街撮りツアー「神田・日本橋彷徨」(神田カルチェラタン)周辺の百選

日付指定

日付を指定する
79076efe b291 4b8d b7c9 89fabea72dff
Cfea144c afbf 4d3a a743 20c2ef75040e
C07d6aab 861b 4815 b5e3 ec85c2dbc8dd
東京都千代田区の神田神社。通称は神田明神。 江戸東京に鎮座し1300年近くの歴史をもち、江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸中を守護してきた由緒正しき神社です。いまでは、東京の神田、日本橋、秋葉原、大手町、丸の内、築地魚市場ーなど108町会の総氏神様として地域を守護しています。また日本の三大祭りの一つにも数えられる神田祭りは5月の中旬に毎年行われ、多くの神輿で賑わいます。 神田神社のご利益は「商売繁昌」「医薬健康」「開運招福」「夫婦円満」「縁結び」「除災厄除」などと言われています。 その他、神田明神はアニメ「ラブライブ!」の聖地として人気のスポットとなっています。
217a9dde 92c6 4661 a8a0 20f51143d538
ご存知、江戸総鎮守 神田明神さんです。 成田山に参った人は行っちゃいけませんw ホントの名前は、神田神社。 とても綺麗な神社ですよ。 蛇足ですが、正面を出て向かい側は、湯島聖堂です。
5.0
by ばにぃローガンBronze神社仏閣
2018年5月26日
神田神社(神田明神)の桜
3月下旬〜4月上旬
江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもち、江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸中を守護してきた由緒正しき神社です。境内には桜の数は少ないですが、見頃の時期にはライトアップが行われ、淡いソメイヨシノが朱塗りの社殿や付近の景観とマッチする光景を楽しむことができます。また、4月にはその年の五穀豊穣を祈願する「春大祭(祈年祭)」が、境内の桜が満開の中行われます。神田明神の桜のビューポイントは、境内奥にある2階建駐車場付近で、屋上が空中庭園になっており、そこから見下ろす景色は圧巻です。
10b298f1 b2f0 49f6 9865 e23c20819a84
神田明神納涼祭り
毎年8月第2週末
神田明神境内でアニソンから伝統的な盆踊りまでを楽しめる神田明神納涼祭り。毎年8月 神田明神境内にて、一般参加自由の納涼祭りが開催されています。3日間かけて神田明神納涼祭り、神田明神納涼盆踊りが開催されています。盆踊りは、アニソン盆踊りから伝統的な盆踊りまで、毎日異なる趣旨で開催されている点も見所です。そのほか、日中は、様々なイベントや、資料館での特別展も開催されており、秋葉原や神田界隈を訪れた際には、江戸の祭りを楽しみに訪れてみたいですね。 2018年スケジュール ①神田明神納涼祭り ・開催期間 8月10日(金)~12日(日) ・開催時間 10:00~21:00(雨天中止) ②神田明神納涼盆踊り ・開催期間 8月10日(金)〜 12日(日) ・開催時間 18:00〜21:00(雨天中止)
9b2cd15b dc94 464f 9f90 3fef98cacf0b
関連記事あり
昔の東京の面影に逢いに行きたいなら「御茶ノ水」でよりみち散歩を
Dfc84307 d142 46b0 a9fe 9a0dcd0e85bd

340ca173 8ce9 4159 a9aa 7448599caf21
8066068f 5feb 4c53 990e ff227f1f76dd
5eeff80d 1d96 4b72 8908 13b8b61c21d7
東京都文京区にある湯島天満宮。通称は湯島天神。 文京区湯島にある湯島天満宮。458年の創建と伝えられ、日本神話に登場する怪力の神様「天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)」と、学問の神様として知られる「菅原道真公」を祀っています。湯島天神や湯島神社と呼ばれて親しまれています。 受験シーズンには、合格祈願に訪れる多くの受験生で賑わいます。学業成就・合格祈願のお守りや、就職お守り、交通安全お守り、学業成就鉛筆などの授与品を扱っています。 江戸時代より「梅の名所」として庶民に親しまれて来た湯島天満宮には、白梅を中心に約300本もの梅の木が植えられています。毎年2月上旬~3月上旬には、文京花の五大まつりの一つ「文京梅まつり」を開催。屋外で抹茶をいただく「野点」や、湯島白梅太鼓の披露、生花展などのイベントも行われます。
Bee015eb 4641 4fdb 9c25 f5857dbbff98
湯島から谷中の町歩き。受験時期で湯島天神の学生が印象的だった。
4.0
by リゲル
2011年1月10日

