午後の音楽会 第92回 後藤真美 ソプラノリサイタル周辺の百選

日付指定

日付を指定する
80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
鎌倉 鶴岡八幡宮。鎌倉幕府を開いた源頼朝ゆかりの神社で、源氏、鎌倉武士の守護神として知られています。
by ちぇりTop user
2018年8月23日
鶴岡八幡宮の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社で、別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれています。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東界隈で知名度が高く、境内は国の史跡に指定されています。本宮に向かって右手にある柳原神池と、鎌倉国宝館前が紅葉の見所で、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
87c65488 8f1a 4022 8fe9 a58e0d98494a
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
関連記事あり
鎌倉のおすすめ観光スポット5選!
B5796478 0450 490b 9f90 b8602c55ab94
関連記事あり
神奈川「鎌倉」周辺の桜の名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
81ed4145 b975 4e48 8b4d 51a65f3b2b69
A1178526 89f3 42dc afa1 ec9b5dac99d0
66b2ed76 8dde 4d5f 82b1 e91797be48e4
Ca6ae993 4d32 405e ae6a 1733e6ec7283
1894年(明治27年)の完成以来、日本の海の玄関として活躍する「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」。世界でも有数の客船ターミナルで、「飛鳥Ⅱ」や「ノルウェージャン・ジュエル」など海外・国内の大型客船が寄港します。現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、2002年(平成14年)にリニューアルオープンしたもので、個性的なデザインと斬新な構造が美しい建物です。1階には2,000㎡の大きなホールもあり、各種イベントなどが開催されています。ターミナルは、無料で誰でも入場することができ、屋上広場は24時間オープンしています。屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間になっていて、訪れる人たちが憩いのひとときを過ごす公園のような場所になっています。目の前に広がるみなとみらいの風景を一日中楽しむことができ、運が良ければ寄港している豪華大型客船の姿も見ることができる、一押しのビュースポットです。 ターミナルの2階にはオーシャンビューのカフェやレストランもあるので、デートにもおすすめ。ギフトショップでは、海上での交信に使う「信号旗」をモチーフにしたグッズや廃版になった海図を再生したステーショナリーなど、海の玄関口ならではグッズを購入することができます。
大型客船 みなとみらいの夜景と夜の華やかな客船、横浜港ならではの美しい夜景だと思います
by やまとTop user
2017年9月20日
D0da1edc 3ce8 4378 8a4c 157faf35ac46
8674f22d 85a7 4b93 918f b67cc86ec285
Spot noimage
面積29万7,000平方メートルの起伏に富んだ公園は「百樹の森」と呼ばれています。3つの池を木々が囲み、水辺を華麗に彩る姿は「さくら名所100選」にも選ばれています。2月上旬のカンザクラをはじめ、3月下旬の枝垂桜、4月上旬のソメイヨシノ、4月中旬の八重桜など順々に見ごろを迎え、長い期間お花見が楽しめます。また、全部で78品種の桜が植えられており、黄色味がかったウコンザクラやヨコハマヒザクラなどの珍しい品種があるのも特徴です。公園管理事務所には「さくら検索システム」があり、どんな桜が園内のどこで見られるか、簡単に検索できます。園内には身体を動かせる遊具もあり、シートを広げてお弁当を食べても大丈夫なのでお子様連れにもおすすめです。下の池のほとりに売店があり、おでんなどの軽食や菓子、飲み物のほか、お花見の時期は崎陽軒のお弁当も販売されるそうです。また、季節限定販売の「さくらのクレープ(アイス)」も密かな人気だそうです。
