Green banner

企画展「実篤の言葉 画讃と詩を中心に」周辺の花火

日付指定

日付を指定する
20fc6c05 e37b 4a33 98b0 43abf25d52b7
7e72ee77 4ae4 411d 92f1 4a5f40c31b58
Bfbdcc90 49a1 4dcf 9319 11209f3c2ca9
「映画のまち」ならでは!映画×花火のコラボレーション 調布花火大会は、東京都調布市を流れる多摩川河川敷を舞台にした関東屈指の花火大会です。調布市は、東京都のほぼ中央、多摩地区の南東部に位置し、新宿から特急で15分と都心へのアクセスが良く、自然豊かなまちです。調布市内にはたくさんの映画・映像関連企業が集まっていることから「映画のまち 調布」とも呼ばれています。「調布花火大会」では、大玉を中心とした大スターマインやキャラクターを描いた花火など、約10,000発のバラエティ豊かな花火が次々と打上がります。見どころはやはり調布が元祖といわれる「ハナビリュージョン」です。コンピュータ制御により音楽と花火が完全にシンクロし、映画音楽を基調としたプログラムが繰り広げられます。映画好きにはたまらない「映画×花火のコラボレーション」をお楽しみに! 東京都調布市と神奈川県川崎市の間を流れる多摩川。東京都調布市側の多摩川河川敷のベストポジションは有料指定席となっています。しかし、神奈川県川崎市側の多摩川河川敷には有料指定席などはありません。そのため、無料で大迫力の花火を楽しむことができるおすすめスポットになっています。神奈川県川崎市側の多摩川河川敷へのアクセス方法は、南武線「稲田堤駅」から徒歩で約10分、京王相模原線「京王稲田堤駅」から徒歩で約15分です。 【穴場スポット】 ①川崎市側の多摩川河川敷 ・住所:神奈川県川崎市多摩区 ・調布市側は有料席ですが、川崎市側は無料で鑑賞できます。 ②稲田公園 ・住所:神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤2-9-1 ・川崎市側の多摩川河川敷付近にある公園。敷地面積の大きな公園なので、ゆったりと花火を楽しむことができます。
2e6d080c 8c42 45b0 90a1 102326787298
D3d1e813 b389 4fbd afe5 8ca5708eba05
3cafe62d a616 4711 a5aa 737dc2358275
クチコミで伝わる謎多き花火大会 東京競馬場花火大会は東京都府中市にある東京競馬場が地元市民向けに実施する花火大会です。競馬開催の夜にスタンドや馬場内の芝生エリアから花火を観賞することができます。この東京競馬場花火大会は大会情報の告知をせず、地元の広報誌に開催日を掲載するだけだったので東京の人にもあまり知られていない花火大会でした。しかし近年ではクチコミなどで広まり、約10万人が訪れる人気の花火大会となりました。 【観覧エリア】 ・フジビュースタンド2F~4F ・メモリアルスタンド1F~4F ・各スタンド前の屋外エリア ・馬場内の開放エリア(一部の芝コースを含む) 【東京競馬場の天気】 https://tenki.jp/leisure/horse/3/16/32005/
東京競馬場の花火です。 例年、花火の説明とともに上がる花火ですが、今年はクイズ形式という形で様々な年代の方でもより楽しめる花火大会になってました。 クイズ正解のお祝いとして、打ち上がった花火を収めました。
by Hayato Matsuzawa
2018年7月14日
D2b7c387 5d42 4fb7 ac4d 0513d54dc0d5
621269c8 65c3 4f9d 97dc e84151dd2404
Spot noimage
夜空を彩る12,000発の感動と、音楽の祭典 東京都新宿区にある明治神宮外苑には、神宮球場をはじめ各種スポーツ施設が完備されています。また、運動施設の他に、銀杏並木など四季折々の自然を満喫することができ、散歩やジョギングコースとして人気のです。明治神宮外苑では毎年8月に開催される「神宮外苑花火大会」も、多くの人に愛される夏の風物詩となっています。スターマインや趣向を凝らした多彩な花火、約12,000発が明治神宮外苑の夜空を彩ります。花火によって照らし出された都心の街並みは、明治神宮外苑でしか味わえない感動を呼び起こします。また、有料観覧会場では各種イベントも開催され、花火とともに豪華ゲストによるライブやアトラクションを楽しめるのも神宮外苑花火大会の魅力です。 【出演アーティスト】 ①神宮球場 ・PUFFY ・m-flo ・Crystal Kay (オープニングアクト) ・須藤紀信 ・りんともシスターズ ②神宮軟式球場 ・電撃ネットワーク ・カイワレハンマー ・カノエラナ (オープニングアクト) ・みかんサイダー ・FIZZY POP(ナチュラル炭酸)
C9c2e1e5 d4df 44c3 a8a5 7390397555ed
9787bc11 e3fe 46de a95e 33da12962a73
2a9512ee 23e7 4c9e a0de 091b9d754e1f