25e7dec7 b8ce 486b 9673 e911d6d4cc01
832bd513 8930 44a6 8b77 8482beaa5d1d
8449a932 467d 4586 8d48 75892986e997
大泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」の清澄庭園。江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716年~1736年)に下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、庭園の原型が造られました。その後、明治11年(1878年)、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎が、この邸地を含む約3万坪の敷地を取得し、明治13年に「深川親睦園」として開園。社員の慰安や貴賓を招待する場所として利用されました。「深川親睦園」として開園後も造園の工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ筑山や、全国から取り寄せた名石を庭園内に配置して、「回遊式林泉庭園」の清澄庭園が完成しました。 岩崎家は関東大震災の翌年の大正13年(1924年)に清澄庭園の東側半分を公園用地として東京に寄付し、現在に至ります。 また、清澄庭園は昭和54年(1979年)3月31日に東京都の名勝に指定されています。 【庭園内の見所】 大泉水 清澄庭園の中央に備わる大泉水。中の島、鶴島、松島の三つの中島を配した広い池です。水面に島や数寄屋造りの涼亭が備わっています。以前は隅田川から水を引いていたため、潮の干満によって池の水量が変わっていたようです。現在の大泉水は雨水を貯めて造られています。 名石 伊豆磯石、伊予青石、紀州青石、生駒石、伊豆式根島石、佐渡赤玉石、備中御影石、讃岐御影石などの庭石が清澄庭園内に据えられています。このほか、敷石や橋、磯渡り、枯滝の石を含め、園内には無数の石が配置され、さながら「石庭」の観を呈しています。 富士山 清澄庭園で最も高い築山。(登ることは禁止)ツツジとサツキが植えられているので毎年5月頃には大変綺麗な色に染まります。 涼亭 池に突き出るようにして建てられた数寄屋造りの建物。明治42年(1909年)に国賓として来日した英国のキッチナー元帥を迎えるために岩崎家が建てたものです。現在では集会所としての利用が可能になっています。 大正記念館 大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を移築したものです。大正記念館も集会所としての利用が可能になっています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
大江戸線清澄白河駅からすぐの場所にある清澄庭園。広さが小さくもなく、大きすぎずなので気分転換の散歩には丁度良いです。ひとりで来てベンチに腰掛けて本を読んでいる人やランチをしている人をチラホラみかけました。
3.0
by ちぇりTop user観光・名所
2018年10月8日

4a713b24 53b6 46f6 bd5a e598818d28ed
A56fd156 6ba7 4ee7 a8be 3d4f63a4c3c4
D9b15d89 2ce7 4c17 943c 6d42e93fd3f9
江戸城の鎮護の寺として建てられた寛永寺に桜が植えられたのが始まり。以後、上野の山が桜の名所となったのは寛永年間(1624~1644年)からで、境内が開放され、現在は園内には上野動物園含むと約800本の桜があり、例年3月中旬から4月上旬にかけて見頃を迎えています。総面積約53万平方mの広々とした園内一帯には、ソメイヨシノを中心に、オオカンザクラ、ヤマザクラなどの桜が一斉に咲き誇ります。お花見の時期には1日数十万、時期を通して約420万人もの人で賑わいます。夜になるとボンボリの灯りの下で、下町情緒たっぷりの宴会光景など、夜桜見物が楽しめるお花見の名所です。(桜のライトアップは3月中旬から4月上旬の午後17時半から20時まで)
User default image
桜に癒されました。
4.0
by ジュエリー
2018年6月7日