企画展「実篤の言葉 画讃と詩を中心に」周辺の遊園地

日付指定

日付を指定する
93780dea f5d7 45f3 888f 82f5b82a0ed3
6079efc4 e81f 4041 8359 ae46258e8cc1
C5469bd4 08d1 4564 b010 940aba8f30bc
2011年9月3日に開館した藤子・F・不二雄ミュージアムは、川崎市に深いゆかりがある漫画家、藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。開館日(9月3日)は藤子・F・不二雄氏の代表作「ドラえもん」の誕生日であり、施設内の至る所にはドラえもんのキャラクターが隠れています。 3階建てのミュージアムには、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」など様々な作品のカラー原画を常設展示している展示室Ⅰ、期間限定の企画展を開催している展示室Ⅱのほか、実際にまんがが読める「まんがコーナー」などがあり、まるごと藤子・F・不二雄作品の世界を体感できる場所になっています。 3階にあるミュージアムカフェの窓の外には屋上庭園が広がり、開放感たっぷりのカフェとなっています。ドラえもんのハンバーグやロールケーキなど、作品にちなんだオリジナルのメニューが楽しめます。 また、屋上スペースの「はらっぱ」は、キャラクター達に出会える絶好のフォトスポット。森に囲まれたお土産ショップもあり、ドラえもんの大好物「どら焼き」をはじめ様々なミュージアム限定商品が揃っています。1階のミュージアムショップでも来館記念にお土産を購入することができます。
魔界大冒険。石になったドラえもん
by airkingBronze
2017年10月30日
39aa3cea 0be7 4735 b097 ce2a6b83fd2e
45e507be 7080 484d 9cb4 018c47686990
Spot noimage
稲城市と川崎市多摩区の広大な敷地にある「よみうりランド」。東京の西側にある最大級の遊園地で、バリエーション豊かな40種類以上のアトラクションを体験できます。京王線「京王よみうりランド駅」からは、ゴンドラ「スカイシャトル」に乗車。約5〜10分間の空中散歩が気分をさらに高揚してくれて、よみうりランドのテーマ「空から行けちゃう遊園地」の語源にもなっています。 人気No.1のアトラクションは、ジェットコースター「バンデット」。全長1,560mの長距離コースに加え、自然ならではの傾斜を利用した高低差のあるレールを最高時速110kmで駆け抜けます。さらに、期間限定の企画が面白いのも特徴的。夏季にはずぶ濡れ必至の「スプラッシュバンデット」として、冬季にはLEDの美しい照明とコース途中に火柱が立つ「スターライトバンデット」として、季節に合わせたスリルを楽しめます。 絶叫系以外にも、東京の遊園地の中では随一の標高を誇る「大型観覧車」がおすすめ。多摩丘陵約160mの高さから望む絶景は格別で、富士山や高層ビル、レインボーブリッジまでみることができます。多摩方面で自然鑑賞をしたついでに、遊園地での思い出もつくってみませんか。
よみうりランド ジュエルミネーション®~輝きのライトピア~
10月中旬〜2月中旬
2010年冬にスタートした「よみうりランド ジュエルミネーション」は今年で9回目。世界で唯一よみうりランドでしか見ることができない宝石色のイルミネーションを用い、キラびやかに光り輝くイルミネーションと東京の大夜景が一度に楽しめます。プロデュースは世界で活躍する照明デザイナー石井幹子(いしいもとこ)氏が行います。 2018年は、過去最大級となる600万球のイルミネーションに加え、全エリアをリニューアルしました。美しい輝きはそのままに、工夫や仕掛けを多数施し、パワーアップした8つのエリアが新登場します。 中でも注目は、アルプスの名山マッターホルンをイメージした、巨大な光の山「ジュエリー・マウンテン」を中心とするエリア「エメラルド・マウンテン」です。メインは高さなんと25mにもおよびます。目の前に広がる巨大な光の山は迫力満点。 山の中腹に広がる光のゲレンデには、専用のソリに乗って滑ることができるアクティビティが出現。まぶしいほどに光る無数のLEDの上を滑ることができるのはこの季節だけの醍醐味。 その他にも、田園風景をモチーフにしたイエローグリーンの光色が広がる「ジェード・ガーデン」や、100mの並木道が40万球の輝きで包まれる「タンザナイト・プロムナード」、美しい海や活火山などをイルミネーションで表現した「トルマリン・ビーチ」などのエリアが登場します。 さらに、「ダイヤモンド・オーロラワールド」の「アクアジュエリー・ビーチ」では、噴水ショーを実施。最高到達点が15mの噴水216本やウォータースクリーンを駆使した3つの演出が用意されています。 今年も様々な仕掛けで楽しませてくれそうなよみうりランドは必見です。
Da34814d 3f23 4ce1 9391 3022b2e9252d
よみうりランドの桜
3月下旬〜4月上旬
よみうりランドは夏にはプール、冬にはイルミネーションなどが有名ですが、春には多くの桜が咲き誇る人気のお花見スポットとなっています。桜の見頃は例年3月下旬〜4月上旬ごろとなっています。なんといってもジェットコースターや観覧車、ゴンドラから桜を眺める、一風変わったお花見ができるのが魅力です!夜は桜のライトアップもされるため、園内が幻想的な空間に包まれます。ライトアップは3月21日から4月7日の期間、日没後から20時にかけて行われます。
A43a90bf 3861 4a78 acbe 6d953c3493f2
よみうりランドプールWAI
2019年6月下旬〜9月中旬(予定)
5つのプールと3種のスライダーが楽しめる都内有数のプール 東京都稲城市にある「よみうりランドプールWAI」は、5つのプールと3種のスライダーが特徴。砂浜をイメージしたビーチ感覚の造波プールに、定番の流水プール、また泳ぎを楽しめるスイミングプールに本格的なダイビングプールもあります。小さな子ども連れ向けには「それいけ!アンパンマンプール」が大人気です。スライダーには、ゴムボートに乗って長さ386mを下るスライダー「ジャイアントスカイリバー」、107mの長さのスラロームスライダー、また直線で最大勾配28度を滑り降りる直線スライダーがあります。そのほかイベントも充実していて、放水しながらダンスする「ダンスプラッシュ!!」ショーや、よみうりランド社員によるシンクロショーなど、内容もりだくさん!東京有数のプールは今年は6月下旬から9月中旬までオープン予定です。
F606565e 5890 47c9 8492 e6b64506ed8d
関連記事あり
【稲城市 観光】おすすめ5選!よみうりランドに稲城中央公園
9c9e390b 7c61 4c30 bae6 c30bdb085fc2
関連記事あり
【東京 遊園地】おすすめ11選!
