第51回 かわさき市美術展 入賞・入選作品展周辺

F54e3d17 b5c2 4049 98e0 d2976f355740
05b6d1cc e717 4b9f 8319 81b421c31a02
Ba547c06 6622 4009 87be e68c608cc647
川崎市中原区の等々力緑地内にある川崎市市民ミュージアムでは、2018年の11月10日から2019年1月14日まで、「ビッグコミック50周年展」を開催中です。『ビッグコミック』は1968年に創刊した小学館のマンガ雑誌で、「大人のコミック誌」という分野の草分け的存在です。 その創刊号には、手塚治虫をはじめ、『サイボーグ009』やテレビドラマの原作にもなった『HOTEL』で知られる石ノ森章太郎、『サスケ』『カムイ伝』で有名な白土三平、先日まで同じ市民ミュージアムで展覧会が開かれていた『ゴルゴ13』のさいとう・たかを、そしてNHKの朝の連ドラのモデルにもなった『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるの5人が作品を載せています。この創刊号の原画・複製原画も一部展示されています。 『ビッグコミック』50年の軌跡 今回の展覧会では、創刊号から現在に至るまでの掲載作品の原画や複製原画が約320点、その他歴代の『ビッグコミック』本誌をはじめ資料・雑誌など1,000点以上が展示されています。 会場では手に取って読める過去の本誌もずらっと並びます。実際に読んでみると、作品の面白さはもちろん、当時のインクの色合いや掲載されている広告などから「その時代」も感じることが出来ます。 今も進み続ける『ビッグコミック』 多くの漫画家を輩出した『ビッグコミック』ですが、現在もなお読者の心を掴む多くの作品が掲載されています。『沈黙の艦隊』のかわぐちかいじが『空母いぶき』を、映画化もされた『岳』で知られる石塚真一が『BLUE GIANT SUPREME』を連載しています。彼ら、現在連載中の作家の原画・複製原画も多数展示されます。   精密に描かれた原画からは漫画家の息吹が伝わってくるようです。 新春超ビッグ対談 開催決定 2019年1月13日(日)の15時~16時(予定)、漫画界の大御所、さいとう・たかをとちばてつやのトークイベントが開催されます。貴重な話を聞ける、滅多にない機会です。会場は、川崎市市民ミュージアムの1階映像ホールで定員は270人です。HP内の申込フォームからお申し込みを。1月5日(土)締切です。応募多数の場合は抽選。 市民ミュージアムと漫画 川崎市市民ミュージアムは、特定の人しか触れることのできないたった一つの「芸術品」ではなく、市井(しせい)にある、みんなの周りにある「大衆芸術」、漫画やポスター、ビデオや映画など「複製芸術」に着目しているユニークなミュージアムです。 そして、日本の公立館で初めて漫画分野の収集・展示をおこなっていて、現在では漫画分野だけで6万点以上の資料を収蔵しています。

425248b8 8463 435e a1c9 7bab093763c1
009ac1b6 988c 4793 ac08 1eff5c7f968f
Spot noimage
川崎市中原区にある川崎市市民ミュージアムでは、12月16日(日)・22日(土)・23日(日・祝)の3日間、館内の映像ホールで「ファミリー上映会」を開催します。大人も子どもも楽しめる優れたアニメーション作品が上映されます。中学生以下は無料。 『わんわん忠臣蔵』 12月16日(日):11時・14時 1963年に日本で制作された作品です。監督は白川大作で、上映時間は81分カラーです。映画の内容は、森のあばれ者の大虎キラーに母を殺された子犬のロックが、仲間たちとともに大虎退治に飛び出すというもの。原案・構成は手塚治虫。35mmフィルムでの上映です。 この作品で宮崎駿が動画制作に初参加した作品でもあります。 『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』 日本語吹替版 12月22日(土):11時・14時 12月23日(日・祝):11時・14時 フィンランドの森で暮らす不思議な生き物ムーミン。ある朝、ムーミン・トロールが起きるとムーミン谷のなにもかもが灰色になっていた・・・・・・。彗星が地球に迫る中、ムーミン・トロールの冒険が始まります。 ムーミンシリーズはトーベ・ヤンソンによる児童文学で、1940年代から現在に至るまで愛され続けている作品です。今回上映される映画は、1978年から1982年にポーランドで制作されたTVシリーズがカラー修正・編集されてよみがえった劇場版の作品で、人形が動く「パペット・アニメーション」です。 作品の中で、日本のアニメではお馴染みの親友のスナフキンやガールフレンドのスノークとの出会いもあり見逃せません。注目度の上がっているムーミン、親子で見に行くのも良いのでは? 定員は270人、各回入れ替え制で、開場は15分前です。前売り券はなく、当日先着順での発売となります。

E2bbace2 45b6 4899 ae5c 52e0f7135d17
195e9fa0 4432 4419 a539 abdfb1694310
Spot noimage
今シーズンも「優勝」という最高の形でシーズンを終える川崎フロンターレ。その活躍を写真と映像で振り返る「2018川崎フロンターレ展」が、川崎市市民ミュージアムで開催されます。12月15日(土)から1月14日(月・祝)まで。 会場は武蔵小杉駅(JR南武線・JR横須賀線・JR湘南新宿ライン・東急東横線・東急目黒線)からバスで10分の川崎市市民ミュージアム内アートギャラリー1・2・3です。入場無料ですが、一部エリアは2019年度川崎フロンターレ後援会会員限定です。 ホームゲームでのイベントをもう一度 期間中の土曜日、日曜日、祝日にはホームゲーム時に等々力陸上競技場の場外イベント広場で開催された人気のイベントやワークショップを開催します。参加方法・料金など詳細は川崎フロンターレのHPに、決まり次第公開されます。 12月 アトリエ体験講座(15日) チャリティートークショー(15日)*2019年度後援会会員限定 ダンボールパーク開園(16日) クリスマスワークショップ(22日) 「フロン太&カブレラ」来場(23日・24日) 1月 木工教室FDIY体験(5日) ふろん太ふわふわ登場(12日) センテー試験対策「フロンターレ予備校」開校(13日) ゲーフラ作り(13日) 「ふろん太&ワルンタ」成人式、マスコット記念撮影会(14日)