E72d5b6a 7acf 4cef 85b9 b5b75c0edc09
関東の富士見百景にも選定されている「ひらつか花アグリ」内にある「花菜(かな)ガーデン」。ひらつか花アグリは、園芸や農業を学べるほか、園内の四季折々の花を楽しめる(梅、桜、チューリップ、バラ)「花菜(かな)ガーデン」以外にも、周辺のイチゴ農家による収穫体験農園「湘南いちご狩りセンター」、JA湘南管内の出荷者約300人が採れたての新鮮な野菜を提供している農産物直売所「あさつゆ広場」、見本農園の紹介や農業相談ができる「農の体験・交流館」、市民農園「マイ菜ファーム」の施設など、園芸や農業を体感・体験できるアグリ施設が沢山あります。 花菜ガーデンは約9.2ヘクタール(横浜スタジアムの約3.5倍)の園内は、梅、ハナモモ、桜、チューリップ、バラ、クレマチスなど四季折々の花々が観賞できる「フラワーゾーン」と、田植えや野菜の収穫体験ができる「アグリゾーン」、展示室や調理室、図書室などがある「めぐみの研究棟ゾーン」の3つのゾーンに分かれています。また、花菜ガーデンで四季折々の植物を観賞したあとも、湘南いちご狩りセンターでいちご狩りを体験したり、あさつゆ広場で地産の農産物を購入したりと楽しみ方は沢山。
D03a1d2b 03aa 4e50 ac76 0c806b32319d
標高約180mの泡垂山山頂を「湘南平」と言います。神奈川の景勝50選の地、関東富士見百景にも選定されている絶景スポットです。山頂にはテレビ塔展望台と高麗山公園レストハウス展望台(360°のパノラマ)の2つの大展望台があり、昼間は房総半島、湘南の海岸線、丹沢連峰、箱根連山、伊豆の山々、富士山が一望できるスポットです。また夜は湘南の夜景がとても綺麗な夜景の名所となります。そのほか、春にはソメイヨシノやオオシマザクラなど約2,000本の桜がとても綺麗です。
ずっと行ってみたかった湘南平へ🚗山道を5分ぐらい登っていくと、息を飲むほどの絶景で、神奈川県が見渡せました🏔空気が澄んでいて満点の星空も見えました💫日曜の夜は、混んでいなくてゆっくり景色を見れました。テレビ塔には噂の通り、南京錠がたくさんかけてありました🔒都心では見れない景色が見られます。
by ちなってぃTop user
2018年2月11日
C1e2e3db 6a84 499c b76d fd845a0e042d
Bd6ca151 d26f 46ca 99f1 0a54671dcfa0
Beb098a3 8ca7 4fa1 8b4d 3e9aab796d63
東京都町田市の薬師池公園は、「新東京百景」、「東京都指定名勝」、さらに「日本の歴史公園100選」にも選定されている公園です。園内中心部には池があり、梅、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハス、新緑・紅葉等、四季折々の彩が訪れる人々を楽しませてくれます。 素晴らしい自然もさることながら、園内にある江戸時代の古民家も見どころの一つ。国指定重要文化財である「旧永井家住宅」は、もとは町田市小野路町にあった農家で、17世紀後半に建築、昭和50年に薬師池公園内に移築復元されたものです。典型的な多摩丘陵地の農村家屋で、多摩地方では最も古い民家に属しています。 また、東京都指定有形文化財「旧荻野家住宅」は、江戸時代末期に医院兼住居として建てられたもので、町田市三輪町にあったものを移築復元しています。農村部の民家ですが、間取りや建具等に町家に近い特徴が認められ、また繊細な意匠の施された室内は家格の高さを感じさせる、数少ない医家の例として貴重なものです。
町田薬師池公園 大好きな公園の一つです。薬師池公園は、四季に合わせて梅、桜、花菖蒲、紅葉などを楽しむことができる町田市を代表する公園ですので、自然や歴史好きの方でしたら、一度足を運ばれてみることをおすすめします。
by 平岩蘭Top user
2018年6月20日
Ae902319 1ce0 440f bc2f 3b626101b193
F8912316 4c8e 4409 86c8 95afcc277649
D739c04c 2b8e 4ec9 845a 5f956e086929