初開催!世界最高峰の花火師がお台場に集結! 東京都港区のお台場海浜公園で開催される「東京花火大祭〜EDOMODE〜」。東京花火大祭では、日本で初めて八重芯の割物を打ち上げた1905年創業の老舗「株式会社紅屋青木煙火店」。フジテレビ「グッディ!」の密着取材を受けるなど注目度抜群!「株式会社マルゴー」の担当花火師「斉木智」。製造から演出まですべてをプロデュースし、「第8回世界花火師競技大会」優勝の実績を持つ「株式会社イケブン」。江戸時代末期から進化を続ける花火ショーのパイオニア「株式会社丸玉屋小勝煙火店」など内閣総理大臣賞受賞クラスの日本を代表する花火師たちが一堂に会します。この花火師4組が東京で集結するのは東京花火大祭が初の試み!また、東京を象徴する音楽、食、芸能、テクノロジー等の様々なコンテンツと融合。東京花火大祭では、市川海老蔵を主演に迎え、史上初めて花火と歌舞伎が共演します。その他にも、子供たちがデザインまたはプログラミングした子ども花火の打ち上げも予定されています。東京花火大祭では、音楽等の演出とともに約12,000発が打ち上げられます。人気アーティスト「米津玄師」の楽曲「Lemon」に合わせ、「マルゴー」と「株式会社丸玉屋小勝煙火店」がオリジナル花火を打ち上げることも決定しています!
田町から見たお台場花火 #sonya73 #tamron2875 #75mm #iso350 #15sec
by YuKi Shinofara
2018年8月11日
5c498449 a2eb 43a8 9bbc 544e06885d38
西武ゆうえんちの夜空を彩る花火ショー! 埼玉県所沢市の西武園ゆうえんちで夏休みの毎週末に開催されるビアガーデンと花火大会。大小様々な花火が音楽と共に約2,000発打ち上がります。グランドフィナーレの「夜空の万華鏡」は、豪華絢爛な光の黄金シャワーが夜空から降り注ぎ、大玉花火2発が連続して打ちあがります。 西武園ゆうえんち花火大会を園内で楽しむにはビアガーデン席、森の丘ジンギ好きン、「波のプール」のプールサイドで観賞するのがおすすめです。中でも、ビアガーデンは打ち上げ場所に近く、有料席の目の前で打ち上げられるのでゆっくり観賞したい方にはおすすめです。また、園内に4ヶ所あるジンギスカンとバーベキューレストラン「ジンギ好きン店舗」からも食事を楽しみながら観賞できるスポット。特に「森の丘ジンギ好きン」は4ヶ所ある店舗の中でも最も花火が見やすい場所となっています。そのほか、西武園ゆうえんち花火大会の開催日には「波のプール」のプールサイドが無料でのために開放されます。また、夏季の期間開催されているナイトプールから花火大会を観賞するというのもロマンチックです。
3148f4da 82b0 4d6d 83bc 8b3a6cc4e524
台風12号の影響により中止となりました 大会当日、翌日の予備日を含めて関東地方に最接近、上陸が予測されているため順延もされません 都内では珍しい1尺5寸玉が見られます! 国営昭和記念公園は東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園で、東京ドーム約40個分の広さを誇ります。立川まつり国営昭和記念公園花火大会では、全国の花火大会において優秀な成績を得た花火を再現する芸協玉、1尺5寸玉〜3尺玉(30号玉)の5発以上の打ち上げと見所満載な花火大会となっています。1尺5寸玉の他にも、ワイドスターマインなど迫力ある演出が魅力です。メイン観覧会場の「みんなの原っぱ」は東京ドーム約2個分の広大な芝生なので、趣向を凝らした花火をゆったりと観覧できます。
975c0e9a 24cc 4b37 a68b 51d59a2a3d6d
05ab87ad d82b 4fec 99f1 7b098829cd01
Spot noimage
台風12号の接近に伴い、7月28日(土)に開催予定の「隅田川花火大会」29日(日)に順延となりました ================================================================ 東京三大花火大会のひとつ。伝統、格式共に関東随一の隅田川花火大会 1733年(享保18年)の江戸中期に始まった「両国川開き花火大会」を継承する、伝統、格式共に関東随一の花火大会です。隅田川花火大会は会場が2つあります。第1会場は言問橋上流〜桜橋下流までの区間、第2会場は厩橋上流〜駒形橋の区間です。第1会場では、大会の目玉でもある計200発の花火コンクール玉を含む約9,350発が、第2会場では約11,650発が打ち上げられます。隅田公園の周辺では、両会場の打ち上げ花火を観賞できますが、来場者数が約950,000人と大変混雑するので、事前にどこで観賞するのか決めておくことをおすすめします。協賛者席が用意されていますが、隅田川花火大会実行委員会への事前申込みが必要です。2018年5月15日(火)(当日消印有効)が申込期限なので、隅田川花火大会を協賛者席で鑑賞されたい方はお忘れなく。また、隅田川花火大会といえば屋形船からの鑑賞も人気です。相場が1人あたり25,000円〜35,000円と値段は高いですが、屋形船から観る隅田川花火大会は格別です。
平成最後の隅田川花火大会、とても綺麗で興奮しました~。
by Yasuo1231
2018年8月16日