午後の音楽会 第92回 後藤真美 ソプラノリサイタル周辺の観光・名所・絶景

78cffc75 a5d8 4d95 a229 787bc91c79df
Ac120c02 320c 4f38 bd33 806e9d3507d1
4993baee 8f46 485a a8be 79caacac3a6b
神奈川県鎌倉市にある寺院。創建は1394年以前。 紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれています。6月の梅雨の時期になると、「明月院ブルー」と称される、青一色に統一された紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。もう一つの見所として、本堂の円窓から見える後庭園の絶景があります。
明月院の円窓から見える新緑がとてもきれいで癒されました✨
by 真利
2018年6月24日
明月院の紅葉
11月下旬〜12月中旬
神奈川県鎌倉市にある明月院は、アジサイの名所として知られていますが、秋には見事な紅葉を楽しむことができ、例年11月下旬から12月中旬に見頃を迎えます。狭い谷戸に細長く造られた境内の路は細く3本にわけられ、この細さがまるで紅葉に包まれているかのような感覚の落ち、山里にひっそりと佇む明月院の優美さと紅葉に魅了されます。
明月院のあじさい
5月下旬〜7月上旬
神奈川県鎌倉市にある寺院。1160年創建の明月庵を起源とする寺で、境内全域が国指定の史跡となっています。鎌倉で最大級の大きさを誇るやぐらや、北条時頼の墓と伝わる宝篋印塔など、歴史的に貴重な見どころが多い寺院です。明月院は、紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれて親しまれています。澄んだ青色が特徴的な日本古来の品種「ヒメアジサイ」が主に植えられ、「明月院ブルー」と称される約2,500株の紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。開花時期は例年5月下旬〜7月上旬。6月中旬頃から下旬にかけて最盛期を迎え、参道を埋めつくすように咲き誇る様子は息を飲む美しさです。
D43326bd c411 45cd a0be 340453e67f0e
関連記事あり
梅雨を楽しむ!【北鎌倉】エリアのあじさいの名所・見頃6選
0656d35e 9b7a 4334 9926 995d92207e9e
4fd000ec 9ff1 419a b53b beb72ecc9af1
山の上に公園があり、登るのに一苦労しました。
by MATop user
2017年9月27日
源氏山公園の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある源氏山公園は、鎌倉のメジャー紅葉スポットで、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。日当たりが良く、昼夜の寒暖差があるため、きれいな紅葉・黄葉を見ることができ、また、四季を通じて美しい自然を楽しむことができる公園です。鎌倉駅から徒歩で向かう途中には長い坂があり、起伏が多いため、歩きやすい靴でのお越しをお勧めしています。
源氏山公園の桜
4月上旬〜4月中旬
源氏山公園は山の地形を利用して造られ、豊かな自然に囲まれた桜の名所として毎年多くの人で賑わいます。高さ2mもの源頼朝の坐像がある広場や、葛原岡神社の参道では古都の趣を感じながら情緒あふれる美しい桜を楽しめます。また公園にある国指定史跡の日野俊基の墓や、鎌倉七切通しのひとつ「化粧坂」への散策も可能で、北鎌倉、高徳院(鎌倉大仏)へ抜けるハイキングコースもあります。近くには葛原岡神社、銭洗弁天、佐助稲荷もあり、併せて参拝するのもいいですね。葛原岡神社前のこもれび広場にはテーブルとイスも設置されています。源頼朝像周辺ではシートを広げてお花見ができるので、お弁当とお酒を持ってお花見するのがおすすめのスポットです。
9f0243aa 99ac 4af3 8703 7ff923386b09
関連記事あり
神奈川「鎌倉」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
81ed4145 b975 4e48 8b4d 51a65f3b2b69
80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
鎌倉 鶴岡八幡宮。鎌倉幕府を開いた源頼朝ゆかりの神社で、源氏、鎌倉武士の守護神として知られています。
by ちぇりTop user
2018年8月23日
鶴岡八幡宮の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社で、別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれています。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東界隈で知名度が高く、境内は国の史跡に指定されています。本宮に向かって右手にある柳原神池と、鎌倉国宝館前が紅葉の見所で、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
87c65488 8f1a 4022 8fe9 a58e0d98494a
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
関連記事あり
鎌倉のおすすめ観光スポット5選!
B5796478 0450 490b 9f90 b8602c55ab94
関連記事あり
神奈川「鎌倉」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
81ed4145 b975 4e48 8b4d 51a65f3b2b69