午後の音楽会 第92回 後藤真美 ソプラノリサイタル周辺の百選

日付指定

日付を指定する
80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
5dd81281 6a70 4edc 9bf3 b353e84b2b55
鶴岡八幡宮 朝早くいい一日でした。
3.0
by ピカBronze名所
2018年11月10日
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
87c65488 8f1a 4022 8fe9 a58e0d98494a
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
関連記事あり
【鎌倉 桜】名所5選!桜の開花情報から見頃などを紹介!
9197899e 4536 403c bb81 bb398fdce20e

0b9ad4a2 2d44 46d1 aef9 9a98dfaea003
Daea798f ae32 494e 945b 4ae186413de3
Spot noimage
横浜みなとみらいに位置する地上70階、高さ296mの横浜ランドマークタワー。オフィスのほかホテルやショッピングモールなどからなる複合施設。地上69階の展望フロア「スカイガーデン」は高さ273m、360度ビューとなっていて関東平野を一望できるスポットです。またスカイガーデンは日本夜景百選にも選ばれている絶景スポット。夜になると横浜ベイブリッジがライトアップされ横浜の夜景とともに美しい光景を眺めることができます。
雪降るクリスマスが復活!12月25日はクリスタル・ケイ ライブも@横浜ランドマークタワー
2018年11月14日(水)〜2018年12月25日(火) 00:00〜23:59
横浜ランドマークタワーでは11月14日(水)から12月25日(火)まで、クリスマスイベント「The Landmark Christmas」を開催します。 今年は2012年までの約15年続いていた降雪イベントが復活。高さ約30mの吹き抜け上部から雪が舞い降りる演出で幻想的なホワイトクリスマスの世界を表現します。 期間中、ランドマークプラザ1階サカタのタネガーデンスクエアには、雪が降り積もる姿をイメージした高さ約8mのクリスマスツリーが登場します。 降雪イベント「Merry Snow Christmas」スケジュール 12月8日から23日までの土日と、24日、25日の夕方に1日1回~2回の開催です。 8日(土)17時、18時30分 9日(日)17時30分 15日(土)17時、18時30分 16日(日)17時30分 22日(土)17時、18時30分 23日(日)17時、18時30分 24日(月・祝)17時、18時30分 25日(火)17時30分 畠山美由紀さん、クリスタル・ケイさんらライブ 12月22日から25日の4日間、FMヨコハマ『Merry Snow Christmas Special Live』として豪華アーティストが登場。クリスマスツリーの前でスペシャルライブなどを行います。 畠山美由紀 22日(土)16時~16時30分 奥華子 23日(日・祝)16時~16時30分 moumoon 24日(月・振休)16時~16時30分 Crystal Kay 25日(火)16時30分~17時 日本初登場!レゴ®サンタがお出迎え 日本初登場となるレゴ®サンタが、ランドマークプラザ2階みなとみらい駅方面エントランス前にやってきます。83,250個のブロックを使用した高さ185cmの巨大サンタ!11月14日から12月25日の期間中、見学できます。 イルミネーション特集トップへ
10905340 7890 48d4 945a 93811851adea
The Landmark Christmas
2018年11月14日(水)〜2018年12月26日(水) 07:00〜00:00
高さ約8mのホワイトクリスマスツリー登場 横浜ランドマークタワーでは、11月14日~12月25日の期間中、オーセンティックなクリスマスをテーマにしたイベント「The Landmark Christmas」を開催。ランドマークプラザ1階 サカタのタネ ガーデンスクエアでは雪が降り積もる姿をイメージした高さ約8mのクリスマスツリーが登場。また開業25周年を迎える今年は、降雪イベント「Merry Snow Christmas」が限定復活する。
F4957375 7efe 481b 92b0 e1fbf30d15ff
ヨコハマミライト~みらいを照らす、光のまち~
2018年11月14日(水)〜2019年2月17日(日)
みなとみらい21グランモール公園イルミネーション実行委員会は、2018年11月14日(水)~2019年2月17日(日)の期間中、官民一体で、このまちで暮らす人々が未来へと向かう希望の光を感じる“みらいを照らす、光のまち”をテーマに冬の横浜・みなとみらいエリアを彩るイルミネーション「ヨコハマミライト~みらいを照らす、光のまち~」を開催します。 横浜駅東口から横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデンまでの各エリアが色鮮やかに照らされます。
3bc24012 b0ab 49dd aa5f ba349932b2e4
みなとみらい~横浜駅がイルミでつながる「ヨコハマミライト」横浜市内最大級・全長約1.5㎞
2018年11月14日(水)〜2019年2月17日(日) 00:00〜23:59
横浜駅東口から横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデンまでの各エリア全長約1.5㎞がイルミネーションでつながる「ヨコハマミライト~みらいを照らす、光のまち~」が、11月14日(水)から来年2019年2月17日(日)まで開催されます。 昨年好評だった「グランモール公園 美術の広場」やランドマークプラザとクイーンズスクエア横浜をつなぐ「ヨーヨー広場」から拡大し、ドックヤードガーデンから横浜駅東口のスカイビルや横浜新都市ビルまでの全長1.5㎞で展開するイルミネーションは横浜市内最大級。ブルーやシャンパンゴールド、ホワイトの約50万球のLEDライトが輝き、街を鮮やかに彩ります。 点灯時間は16時から23時。11月14日(水)には18時30分からMARK IS みなとみらい前で点灯式が行われます。 【点灯式の様子はこちら↓】
5ed50640 1f02 462d 9f75 7bb6e44f03b1
関連記事あり
【横浜 観光】おすすめ35選!穴場から定番まで
3f797048 f39d 46c5 b0ac 50a72cc52796
関連記事あり
横浜ランドマークタワーを駆け上れ!登りきったその先には圧巻の絶景が…!
5410321e d9be 43de 8cc8 ef852f24f534

A1178526 89f3 42dc afa1 ec9b5dac99d0
7d826bbf 0cc6 447c 96ee 23c1f73138eb
4a79e878 b381 49c4 a340 f6cd78db1825
1894年(明治27年)の完成以来、日本の海の玄関として活躍する「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」。世界でも有数の客船ターミナルで、「飛鳥Ⅱ」や「ノルウェージャン・ジュエル」など海外・国内の大型客船が寄港します。現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、2002年(平成14年)にリニューアルオープンしたもので、個性的なデザインと斬新な構造が美しい建物です。1階には2,000㎡の大きなホールもあり、各種イベントなどが開催されています。ターミナルは、無料で誰でも入場することができ、屋上広場は24時間オープンしています。屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間になっていて、訪れる人たちが憩いのひとときを過ごす公園のような場所になっています。目の前に広がるみなとみらいの風景を一日中楽しむことができ、運が良ければ寄港している豪華大型客船の姿も見ることができる、一押しのビュースポットです。 ターミナルの2階にはオーシャンビューのカフェやレストランもあるので、デートにもおすすめ。ギフトショップでは、海上での交信に使う「信号旗」をモチーフにしたグッズや廃版になった海図を再生したステーショナリーなど、海の玄関口ならではグッズを購入することができます。
246899f1 be46 47b7 af61 36d9117606e3
大桟橋 すっかり名所になったね
5.0
by himiko
2018年8月19日