布市を流れる多摩川河川敷を舞台にした関東屈指の花火大会です。調布市は、東京都のほぼ中央、多摩地区の南東部に位置し、新宿から特急で15分と都心へのアクセスが良く、自然豊かなまちです。調布市内にはたくさんの映画・映像関連企業が集まっていることから「映画のまち 調布」とも呼ばれています。「調布花火大会」では、大玉を中心とした大スターマインやキャラクターを描いた花火など、約10,000発のバラエティ豊かな花火が次々と打上がります。見どころはやはり調布が元祖といわれる「ハナビリュージョン」です。コンピュータ制御により音楽と花火が完全にシンクロし、映画音楽を基調としたプログラムが繰り広げられます。映画好きにはたまらない「映画×花火のコラボレーション」をお楽しみに! 東京都調布市と神奈川県川崎市の間を流れる多摩川。東京都調布市側の多摩川河川敷のベストポジションは有料指定席となっています。しかし、神奈川県川崎市側の多摩川河川敷には有料指定席などはありません。そのため、無料で大迫力の花火を楽しむことができるおすすめスポットになっています。神奈川県川崎市側の多摩川河川敷へのアクセス方法は、南武線「稲田堤駅」から徒歩で約10分、京王相模原線「京王稲田堤駅」から徒歩で約15分です。 【穴場スポット】 ①川崎市側の多摩川河川敷 ・住所:神奈川県川崎市多摩区 ・調布市側は有料席ですが、川崎市側は無料で鑑賞できます。 ②稲田公園 ・住所:神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2-9-1 ・川崎市側の多摩川河川敷付近にある公園。敷地面積の大きな公園なので、ゆったりと花火を楽しむことができます。