第63回大岡越前祭周辺

エリア

日付指定

日付を指定する
1a7665cf de4a 4c84 bea7 1601ed5f94ad
浄見寺(じょうけんじ)は堤村を本領とした大岡家の二代当主忠政が、父忠勝の追善のために慶長16年(1611年)に建立しました。忠正の法名『大綱院殿忠誉窓月浄見大居士』から四文字をとって、山号窓月山・寺号浄見寺といい、浄土宗の寺院です。浄見寺は大岡家代々の菩提寺で、元和元年(1615年)にこの寺に改葬された初代忠勝の墓石をはじめとして、13代まで一族累代の墓碑58基が整然と並んでいます。 浄見寺にある室町時代作とみられる弁才天坐像は県重要文化財に指定されています。また、寺林と大岡忠政が創建時に植えたといわれている墓所の脇に立つ樹齢約400年のオハツキイチョウは、県の天然記念物に指定されています。春は浄見寺周辺は桜の木も多く、美しい桜を楽しむこともできるようです。 春には地元住民の方を中心に地域活性化のためにされているイベントとして毎年「大岡越前浄見寺地元まつり」も開催され、地元の方が考案した大人気のオリジナル鍋「大岡鍋」の販売や「茅ヶ崎産フレッシュ野菜」の直売などもあるようです。和太鼓などのパフォーマンスや模擬店の出店などもあるので大人から子供まで楽しめます。