L'augellini garruli おしゃべりな小鳥たち~イタリアのソプラノデュエットソングを集めて周辺

日付指定

日付を指定する
C57cccd9 3d45 4732 9f51 51d6cce43cbd
BEATA MUSICA TOKIENSIS 7th CONCERT ベアータ・ムジカ・トキエンシス 第7回公演 ラッソ マタイ受難曲 ~ 対抗宗教改革時代のミュンヘンの教会音楽 ~  レクチャー付きコンサート  ベアータ・ムジカ・トキエンシスは、ルネサンス後期を代表する作曲家オルランド・ディ・ラッソの膨大なレパートリーを少しずつご紹介してきました。3回目となる今回は、ラッソがミュンヘンで1575年に出版したマタイ受難曲を中心にお聴きいただきます。  4人の福音史家による福音書は復活祭前の典礼で朗読されてきましたが、15世紀からその一部がポリフォニーで作曲されるようになり、16世紀には何人もの作曲家たちが取り組んでいます。中でも、ラッソのマタイ受難曲は、彼が作曲した4つの受難曲で唯一出版されたばかりか、彼の死後も長くドイツ語圏カトリック教会で演奏された成功作でした。ラッソは簡素な様式でこの作品を作曲しましたが、ときおり現れる歌詞表現に作曲の冴えを見せます。なお、このマタイ受難曲は全編ラテン語で歌われます。  ラッソが2番目に仕えることになったバイエルン公爵ヴィルヘルム5世は、改革派教会と対抗して保守的なカトリック信仰を推進する「対抗宗教改革」の立場を取りました。ラッソの受難曲は、そうした宮廷礼拝堂の方針に沿ったものと考えられています。傑作モテットとして知られる《私の魂は死ぬ程に悲しい》とともに円熟期のラッソの音楽を、どうぞお楽しみください。 オルランド・ディ・ラッソ Orlando di Lasso(1532~1594)  マタイ受難曲 Passio secundum Matthaeum  福音史家:及川豊 イエス:小笠原美敬  モテット《私の魂は死ぬ程に悲しい》 Tristis est anima mea  ほか 2019年  3月4日(月) 19時開演(18時30分開場)   豊洲シビックセンターホール  3月9日(土) 14時開演(13時30分開場)   大森福興教会 ※いずれも開演15分前からプレトークがございます。 出演:ベアータ・ムジカ・トキエンシス Beata Musica Tokiensis 望月万里亜 鏑木綾 長谷部千晶 及川豊 鏡貴之 小笠原美敬 斉藤基史 チケット(全自由席) 一般 4,000円 ペア券 7,500円 学生券 2,000円 講演内容に関するお問い合わせ:トキエンシス メール/beatamusicatoki@gmail.com 電話/042-455-1997(平日のみ) 主催:ベアータ・ムジカ・トキエンシス(公式サイト http://beatamusicatoki.wix.com/beatamusicatokiensis)