2a49cba0 73a8 4e1a 94c8 9147f3366f5f
関連記事あり
東京「調布・府中・多摩」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
73920f90 0903 4082 a362 8ebabe5a3d3a
12bc256f 4372 444f 9f7f 4d4d776f558d
37e3307b c5dc 4304 99e4 e9dee1f63b48
Spot noimage
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、アトラクションだけでなくプール、温泉も楽しめる東京の遊園地として人気を集めています。アトラクションは30種類以上!園内中央でまず目に入るのは「カルーセルドラド」。1970年にドイツで製作された回転木馬で現役で活躍中。2010年には「機械遺産」にも認定された、歴史的にも価値のあるメリーゴーランドです。絶叫系が好きな方にオススメなのが「フライングパイレーツ」。地上45mを急上昇・急降下しながら、体の底からふわっと持ち上げれる感覚を連続で体験。恐怖に満ちた空の大海原に繰り出しましょう! そのほか、急斜面を滑走してからの2回転宙返りがスリル満点の「コークスクリュー」、地上35mの上空から絶景を楽しみつつ急降下による絶叫も楽しめる「イーグル」もたくさんの利用客であふれています。 さらに、としまえんの隣には天然温泉も湧き出ており、遊園地で遊んで疲れた体を癒すことができます。保湿成分のある軟水で、お肌に優しい泉質。1,200坪の日本庭園を眺めながら、ゆっくりと過ごせます。入園料も大人1,000円とお手ごろなので、隙間時間を埋めるのにもぴったりですよ。
土砂降りのとしまえんで撮影しました。幸か不幸か、他のカメラマンの姿もなく、独占状態でした。
by nyuhara
2018年6月11日
ウィンターファンタジア 2018
2018年10月27日(土)〜2019年2月24日(日)
東京都練馬区「としまえん」で行われる毎年好評のイルミネーション「ウィンターファンタジア」。今年はいままでのエリアにも新しいランタンが増設されたりプロジェクションマッピングが新設されるなど、さらにパワーアップ。アトラクションも運行しているので、イルミネーションの世界を存分に楽しむことができます。園内最大級、高さ5メートルの大きなお城型ランタンを中心に、約170基の多彩な花形ランタンが囲む新エリア、花の王国「ロイヤルガーデン」も新登場。ランタンの優しくやわらかな灯りは、訪れる人々を楽しくやわらかい気持ちにさせてくれます。
としまえんの桜
3月下旬~4月中旬
としまえんでは、ソメイヨシノや八重桜など約500本の桜が楽しめます。園内各所で咲き誇り、長期間にわたってお花見が楽しめるのも特徴です。「サイクロン」に乗って、桜のトンネルを抜けたり、「イーグル」に乗って地上35m上空からの展望など遊園地ならではの楽しみ方もできます。また、全席お座敷&こたつ付きの宴会場でゆったりとお花見を満喫できる「お花見宴会プラン」は毎年好評です。日中は宴会で盛り上がり、夜はライトアップされた幻想的な桜とイルミネーションのコラボに酔いしれます。15時から入園料が500円になるお得な「サクラナイト」も実施されているので、会社帰りに桜を楽しめるおすすめのスポットです。
としまえんのあじさい
5月下旬〜6月下旬
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、豊富なアトラクションやプール等で人気の遊園地ですが、実は“あじさいの名所”としても知られています。毎年6月に「あじさい祭り」が開催され、多くの来場者を魅了しています。としまえんの「あじさい」の見頃は、例年5月下旬〜6月下旬にかけて。初夏を彩る約150品種1万株のあじさいが咲き誇る姿はまさに圧巻!「あじさい祭り」開催中は、ライトアップの美しい「あじさいナイト」だけではなく、造園スタッフと巡るガイドツアーや写真コンテストなどのイベントも充実しています。
としまえんプール
2019年6月30日(日)〜2019年9月2日(月)
夏季限定のとしまえんプール。さまざまなプールがある中で人気を集めるのはスリリングなウォータースライダー「ハイドロポリス」。丸いパイプの中を回転・蛇行・ハイスピードで滑り落ちる「アクアチューブスライダー」、高さ22mから一気に滑り降りる「スピード・スライダー」など5種類のウォータースライダーが楽しめます。他にも子供に人気でワクワクする仕掛けがいっぱいある「からくり水工場」や、家族で楽しめるアトラクションのある「ふわふわウォーターランド」があります。
0e0f1cf7 1ab8 422f 88e7 a00bbf08eaa8
関連記事あり
【東京 遊園地】おすすめ11選!
2a49cba0 73a8 4e1a 94c8 9147f3366f5f