東京都世田谷区の等々力渓谷。 東京23区で唯一の渓谷で高低差は約10m。大井町線「等々力駅」から徒歩で数分、赤色のゴルフ橋のたもとから階段を降ると、都会の中にあるとは思えない渓谷が広がっています。ここから谷沢川沿いに約1km程、遊歩道が設置されていて、ゆっくり歩きながら自然を堪能することができます。
緑を求めて電車で10分。 等々力にある渓谷。駅を降りてすぐの成城石井でビールを買ってのんびり歩くだけで結構リフレッシュできます。
by hirokoroco
2017年9月9日
0e454b9d 2ba9 4498 983d bb13711ab8dd
Fceffae4 4529 4349 b7f9 c63195fb54a2
08e6f158 c904 4d47 9a0c 0800e406341b
東京都大田区にある羽田空港は、世界の空港の中でも旅客数の多い空港として知られています。国内線の「第1旅客ターミナル」、「第2旅客ターミナル」、そして「国際線旅客ターミナル」で構成される広い空港内には、展望デッキやグルメ・ショッピングスポット、プラネラリウムなどなど魅力溢れるスポットが満載。飛行機に乗らなくても1日楽しめる、まるで「テーマパーク」のような空間となっています。 国際線旅客ターミナルは旅行に行くだけでなく、デートや家族とのお出かけとしても人気のスポットです。国際線旅客ターミナルの5階にあるPLANETARIUM Starry Cafeは、空港初となる、カフェと融合したプラネタリウム。食事を楽しみながら星を鑑賞できるロマンチックな空間です。また、ターミナルの4階には「和」と「江戸」をテーマにした飲食店とショップが並び、外国人観光客だけでなく日本人も楽しめる、日本の魅力がぎゅっと詰まった場所となっています。
いろんな飛行機を見ることができます。そしてバックには富士山も
by Hideo Shoji
2018年8月13日
Ba42930d 9cc8 4f62 a675 86ba23a79b82
古代から山岳信仰の対象とされてきた大山は、相模湾の水蒸気により山上によく雲が生じて雨を降らすことが多かったことから、別名「雨降山(あめふりやま)」転じて「阿夫利山(あふりやま)」などと呼ばれ、雨乞いの対象としても知られていました。その大山に鎮座する「大山阿夫利神社」は今からおよそ2200年前、人皇第10代崇神天皇の頃の創建と伝えられる由緒ある古刹です。 大山といえば江戸時代に絶大な人気を博した「大山詣り」が有名ですが、この「大山詣り」を背景に大山には多くの独特な文化が生まれました。例えば、願い事を書いた木太刀を大山に奉納する「納太刀(おさめだち)」。起源は鎌倉時代で、源頼朝公が平家打倒のため挙兵するにあたり太刀を納めたことが始まりと言われています。また、大山阿夫利神社の御祭神である大山祗大神(おおやまつみのおおかみ)と富士山の御祭神である木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が父娘関係にあることから、大山と富士山の両山をお参りする「両詣り」信仰が生まれました。
大山寺・大山阿夫利神社下社の紅葉
11月中旬~11月下旬
大山寺の参道の階段や大山阿夫利神社周辺にある、真っ赤に色付いた紅葉の木が観光客を迎えてくれる。見頃は11月中旬~下旬で、11月14日(土)から12月6日(日)まで行われるライトアップ(金・土・日・祝のみ。金は日没から19:00まで、土・日・祝は日没から20:00まで)では、また違った美しさが感じられる。深紅に染まった紅葉や、相模湾を一望できる景色を昼夜を問わず楽しむことができる人気のスポットとなっている。
F0c55acc 9a4e 4ce5 a4a3 3d0fcf08ffd3
大山阿夫利神社秋季例大祭
2019年8月27日(火)〜2019年8月29日(木)
神奈川県伊勢原市の大山地区全山で、8月27日〜8月29日に開催される大山阿夫利神社秋季例大祭。江戸時代から始められた大山阿夫利神社秋季例大祭は大山6町をあげて行われ、夏山の無事を感謝するお祭りです。27日の早朝、阿夫利神社下社から男坂を御輿を担いで下りる勇壮な遷幸祭(せんこうさい)通称「お下り」でお祭りがスタートします。28日には祭典が行われ、明治初期に奈良春日大社の社家から伝授された倭舞・巫女舞が奉納されます。29日には還幸祭(かんこうさい)通称「お上り」が行われ、行列が山を登り、神様が下社にお戻りいただいて、お祭りが終了します。
関連記事あり
【神奈川 伊勢原市】おすすめ観光・名所5選!大山に伊勢原大神宮、岡崎城址
419bca67 a40e 4306 85fd 076d4adf893c